裏技・小ネタ ‐ ロマンシングサガ2

スポンサーリンク

序盤のお金稼ぎ

序盤のキャット発見イベントを起こす前「ベッドに入って夜にする」→「再びベッドに入って昼に戻す」→「小部屋の10万クラウンを取る」と繰り返すことで、単純作業に耐えられる限りそこそこ楽にお金を稼ぐことが可能です。リマスター版では修正されて不可となりました。

魔石の指輪の仕様

モール族に「魔石のかけら」を渡して作ってもらえる「魔石の指輪」は、所持した状態で宿屋に泊まるとBGMが怖いものに変わり、全員のLPが1減少します。装備をすれば本人だけはLPが逆に全回復するようになりますが、一度装備してしまうと外すことはできません。間違っても最終皇帝が装備してしまわないよう注意を。
ただ、精神耐性があり「テンプテーション」を防げるので、見切りがない場合にラストバトルにだけ持ち込むのはありだと思います。また、アバロン宮殿内の寝室ならLP減少効果は発動しません。

活人キャンセル

前作の「はやぶさキャンセル」的な裏技。大剣技の「活人剣」を選択してからキャンセルすると、活人剣の回避効果だけを得た状態でほかの行動が可能になります。攻撃の集中する陣形と組み合わせれば縛るレベルで有効です。活人剣の位置で「防御」を選択しても同様。

最終皇帝の特別仕様

最終皇帝のLPが尽きた場合、2番目の仲間が身を挺して皇帝を復活させ、皇帝は最大値の半分までLPが回復し、その仲間は消滅します。積極的に起こしたいイベントではありませんが、演出を見てみたい場合は上記「魔石の指輪」を利用するといいでしょう。最終皇帝で浮遊島の退位イベントを起こした場合も同様の展開になります。

序盤から最終皇帝に

各クラスのキャラクターはループして何度でも登場しますが、皇帝には1度しか就くことができないため、全滅を繰り返して現時点で仲間にできるキャラクターをすべて皇帝にすると、最後には最終皇帝が出現します。
もちろん、手間も結構なものであり、最もクラスの少ないクジンシーの撃破直後でも、ジェラールとアバロン内の9クラスx8人の「計73回」も全滅する必要があります。

そして最終皇帝の出現後は、「年代スキップなし」という特殊な状況下で進めていくことになります。これは一見安定するように見えて、実際は技道場や武具・魔法の開発不可に、年数経過のイベントが起こせないなど、いろいろな制約が発生します。クリアまで試してはいませんが、結果的に通常プレイよりも厳しくなると思われます。

なお、この方法で最終皇帝が登場した場合、なぜか倉庫に最終皇帝の初期装備がもう1セット入っています。「デイブレード」か「ムーンライト」が2本入手できるのはこの裏技ならではです。

スポンサーリンク