攻略チャート 3250年代 ‐ ロマンシングサガ2

スポンサーリンク

攻略方針は1000年代をご覧ください。

アバロン

いよいよ最終皇帝の登場です。以降は「全滅=ゲームオーバー」に戻ります。
もう年代ジャンプは発生しませんが、技道場と術開発は字幕イベントを挟むことでまだ更新されます。武具開発も開発自体は可能なものの、完成品を流通させることはできません。

パーティー構成は、もし「テンプテーション」の見切りがなければ女性中心にするのが無難です。1名ならソーモンの指輪で防御可能。魔石の指輪でも防ぐことができますが、装備は直前まで控えましょう。

冒頭、クジンシーから書状か届き、さらに久々のオアイーブが現れて、七英雄の特性と伝承法の限界、そして「名もない町」の情報を教えてくれます。

また、玉座に座ると「アバロン新市街」の建設が可能のはずです。正直大きなメリットもないのですが、もうお金の遣いどころもないので、足りるなら建設しておきましょう。ほか、町中を走っている男の子と女の子からそれぞれ全回復アイテムの「10クラウン」「千羽ヅル」がもらえます。

まずはオアイーブの教えてくれた町へ向かいます。チカパ山のイーリスの村へ。楽器は必要ありません。

イーリスの村

山の裏側へ抜けられるようになっています。
宝箱にあるエルブンスキン一度着けると外せない呪いの品。特に最終皇帝が装備してしまうと恐らく外す手段はありません。魔石の指輪、風神剣、爪も含め、間違っても装備&セーブをしてしまわないように。

取得物
エルブンスキン宝箱
20万クラウン宝箱
星天弓宝箱

忘れられた町

七英雄と古代人に関する話が聞けるほか、オアイーブの言う通り森を抜けた先で神槍ロンギヌスホーリーバスターが入手でき、また付近の人からは「雪の遺跡」の情報を聞くことができます。

取得物
神槍ロンギヌス一番上の建物の宝箱
ホーリーバスター一番上の建物の宝箱

雪の遺跡

メルーの南、以前に訪れた砂の遺跡の近くにあります。
ここは金龍雷竜がうろつき、さらに竜鱗の鎧を取るには火竜と、竜鱗の剣を取るには黒竜との固定戦闘というタフな展開が待ち受けます。象の像が並んだ通路では、左右どちらに進んでもいいので象の鼻の向きに注目を。

取得物
虹の水環最初のマップの中央の宝箱
竜鱗の盾最初のマップの右上の宝箱
竜鱗の鎧最初のマップの左上の宝箱。火竜が守っている
竜鱗の剣最深部の宝箱。黒竜が守っている

アバロン

それなりの戦闘回数をこなしたと思うので、ここで一旦アバロンに帰り玉座に座ってみましょう。結構な恐怖展開が発生します。HPの多いタームバトラーとの連戦になるので、マヒと即死攻撃があればあるほど楽ができます。

地下水路のいつぞやにディープワンを倒した先の地下墓地へ進み、墓石を開け、その先にいるリアルクィーンを倒せば何事もなかったかのように元のアバロンに戻ります。ある意味これが一番怖い…。

取得物
25万クラウンリアルクィーンの付近の宝箱
アバロンの聖衣リアルクィーンの付近の宝箱

ここまで終えて、ようやくクジンシーの再討伐に向かいます。全員に「ソウルスティール」の見切りを忘れずに。

封印の地

懐かしのダンジョン。右上に新たな下り階段ができています。

取得物
25万クラウンB2の水中の宝箱
黒のガラドリエルB2の小島の宝箱
タイガーアーマーB2のB3を経由した宝箱

一旦上がってまた下がったB3にて、3度の戦闘を経てクジンシーと再戦へ。

クジンシー

皇帝以外にも使ってくるようになった「ソウルスティール」は見切りがあれば恐くありませんが、ほかにも「ライフスティール」に「死神のカマ」とやはりLPを削る攻撃が多く、最終パーティーにとってはなかなか厄介です。

次は放置していたスービエの撃破に向かいます。モーベルムの武装商船を勝手に動かして氷海へ。
なお、技道場への登録と術開発はここが最後のタイミングになります。

氷海

ほどなく進んだところでスービエと対決へ。

スービエ

お得意の「メイルシュトローム」はそれなりに強力ですが、この形態ではHPも低く、大技を連発すれば1ターンで沈めることも可能です。

アバロン

大氷原にモンスターが集結しているとの情報が入り、いよいよ七英雄との最終決戦となります。

サガフロ2と並んでシリーズ最凶と名高い彼らですが、然るべき準備をすればだいぶ勝率を上げることができます。もちろん「クイックタイム」は使わない方向で。
まず陣形は「鳳天舞の陣」を推奨。皇帝にはワンダーバングルとソーモンの指輪を装備させ、竜鱗の剣で「不動剣」を放つのが理想です。ほかは誰かしらに「祝福」の使えるリバティスタッフを持たせておきましょう。
見切りは全員に「ソウルスティール」と「催眠」のほか、男性陣には「テンプテーション」を。術は数名に「リヴァイヴァ」と、「ソードバリア」もしくは「金剛盾」、あとは「エリクサー」も2人以上に覚えさせたいところです。

準備が整ったら「10クラウン」と「千羽ヅル」も持って、ナゼール海峡の南の大氷原へ。

大氷原

大半の洞窟はダミー。本物は下へ向かって何回か崖を飛び越えた先にあります。

ラストダンジョン

ずんずん進んで最深部。七英雄最後の一人ノエルと対決へ。

ノエル

大半の攻撃は「ソードバリア」で防げます。唯一防げない「月影」もワンダーバングルがあれば。どのみちここで苦戦する相手ではないはずです。大技の連発で早めに終わらせましょう。

撃破すると、もう階段より前に戻ることはできません。セーブをする際は慎重に。最後に「10クラウン」と「千羽ヅル」で回復をしたら、七英雄との最終決戦へ。

七英雄

まずは行動回数の少ない初期形態のあいだに「リヴァイヴァ」と、「ソードバリア」か「金剛盾」、また可能であれば「祝福」などの補助効果をかけきってしまいましょう。あとは臨機応変な立ち回りを。スタン攻撃や「マリオネット」を連発されたり、「アストラルゲート」で皇帝以外が連れて行かれたりしなければ倒せるんじゃないかと思います。

エンディングへ。

スポンサーリンク