イーンシリン ‐ 蒼き翼のシュバリエ

アーレンティール

イーンシリンは精霊系の敵が出現するため、物理攻撃者には先ほどもらったエルフェンブレードのような「精霊xでない」武器を持たせるか、サブクラスが設定可能ならウィザードにして「マジックウェポン」を得るとダメージを軽減されずスムーズです。あとは最初のエリアのトラップポイント用にチョコレートなどのお菓子類を最低2つと、壁破壊用の爆弾を4つほど用意しておきましょう。

イーンシリン

転移ポイントやら細かいイベントやらありますが、とりあえず普通に進みます。ほぼ一周してきた右側で壁を壊すと、中央でポポログを食べたクラーケンと戦闘へ。

クラーケン

2回行動で後列も対象の通常攻撃のほか、1人を数ターン呑み込む、要するに連れ去りを使ってきます。現状で連れ去りを防ぐ手段はまずないと思うので、やはり「魔力のベール」を使ったうえでの正攻法で挑むしかないでしょう。

撃破後、ポポログが思わせぶりなことを言って去っていきます。一旦ロンドエールへ。

ロンドエール

円卓の間でポポログが仲間に加わり、ここから待機者が出ることになります。ほとんどの項目は転生で再設定できるので、キャラクタースキルを基準に考えるのもいいでしょう。また、待機者は戦闘でソウルゲージが上がることがなくなる点に注意を。優先的に食事をして可能な限りソウルランクの足並みを揃えたいところです。

イーンシリン

地下1階はただ進むのみ。地下2階は爆弾で壁を壊しつつ、まずは「X12:Y13」の転移ポイントを目指しましょう。到達で祭殿の島の転移ポイントと繋がります。次に、そこからすぐ右下の壁を壊そうとすると、バジリスクが現れて戦闘に。

バジリスク

通常攻撃と毒を伴う3回攻撃のほか、確率で鱗を硬くしてこちらの攻撃を軽減します。1回行動なぶんクラーケンよりは楽だと思います。

地下3階も、まずは「X17:Y17」の転移ポイントを繋げましょう。地下4階へ下りるには、この階の3ヶ所にある泉の水を然るべき順番で汲む必要があります。祭殿の島の削られた文言やこの階のリザードシャーマンから聞けるように、正解は「夜→朝→昼」、つまり「左下→右下→上部」の順となります。

最深地下4階はマップが無効化されますが、すぐにエルサから強制的に有効にする魔水晶がもらえます。初登場の回転床やダークゾーンもマップが有効なら問題はないでしょう。右上の転移ポイントを繋げるのも忘れずに。

そして、中央の壁をエルサとともにすり抜け、祭壇を調べると、オル=エラステと戦闘へ。

オル=エラステ

MP吸収を伴う攻撃、即死を伴う暗黒の矢、前衛へのなぎ払いに、オーマの波動や分身回避、自動回復も行う本格的なボス。ただし、まだ顔見せ的な戦いなのでHPは低めです。通常は「魔力のベール」、波動の予兆が来たら「騎士の絆」を使い、なんとかSPが尽きる前に倒したいところです。

撃破後、左上の壁を破壊した先にアクアマリンの宝箱があります。

アーレンティール

大樹の館でヴィンドールに報告すると「忘れられた祭壇」が達成され、4000GPが入ります。

ロンドエール

ミンツが仲間に加わるほか、課題クエストの「特別訓練」に挑戦可能になります。神の座のように挑戦にアイテムを求められることはないので、とりあえず挑んでみるのもいいでしょう。また、ロロンのソウルランクの制御が「6」まで解除されます。「5」に上げた場合はサブクラスの設定を忘れずに。

作戦クエスト「永久なる城砦」を始めると、エセルガルドに行けるようになります。また、向かう前に大樹の館へ行くと、以前「モルロックの亡霊」で得た「クランの欠片」を7つ集める「星の杖」もスタートします。

スポンサーリンク