基本情報 ‐ ワイルドアームズ セカンドイグニッション

作品概要

ワイルドアームズシリーズの2作目。
初代作とは思えない完成度を誇った前作から、視点の360度化、仲間の倍増とそれに伴う新要素、パーソナルスキルやカードアルバムの実装などさらにパワーアップを遂げています。また、ボス戦の入り方が円谷プロダクション公認のウルトラマンのパロディであり、随所に「怪獣」へのリスペクトが見られるのも特徴です。
ストーリー面では、全編に渡って「英雄」の在り方に主題を置いています。前作と直接の繋がりはないものの、舞台が同じファルガイアであったりと、共通のワードは多く登場します。

基本事項

  • セーブデータは15個 (1つ1ブロック)
  • セーブは主に各町のセーブサービスやダンジョンの石碑で行える
  • 移動中「LRボタン」で視点を360度変更可能
  • ダッシュは「○ボタン」で「行う」仕様
  • アイテムやコマンドなど大抵のもは「△ボタン」で詳細表示
  • 武器・体防具・頭防具は外すことができない
  • 属性は「地・火・風・水・雷・氷・光・闇」の8種類
  • 戦闘不能は戦闘終了後にHP1で自動復帰
  • バックの仲間にもフォワードと同じ経験値が入る
  • リルカ以外の仲間はアシュレーと同じレベルで加入する

運の仕様

  • BEST
  • GOOD
  • NORMAL
  • BAD
  • WORST

前作同様、運は数値ではなく上記の5段階で表現され、レベルアップや宿屋等の回復でランダムに増減します。一部のアイテムや装備で上げたり、宿屋等の回復で下がらないようにすることも可能です。

影響は、先制率やクリティカル率のほか、シルエットアームの閃き率、レッドパワーの習得成功率、クレストソーサーの合体魔法の発生率、状態異常の付与率、「ピックポケット」の成功率など非常に多岐に渡ります。本作では最も簡単に1ランクを上げられる「ちいさなはな」が購入できませんが、盗めるザコ敵はそこそこいます。

サーチフィールド

フィールドで「□ボタン」を押すと周囲をサーチし、町やダンジョンやアイテムを発見、またはランダムでお金が拾えることがあります。ただし、町やダンジョンは基本的に情報を得ていないと発見できません。アイテムは取得物のほうに進行順でまとめてあります。また、カノンの加入後は左下にレーダーが表示されて発見しやすくなります。

ジェム

ダンジョンに落ちているオレンジ色の宝石。「小」と「大」の2サイズがあり、取得するとそれぞれ味方全員のHPが最大値の「1%」と「10%」回復します。一度ダンジョンから出れば再出現します。また、「大」のほうはリルカのグッズ「チェンジロッド」で足場に変えることも可能です。

エンカウントマーク

白地の!
通常のエンカウント。
赤地の!
不意打ち、バックのメンバーで戦うバックアタック、特定のキャラのみで戦うピンチの場合は赤地で即戦闘となります。これら以外でもレベル差のある敵や、単純にキャンセルさせないためだけの場合もあるようです。
緑地の!
メニューに「アルバム」が追加されたあと、怪獣カードに未登録の敵とのエンカウントはこの緑地となります。赤地の条件が含まれている場合は赤地が優先されます。

ランダムエンカウント時は上記3色のいずれかの「!」マークが表示されます。赤地以外は戦闘開始まで数秒の間があり、この間に「Xボタン」等を押すことで「エンカウントキャンセル」も可能です。

フォースポイント

  • オリジナルパワーやフォースアビリティを使用するのに必要な値
  • レベル=戦闘毎の初期値であり、通常攻撃やダメージを受けたりで増えていく
  • 25%が溜まるごと、そのLvまでのフォースアビリティが使用可能になる
  • 100%に到達すると全状態異常が回復する
  • フォースアビリティの使用で消費するが、オリジナルパワーの使用では消費しない

MPの概念がなくなったことで、それに近い役割も担うようになりました。この仕様からレベルが上がるほど戦いやすさも上がると言えます。また、前作では25%到達ごと一部ステータスが上昇しましたが、本作でその効果を得るには該当のパーソナルスキルを習得する必要があります。

アームの改造

今作ではアシュレーのバイアネットとブラッドのヘヴィアームが町の改造屋で改造可能ですが、お金さえあれば全項目を最高LVまで上げられた前作に比べ、今作では最高LVこそ10に増えたものの、アームごとの改造可能回数が「合計9回まで」となっています。1項目を伸ばすか平均的に上げるかなどの判断が求められます。

状態異常

  • スリープ     … ZZZマーク。行動不能になる。戦闘中限定
  • ナイトメア    … 緑ZZZマーク。行動不能かつ毎ターン7%のダメージを受ける。戦闘中限定
  • 毒        … ドクロマーク。毎ターン7%のダメージを受ける。移動中も数歩ごとダメージ
  • 猛毒       … 緑ドクロマーク。毎ターン25%のダメージを受ける。移動中も数歩ごとダメージ
  • 病気       … 赤十字マーク。HPが回復しなくなる
  • 能力封印     … …マーク。オリジナルパワーが使用できなくなる
  • パラライズ    … 電撃マーク。行動不能になる
  • 混乱       … 赤い変なマーク。操作不能になる
  • 忘却       … ?マーク。経験値が入らなくなる
  • 石化       … 石マーク。行動不能になる
  • ダウンハーテッド … 渦巻マーク。FPが1ずつしか上がらなくなる

状態異常の詳細は上記の通り。ナイトメア、猛毒、石化、ダウンハーテッドの4つが初登場となります。

部位破壊

多くのボスは本体以外に「部位」を伴って出現します。部位は個別に行動することはなく、本体を倒せば撃破となるのですが、部位を破壊すれば経験値が増加し、かつ確定でそこそこ貴重な消耗品などをドロップします。
また、部位によっては破壊することでボスの特定の行動を使用不可にできますが、そのせいで更に強力な行動をするようになってしまうパターンもあります。本体と部位で属性相性が異なる場合もあり。

スポンサーリンク