後日談 ‐ ファイアーエムブレム トラキア776

概要

後日談の一覧。
ほとんどの内容で具体的な名称が伏せられているため、誰かの死亡による他者への影響は基本的になさそうです。唯一、ナンナが死亡すると、リーフの「王妃ナンナ」の部分がなくなります。

一覧

レンスターの王子 リーフ

セリス皇子とともに
ユグドラル解放戦争を指導
バーハラでの勝利の後も各地を転戦し
その名声は聖王セリスをも
しのぐものであったといわれる

グラン暦780年
南北トラキアを統合した
『新トラキア王国』を建国し
その王位につく
王妃ナンナ、姉アルテナとともに
トラキアの民をこよなく愛し
ダインとノヴァの
『遺志を継ぐもの』として
その生涯を祖国の統一と繁栄に
ささげつづけた

賢王リーフの名は
トラキアに歴史あるかぎり
永遠に忘れられることは
ないであろう・・・

伝説の槍騎士 フィン

リーフの即位を見とどけた後
不意に人々の前から姿を消す

彼が、再び姿をあらわしたのは
それから三年ののちのことだった

『空白の三年間』に
彼がどこへ行き、何をしていたか
正史には全く記されていない

わずかにイード砂漠で
彼を見たものがいるという異聞が
残るのみである

ノディオンの王女 ナンナ

バーハラでの勝利の後
リーフ王子とともに
アグストリア解放戦争に身を投じる

後、トラキア王リーフと結ばれ
孤児の救済に全力をつくす

その愛らしさと優しさゆえ
王妃となった後も
国民から『プリンセス・ナンナ』と
したしく呼びかけられ、その生涯は
幸せであったと伝えられている

フィアナの女神 エーヴェル

フィアナに戻り、しばらくは
おだやかな時を過ごす

竜族との契約
『ゲッシュ』の消滅により
記憶を取り戻したのは
聖戦の勝利から7年の後

子供達との再会の物語は
吟遊詩人のリュートの音とともに
またいつかきっと
語られる日もあろう・・・

月と星の剣士 マリータ

魔剣に支配された
おのれのみじゅくさを恥じて
一人修行の旅に出る

やがて、彼女も大陸全体に
その名をはせる剣士に成長するが
『私は母には遠く及ばない』と
生涯言い続けたという

しずかなる勇者 ハルヴァン

エーヴェルがいなくなった後
フィアナ村の指導者となる

彼は領主としてもその才を発揮
フィアナ村は、まわりがうらやむほど
豊かな村へと発展する

怒れる斧戦士 オーシン

フィアナに戻り、のち、結婚
多くの子供にめぐまれる

そのきっぷのよさと、けんかっ早さは
生涯変わることなく
『村の名物おやじ』として
けむたがられつつも
頼りになる存在だったという

ダグダの愛した娘 タニア

フィアナへと移り住み、のち、結婚
多くの子供にめぐまれる

さっぱりとした気性と
おせっかいにも近い面倒見のよさで
生涯、村人たちから頼られ
親しまれたという

紫竜山の元山賊 ダグダ

紫竜山にもどり
かつての部下たちをとりまとめ
再び荒れ野の開発にいどみはじめる

数年のときを経て、紫竜山近辺は
豊かな土地へと生まれ変わったという

ダグダが愛した男 マーティ

紫竜山にもどり
かつての仲間たちと
再び荒れ野の開発にいどみはじめる

少々ぬけてはいるが
ぼくとつとしたその人柄で
仲間たちの子供に
よくなつかれたという

イスの村の若者 ロナン

母の待つイスに帰り
再び猟師の生活に戻る

のち、結婚。つつましいながらも
幸せな人生を送ったらしい

神につかえし者 サフィ

ターラに戻り
病めるもの、貧しいものを
救うために力をつくす

そんな彼女の姿は、人々の目に
あたかも、女神のごとくうつったと
伝えられている

サバンの傭兵 シヴァ

戦乱終結後
人知れず行方をくらます

彼については
なぞがあまりにも多く
出自、以降については
様々な説が唱えられているが
確たるものは一つとしてない

シャイな盗賊 リフィス

しばらくは官職についていたが
やがて、そこから姿を消す

同時期、海賊たちの島々は
ケルベス守備隊により
完全に制圧される

その後、彼の姿を見たという記録は
残っていない

きままな自由騎士 フェルグス

戦いの後
彼は風のように去っていった

コノート王家の血をひく王子だとか
伝説の騎士ベオウルフの隠し子だとか
何かとうわさのたえない人物だったが
今となってはもはや知る術もない

天馬を駆る少女 カリン

故郷シレジアに戻り
あこがれの『天馬騎士団』に入団する

それから後、記録の上では
目立った功績は残っていないが
優れた天馬騎士となったようだ

風の聖戦士 セティ

シレジアに戻り
人々の熱望に押し切られる形で
王位につく

彼の不屈の精神とたゆまぬ努力により
戦乱に荒れ果てたシレジアは
