施政 ‐ ロマンシングサガ3

スポンサーリンク

概要

施政はミカエル主人公でのみ行える特殊なイベント。
玉座に座って軍事や内政を指示し、ロアーヌを発展させます。発展と言っても町が大きくなったりお店のラインナップが変化したりすることはなく、一応の目的は「国威」を高めてエンディングに変化を及ぼすこと。また、マスコンバットにも大きくかかわっており、マスコン自体がこの施政の一環とも言えます。

住民
住民の満足度を「最高>幸福>満足>普通>不満>不幸>最悪」で表します。初期値は「普通」。
の徴収額にかかわっており、「最悪」だと徴収不可に。主に社会政策で上昇、税で下降するほか、産業政策に通常戦闘やマスコンの勝利でも微上昇します。
産業
産業状況を「完全>強力>充実>普通>不足」で表します。初期値は「不足」。
住民と同じくの徴収額にかかわります。産業政策でのみ上昇し、一度上げれば下がることはありません。
国威
国威を「最高>強大>充実>普通」で表します。初期値は「普通」。
エンディングに影響を及ぼす一応最重要の項目です。外交とマスコンの勝利で上昇し、産業と同じく一度上がれば下がることはありません。
残金
国庫。初期金額は99万オーラム。
いわゆる「カード」によって引き落とせる1万オーラム以上の金額が可視化されているもの。主にで徴収するほか、宝箱などからの入手もこれに加算されます。裏技・小ネタにあるお金稼ぎで増やすことも可能です。ちなみにミカエルは「カード」が所持できず、サイフをいっぱいにする手段がなかったりします。

軍事

傭兵
5万オーラムを払って次のマスコンに傭兵を参加させることができます。詳細はマスコンバットを。
戦術研究
5万オーラムを払ってマスコンの陣形・作戦を習得します。詳細はマスコンバットを。
武器開発・防具開発
5万オーラムを払って武器・防具を開発します。
ラインナップはピドナの工房と共通。同じく15回の戦闘のほか、15回の施政か1回のマスコンを経ても完成します。工房の現在の一番上のものだけが対象で、お金がかかるというデメリットがある反面、素材なしでも発注できるのと、完成時に2つ倉庫に入るという大きなメリットがあります。なので、レア素材を必要とするもの以外は工房で発注し、玉座で受け取るのが最もお得なやり方となるでしょう。
なお、開発する品がなくなると武器開発は「精霊石」、防具開発は「石化開発」が対象となりますが、当然ながら開発する必要はありません。
防御工事
5万オーラムを払って出城に投石機を設置します。詳細はマスコンバットを。

内政

  • 激安  … 15万
  • 安い  … 30万
  • 普通  … 60万
  • 高い  … 120万
  • バカ高 … 240万

社会政策・産業政策とも、それぞれ上記の5択で住民・産業を上昇させます。費用対効果としては「激安」を繰り返すのが最もお得です。また、産業政策でも住民が微上昇します。

外交

弱小勢力

  • ユーステルム
  • スタンレー
  • ランス

普通

  • バンガード
  • ヤーマス
  • ファルス

大勢力

  • ツヴァイク
  • ピドナ
  • 神王教団

費用

  • 弱小勢力 … 10~30
  • 普通   … 100~300
  • 大勢力  … 1000~3000

諸外国と交渉して国威を高めます。各1回まで。3度の3択を経て決定しますが、実は大差なかったりします。国威はマスコンの勝利でも上昇するので、マスコンをすべて終えてから「最高」への仕上げとして行うのが効率的です。

  • 軽い税
  • 普通
  • 重い税

上記の3択で町民どもから税金を巻き上げます。当然重いほど徴収額は上がり、そのぶん住民が下がります。

スポンサーリンク