仲間 ‐ ブレスオブファイア3

スポンサーリンク

リュウ

本作主人公。竜族の生き残り。
ひょんな経緯からレイの弟分となり、そそのかされて闇組織に追われるという波乱の幼年期を送ります。あれほどの経験をしながら人間不信に陥らなかったのは強靭です。

幼年期は100%でない命中率と未熟な竜変身から主力とはならないものの、青年期に「パワー」のジーンを得てからが本領発揮。以降、ボス戦ではワントップの先頭が指定席となるでしょう。個別アクションは剣を振ること。人を驚かせたり草木を刈ったり、とある生物の生命を絶ったりします。

レイ

シーダの森に住む虎人族の青年。
幼年期のリュウとティーポの兄貴分であり、悪ガキとしてマクニール村の人々から厄介者の扱いをされています。青年期では弟分のカタキを取るため、単身で闇組織を潰そうと暗躍中。口癖は「ゆかいだねぇ」。

幼年期の前半は文句のない主力キャラ。青年期では「ワータイガー」が使用可能になるものの、「パワー」を入手したリュウには敵いませんが、素早さの高さを活かしたアイテム係として十分役立ちます。個別アクションはカギのかかった扉を開けること。

ティーポ

レイの弟分である少年。
レイと共にマクニール村の人々から厄介者扱いされています。闇組織の介入後から行方不明に…。個別アクションは石や木を蹴ること。

ニーナ

ウインディアの王女。
飛翼族の末裔で背中に翼を持ちますが、これまでのような飛行能力は失われている模様です。幼年期ではリュウと共に闇組織に追われる身となりますが、リュウが悪い竜じゃないことを終始信じ続けます。

幼年期も青年期も生粋の魔法使いタイプ。本作の魔法の威力とHPの低さからボス戦には向きませんが、ザコ戦の掃討役として活躍できます。APと賢さはもちろん、敵より先に魔法を放てるよう素早さも上げておきたい。個別アクションも魔法を撃つこと。当てることで一部の装置を作動できます。

モモ

とある塔に住む科学者。
公式絵では耳が羽根のようにも見える種族不明の人。あっけらかんとした性格ですが、幼年期のリュウとニーナに唯一親切に接してくれた人でもあります。幼年期と青年期で見た目が変わらない年齢不詳。

リュウに次いで回復魔法を習得するため、回復中心の支援係が向いています。武器の性能は高いのに、本人の命中率が低いのが残念なところ。機械に詳しい特性から、特に中盤以降に参加必須のダンジョンが多いです。個別アクションは砲撃を放つこと。崩れかけの壁や非常用ドアや一部の植物を破壊します。

ペコロス

ゴースト鉱の研究で生まれた変異体。
見た目は大きなタマネギであり、脱力しそうな鳴き声からもマスコット的な存在です。ほかの仲間と一緒の公式絵?を見る限り、思ったよりも大きい模様。戦闘中は人型になったりします。

反撃率の高さと最大HPの5%の自動回復を活かした運用もありそうですが、個人的にはレベル1での加入と参加必須のダンジョンがほぼないことから、適任者のいない師匠のスキル習得用キャラとしています。個別アクションはティーポの蹴りと同効果の頭突き。石は助走をつけることでより遠くに飛ばせます。

ガーランド

ウルカン・タパのガーディアンの一人。
過去に多くの竜族を葬った竜族の大敵ですが、その真意を知るためにリュウを神のところへ連れて行こうとします。漢羅狂烈大武会のチャンピオンで、幼年期のリュウたちを闇組織から解き放った人でもあります。

幼年期後半の主力キャラ。青年期ではリュウには敵わないものの、最強武器が早めに入手できるため、やはり攻撃に特化させたいところです。命中率が100%ではないのでジゲンハットなどのカバーを忘れずに。個別アクションは岩やコンテナなど同等の大きさの物を押すこと。壁に押しつけて破壊することも可能です。

スポンサーリンク