かつての美しい大地へと
ゆっくりではあるが
着実によみがえっていく

風に導かれた少年 アスベル

解放戦争では
最後までリーフの側近として
苦難の道のりをともに歩んだ

戦いの後
生まれ故郷のフレストに戻り
父のあとをついで司祭となる

賢者アスベルの名が
大陸のすみずみまで知れわたるのは
さらに十数年後のことである

マンスターの騎士 ブライトン

マンスターに戻って
その再建に力を注ぎ
そのかたわらで
人々に剣を教える

後、妻とともに
小さな店を出したという

疾風の女剣士 マチュア

マンスターに戻り
その再建に情熱を注ぐ

やがて、かつての戦友と
結婚、出産するが
マンスター再建への彼女の情熱は
生涯変わらなかったという

可憐なる盗賊 ラーラ

もともとの職であった
『踊り子』に戻り
トラキアの各地で踊り続ける

美しく生命力あふれる
彼女の『踊り』は
やがてトラキア復興の
シンボルとなり
多くの人々を勇気づけたという

熱き情熱の男 ダルシン

自ら志願して
ケルベス砦へ赴任
盗賊たちを相手に
人々の生活を守るため
日夜、勇戦する

その結果、砦周辺の盗賊団はほぼ壊滅
いつしか『地獄より恐ろしい場所』は
『天国より安全な場所』と
うたわれるようになったという

子持ちの斧騎士 ヒックス

官職にはつかず
故郷の村に戻り
家族とともに
おだやかな生活を送る

しかし、働いている時も
そのわきに斧を突き立て
いつも、有事への備えを
おこたらなかったと
いわれている

律儀な槍騎士 グレイド

臣下では軍の最高位である
『大将軍』に任じられ
ふくらみすぎた軍の
再編成をまかされる

彼は、あまった人員の転用や
新兵種の導入による
軍の少数精鋭化に成功

財政難に苦しむ王国を
おおいに助けたという

美しき弓騎士 セルフィナ

新トラキア建国後
近衛軍の指揮官を辞し
親を失った子供たちを
館に引き取って
その母親代わりとなった

セルフィナが救った小さな命は
やがて大きく花開き
次の時代をになう
多くの英雄を生み出した

ゆえに騎士セルフィナは
トラキアの母とも呼ばれ
その強さと優しさは
後の時代まで
語り継がれたという

レンスターの槍騎士 ケイン

剣をおいて、文官となる

軍の再編成や
国土復興策などで
思い切った政策を
次々と実行し
『かもくな実務家』として
リーフや、歴代宰相の
信頼が厚かったと伝えられる

レンスターの槍騎士 アルバ

旧トラキア地方に赴任し
姉王アルテナの下で
治安の回復に努める

当初は、人々に『北の人間』として
うとましがられたようだが
生来の陽気さや
気さくなひとがらが
もともとはそぼくな人々の心を
つかんでいったという

レンスターの弓騎士 ロベルト

本人の強い希望により
新トラキアの近衛軍に配属される

本人は歴戦の騎士として
がんばっていたつもりだったようだが
その頼りなさ、情けなさが
宮中の女官たちの間で
ひそかにひょうばんだったという

レンスターの貴公子 カリオン

リーフの意を受けて
ハンニバルとともに
ミーズ城へ赴任する

以降、ともすれば
不協和音をかなでる
南北トラキア間を
うまくとりまとめ
南北の『統一』に
大きくこうけんしたという

青の魔道騎士 オルエン

戦いの後、フリージ公国に戻り
若き主君を助けて
祖国の復興に力をつくす

兄ラインハルトを思うとき
その哀れさには怒りを覚えると
騎士オルエンは後に語った

それゆえなのか
彼女が選んだ相手は
周りもおどろくほどに
平凡な男だったという

フリージの聖騎士 フレッド

戦いの後、フリージ公国に戻り
若き主君を助けて
祖国の復興に力をつくす

後に主筋にあたる娘と
結ばれたのだが
あまりの年の差に
周りからは大いに
冷やかされたという

ダキアの盗賊 パーン

『故郷へ戻る』と言い残して
リーフたちの前を去った後
消息を絶つ

以後の彼については
『盗賊稼業に戻ったらしい』
『ターラ復興に力を貸した』など
様々な説がある

死神とよばれた男 トルード

戦乱終結直後の
どさくさにまぎれて
人々の前から姿を消す

その後、彼の消息は
定かではないが
諸伝によれば
再び用心棒生活に
戻ったらしい

暗黒魔道士 セイラム

戦乱終結後
片いなかにひきこもり
自らの体験を手記にまとめる

一度はロプト教団に
身をおいていた
セイラムの手記は
ロプトとは、いかなる
ものだったかを
内部からかんさつした
貴重な史料として
重宝されることとなる

おちゃめなシスター ティナ

ターラに戻った後も
相変わらずフラフラしていて
まわりの人間の気を
もませたという

はたして彼女が
落ち着きを持つ日は
やってきたのだろうか?

