シナリオ攻略 1251年~ ‐ サガフロンティア2

年表

※ 当攻略は年代順に進めていきます

ギュスターヴ編ウィル・ナイツ編
1251鉱山にて
1256アニマ教の噂
1257ウィル対エッグ
1260暗殺者ヨハン
1264将軍の思い出
1269南の砦でギュスターヴの後継者
1271ハン・ノヴァ炎上

鉱山にて(1251年)

登場キャラ:ウィル・ナイツ

スヴェルドルフ鉱山での出来事その2。
崩れる鉱山から工夫を助けつつ、アイテムも回収しつつ脱出します。画面の切り替え・工夫の救出・アイテムの取得によって時間が経過し、一定間隔でウィルが台詞を発します。手間取りすぎるとゲームオーバー。詰み防止のためかセーブはできません。

  1. 左下へ進み、右下のハシゴを降り、流れてくる箱からジュエルバンドを取得
  2. ハシゴで上へ (壁にまでヒビが入ってきたな)
  3. 左上・左下と進んでブルーチップを取得 (ここまで、4、5分はかかっている!)
  4. 右上・右上と戻ってホットストーンの取得と工夫の救出 (まずい、だいぶ手間取っている!)
  5. 左下・左下と進んで工夫を救出し、上へ (もう、駄目かもしれない)
  6. 銀環の杖の取得とハシゴの裏にいる工夫を救出し、左下・左下で脱出

恐らく上記が完全な手順で、無駄な行動が一切許されないシビアなものになっています。ジュエルバンドだけは後のシナリオでも回収できるので、ギリギリが嫌なら後回しにするのも。
ほか、一応の注意点として、ホットストーンとその近くの工夫は「ここまで、4、5分はかかっている!」の台詞の以降かつ左側からその画面に入らないと出現しません。

取得物
ジュエルバンド (箱)
ブルーチップ (箱)
ホットストーン (箱)
銀環の杖 (箱)
砂龍の杖 (お礼)
2000CR (お礼)
300チップ (お礼)

アニマ教の噂(1256年)

購入宿屋回収処分製作修理交換

登場キャラ:ウィル・ナイツ、タイラー、パトリック、レイモン

世間を騒がすアニマ教が「エッグ」を持っているという噂を聞きつけたウィル。真相を探るため、タイラーら3人と久々のハンの廃墟へ突入します。

教団の棲家は以前「ワァー」で入れなかった先。南の入口から向かうほうが早いです。
教徒が塞いでいる箱や入口はとりあえず無視し、最深部の教主を確認すると、風貌の変わったギュスターヴの襲撃が始まります。少し戻ると教徒達がてんやわんや状態になっていて、塞がれていた箱もこのタイミングで取得できます。同様に塞がれていた入口を進み、魚人x3との戦闘をこなせば終了です。

取得物
500CR (箱)
ワニ革のくつ (箱)
結界石 (箱)
結界石 (箱)
1713CR (箱)
1858CR (箱)
1429CR (箱)

ウィル対エッグ(1257年)

購入宿屋回収処分製作修理交換

登場キャラ:ウィル・ナイツ、タイラー、パトリック、レイモン、ギュスターヴ

ウィルが主役を務める最後のシナリオであると同時に、別々とはいえウィルとギュスターヴの両者が参加する貴重なシナリオ。

海賊から町を守るため、まずはタイラーら3人で夜の町へ繰り出します。この間はタイラーが主人公扱いなので、クラウンはすべてヴェスティアで適当なアクセサリーに替えておくと少しだけお得です。

夜の町は以前と同じく明かりを消してアイテムが取得できたり、キノコのなみだや3つの鉱石とキャッツアイを交換できるほか、右の塔では新たにチップの交換も可能になっています。
明かりの部屋でギュスターヴを加えたら海賊討伐の開始に。出現したシンボルを倒して回りましょう。酒場のカウンターの奥ではホットワインでHPの回復も可能です。
シンボルをすべて倒すと焚き火の場所に海賊の親玉が出現し、ワイバーンと戦闘へ。振動波がやや強力な程度です。撃破でウィルパートに変わります。

ウィルパートはまずハシゴを上り、女海賊と簡単な受け答えをします。「いや、そうじゃない」のあとの3つの選択肢は海賊のバンダナが手に入ることがありますが、戦うとデッドストーンを落とします。
続いて船長室で船長の寵愛するスライムをデュエルで倒し、奥の倉庫で袋を引っこ抜いて穴をあけ、そのあと甲板に出るとエッグの持ち主である海賊とのデュエルへ。

海賊

普通に倒すでもいいですが、杖の「振る・振る」で「回し打ち」を使用すると、エッグを叩き落として早めに終わることがあります。

上述の通り、ウィルが主役のシナリオはこれで最後。このあと街シナリオでクラウンをチップに替えてしまいましょう。この時点ではグリューゲルの灯の槍が最もチップ化率が高いです。

取得物
古木の槍 (泥) (消灯中)
火成岩の腕飾り (泥) (消灯中)
ハンマーヘッド (泥) (消灯中)
ブルーウォーター (泥) (消灯中)
海賊のバンダナ (女海賊)
デッドストーン (女海賊)

暗殺者ヨハン(1260年)

登場キャラ:ヨハン

暗殺集団「紅いサソリ」の一員であるヨハンが主人公。
魅力的なキャラですが強化する理由はないので、戦闘は避けるに越したことはありません。特に獣のシンボルで出現するホーンバッファローには要注意。烈風剣の連発で退けましょう。何度か画面を移動してエピソードを見終え、ギュスターヴに救出されれば終了です。

なお、この直後の街シナリオは、ギュスターヴ、ヨハン、ヴァンアーブルという大変レアな構成で行くことができます。特にヴァンアーブルはここでしかパーティーに参加しないレアキャラでありながら、水鏡湖水のローブという優秀な初期装備を持っています。ありがたく頂戴しておきましょう。
また、主人公はギュスターヴになっており、ギュスターヴのクラウンの最後の使用機会でもあります。やはりグリューゲルの灯の槍でできる限りのチップ化を。

将軍の思い出(1264年)

購入宿屋回収処分製作修理交換

登場キャラ:ネーベルスタン、シルマール、ナルセス

悟ったネーベルスタンがギュスターヴへ最後の挨拶に訪れ、ちょっとした思い出を語ります。時は1228年のグリューゲルへ。

いつもの荒野を通ってフォーゲラングへ行き、往復して戻ってくれば終了です。フォーゲラングのお店でシルマールと、酒場でナルセスを加えることができます。シルマールの参加機会はこのシナリオ限定です。

また、クラウンもきっちり使い切っておきましょう。今回はフォーゲラングのロックハートとウインドシェルが最もチップ化率が高いです。

南の砦で(1269年)

登場キャラ:ヨハン

ギュスターヴについに訪れる運命の日。
戦闘の要素としては、ヨハン対モンスターのエンドレスデュエルが繰り広げられます。勝利のたびにサソリの毒でLPが1ずつ削られる負けイベントのため、すぐにやられたほうが展開としては早いですが、心情的には限界までモンスターをなぎ倒してほしいところです。

ギュスターヴの後継者(1269年)

演出のみ。
時代の変わり目と見て、早くもオート候カンタールが動き出します。

ハン・ノヴァ炎上(1271年)

演出のみ。
ハン・ノヴァからの撤退を余儀なくされたケルヴィン。守る者のいなくなった都は野盗やモンスターの襲撃を受け、それを見かねたケルヴィンの第二子フィリップ3世が討伐へ向かうと…。

スポンサーリンク