攻略のコツ ‐ ロマンシングサガ2

スポンサーリンク

敵シンボルの側面を突く

敵シンボルとの当たり方は最初のターンの行動速度に影響します。エンカウントは可能な限り敵シンボルの側面を突くことを狙い、逆に側面を突かれたり陣形を崩された場合は無理せず退却するのが無難です。「ポーズ」を利用するのも有効。もちろん背後を突けるのが理想ですが、蛇系や一部の骸骨系以外は現実的ではありません。

皇帝にソーモンの指輪を

本作は皇帝しか退却をすることができず、非常時に皇帝がコマンド入力不可だとどうしようもありません。なので混乱や魅了の耐性を持つ「ソーモンの指輪」を皇帝に装備させておくと、そんな事態を多く回避することができます。ソーモンの指輪は序盤のクジンシーの館で手に入ります。

天術を育てる

とにかく中盤以降が熾烈になる本作ですが、天術の「ギャラクシィ」があれば大抵の場面はどうにかなります。ギャラクシィは術法研究所を建設し、天術のレベルを35程度まで上げれば習得が可能です。なのでレオンの存命中はレオンに、継承後はジェラールにひたすら「ライトボール」を使わせ、その後の年代も当面はパーティーに天術の育成枠を設けましょう。ライトボールは全体攻撃+暗闇の効果で普通に有用です。

マヒとスタンを活用する

本作における「マヒ」と「スタン」は多くの生物系の敵に有効かつ、序盤から「みね打ち」や「なぎ払い」で簡単に付与できる大変使い勝手の良い状態異常です。素早いキャラはどれかしらを使用できる状態にしておくと様々な場面で役立ちます。即死攻撃と合わせるのも有効です。

全員に催眠の見切りを

これはほぼ基本事項。「催眠」は最初から最後まで実に多くの敵が使ってくる厄介な攻撃だけに、見切りの常備は必須となります。見切り自体は中盤頃に勝手に習得できると思います。

ラピッドストリームの習得を

武装商船団で習得できる陣形「ラピッドストリーム」は「必ず先制行動」という脅威の性能を持っており、特にザコ戦が当たり方も含めてかなりのストレスフリーになるでしょう。行動後が全員スタン状態ということからボス戦では防御面が心配ですが、行動順が固定のため戦略が立てやすいという面もあります。

ワンダーバングルを手に入れる

ガーダーの「ワンダーバングル」の性能は「100パーセント弓矢をはじく」となっていますが、実際に装備してみると弓矢以外にも実に様々な攻撃を弾いてくれます。これを鳳天舞の陣などの攻撃が集中するキャラに持たせ、さらに上記「ソーモンの指輪」も併用すれば、多くの攻撃を無効化することができます。ただし、リマスター版では本来の性能に修正され、つまり実質弱体化しました。

スポンサーリンク