トーナメント ‐ ロマンシングサガ3

スポンサーリンク

概要

ツヴァイクの城の門番と話すことで参加できるトーナメント。ここでは文字通りトーナメント形式での勝ち抜き戦を行い、4回勝利すれば優勝となります。ルール等は下記の通り。

  • 1チーム5人からなるタイマンの勝ち抜き戦
  • 6人目は「セコンド」として出場できない
  • トーナメント表はランダム
  • ステータス成長やアイテムドロップの判定はない
  • 試合ごとに全回復する
  • 全滅しても町の入口に放り出されるのみ
  • モニカが主人公の場合は参加不可

優勝するとアクセサリーの「ゴールドメダル」と「1万オーラム」がもらえるほか、レオニード城の「聖杯」を入手するフラグが立ち、つまりはレオニードの加入に繋がります。

敵チーム

アビス帰り
構成は「スケルトン、バリシュードラ、ゴースト、ロトンギアン、イルヘッド」の5体。
この特徴的なチーム名は「蘇り=黄泉帰り」のロマサガ3の世界観バージョンとのことらしく、だからアンデッドで構成されているとどこかで見た記憶があります。よく考えたら蘇ってはいませんが。
エレメンツ
構成は「かまいたち、レイン、アース、雷火、エアリアル」の5体。
精霊のチーム。属性が多彩なくらいでどうにでもなるでしょう。
クリプトンズ
構成は「クリプトン、クリプトエルダー、クリプトン、クリプトン、クリプトマギ」の5体。
ボルカノの差し金かもしれないチーム。弱いです。
ゴブリンズ (弱)
構成は「ゴブリン、ゴブリン、地狼、ホブゴブリン、ブラザー」の5体。
ゴブリンズは弱バージョンと強バージョンが存在します。こちらは弱いほう。
ゴブリンズ (強)
構成は「ゴブリン、ホブゴブリン、いのしし武者、ドビー、マスタードビー」の5体。
強いほうのゴブリンズ。通常エンカウントではお目にかかれないマスタードビーに遭えるのが特徴です。
じごくの壁
構成は「ダンデライオン、ナッシング、ハッピースラング、ウィナー、ストレイキャット、マッドブル」の6体。
初戦に台詞が入る通りツヴァイクお抱えのチーム。主催者側の特権でもあるのか、大将を倒したところで6人目のセコンドが出てきます。名前が何かと特徴的。
水術士
構成は「レイン、雨虎、水中花、スプラッシュ、シルバーマギ」の5体。
水耐性があれば楽ができますが、そんな対策をする必要もないほどのザコチーム。
超女軍団
構成は「ダンサー、アラクネ、蛇女、ヴァナディース、メドゥーサ」の5体。
凝視の見切りがあれば楽ができる程度。
ディノパワーズ
構成は「トリケプス、ラプトル、翼手竜、グランガーチ、バーバリアン」の5体。
時期によっては先鋒のトリケプスが結構な壁に。
デビルマスターズ
構成は「オアンネス、ガーゴイル、悪鬼、羅刹、マッドジェスター」の5体。
特徴ないっすねえ。
ドラゴンズ
構成は「ブレイザー、バイター、ワイバーン、レッドドラゴン、ドラコニアン」の5体。
副将のレッドドラゴンが強烈なトーナメント最強の敵チーム。タイマンでのレッドドラゴンは熱耐性などの準備をすればなんとかなりますが、楽をしたければ当たるとわかった時点でやり直すのが無難です。
ビートルズ
構成は「ビートル、ビートル、ビートル、ビートル、インプ」の5体。
チーム名で出オチと思いきや、構成もなかなか目を惹きます。ここまでやるならビートルで貫いてほしかったと思いますが、頂いた情報によるとこの構成もちゃんとした(そしてギリギリな)意味があるとのこと。
ヘルレンジャー
構成は「奇眼、邪精、ゴースト、冷霊、タオマスター」の5体。
アンデッドチームその2。個人的に「アビス帰り」という特徴的なチーム名の価値が下がるから不要だった気も。
マーリンズ
構成は「サンドバイター、ダーティーランス、ポイゾナスクラブ、ニクサー、オアンネス」の5体。
水術士と同じく、水耐性があれば楽ができるという程度。
リベンジャーズ
構成は「ロトンギアン、帰死人、アフカル、屍人、霊幻亡者」の5体。
アンデッドチームその3。同様に不要だったと思います。
スポンサーリンク