残念ながら、どの史書にも
そこまでに記録はない

ターラに咲く花 リノアン

ターラへと戻り
戦乱に荒れたこの都市を復興

かつて以上の繁栄を実現し
リーフの覇業を
かげながら助けた

しかし、その美貌にもかかわらず
生涯を独身で通し
後の人々の様々なおくそくを
よぶことになる

蒼き天空の勇者 ディーン

戦乱終結後
傷ついたアリオーンを守り
旧トラキアへと戻る

彼が新生トラキア軍
竜騎士団の長として
再び歴史の表舞台に
あらわれるのは
それから数年後のこととなる

トラキアの竜騎士 エダ

新トラキア建国後は
アルテナの側近として
失意の中にあった彼女を
はげましつづけた

その真面目な性格ゆえ
自らの幸せを求めることもなく
生涯を祖国トラキアの復興と
アルテナへの忠節に
ささげたという

旅の吟遊詩人 ホメロス

吟遊詩人として
トラキアの各地をめぐり
リーフたちのサガを
うたいつづける

彼の実経験に基づくそのサガは
他のどのサガよりも
広くトラキアの人々に
愛されたという

流れ者の傭兵 ラルフ

剣を農具にもちかえ
荒廃したトラキアの
復興に力を注ぐ

以後のラルフについては
このこと以外
一切伝わっていない

ラルフは
復興の土台を支える
無数の人々の一人となり
歴史にうずもれる道を
選んだのであろうか・・・

野心家の騎士 イリオス

新トラキア王国で
念願の貴族となる

しかし、平時の政務には
向いてなかったようで
まかされた地方の
経営に失敗

『建国の勲臣』ということで
きびしい処罰は
されなかったものの
名誉だけの閑職に
まわされることとなり
部下をつかまえては
かつての武勲話を
くりかえしていたという

ブラギの神官 スルーフ

戦乱終結後も
ブラギの塔へは戻らず
大陸を渡り歩いて
エッダの教えを広める

このスルーフをはじめとする
エッダ神官による
けんめいの布教活動により
エッダ教団は
再び多くの人々の
心のよりどころとして
信仰を集めるようになっていく

なやめる女騎士 アマルダ

フリージに戻り
フリージ公国の再興に
力をつくす

フリージ本家が
北トラキアにて
壊滅したことにより
国力がひへいしていた
フリージだが
アマルダたちの
けんめいの努力により
しだいに往年のかがやきを
取り戻していった

シレジア四天馬騎士 ミーシャ

シレジアに戻り
『天馬騎士団』にむかえられる

その後のシレジア解放戦争では
勲功いちじるしく
新生シレジア王国の
初代天馬騎士団長となる

有能で公正な指揮官として
上からも下からも
信望厚い存在だったという

ホラふき剣士 シャナム

新トラキアに
つかえることなく
故郷イザークに戻る

その後、向かない傭兵はやめ
まっとうな人生を
送ったと伝えられる

わがままな王女 ミランダ

アルスターでリーフを待つ間に
一人の騎士と恋に落ち
そのまま行方を
くらませたという

その気性の激しさゆえに
誤解されることも多いが
妻として母として
幸せな生涯を送ったと
伝えられている

アルスターの騎士 コノモール

騎士をすて野に下る

以後は
アルスターの郊外に居をかまえ
ひっそりと余生をすごしたという

忠義の老将軍 ゼーベイア

リーフたちと
新トラキア建国に力をつくす

豊富な経験と知識に
裏打ちされたその意見は
つねに的を射ており
若者の多かった
新トラキア建国期の
王国政府において
重宝されたという

カリスマの騎士 デルムッド

戦乱終結後
従兄弟のアレス王子とともに
アグストリアへむかう

彼らの努力のもと
統一されたアグストリアは
空前の発展を
とげることとなる

赤き炎の司祭 サイアス

ヴェルトマーに戻り
かの地の再建に力をつくす

その才能をみこんだ
聖王セリスにこわれて
新生グランベル王国につかえ
王国の再建に大きくこうけんした

オードの黒剣士 ガルザス

マンスターの解放後
いずこかへと姿を消す

以後の彼については
正史、諸伝、異聞や
サガなどをふくめても
まったく記録が残っていない

歴史の闇へ消えたのか
歴史に闇へとほうむられたのか
それすら確認する術はない

悲しき運命の少女 サラ

ひっそりと姿を消す

諸伝によれば
リーフの保護のもと
つつましくも心豊かな
一生を送ったという

スポンサーリンク