攻略チャート 3000年代 ‐ ロマンシングサガ2

アバロン

フリーシナリオはこの年代が最後となります。やることはワグナスの撃破&ヤウダの制圧のみ。また、途中で陣形「稲妻」の習得のため一旦全滅することになりますので。

技道場や術開発は最終皇帝年代になっても更新されますが、開発武具は年代ジャンプを挟まないと流通しません。すべての武具の開発と流通を目指すのなら、この年代までにすべて終わらせておく必要があります。

テレルテバから船にのってユウヤンへ。

ユウヤン

まずは町の人に話を聞いてリャンシャンとチョントウ城を出現させましょう。そして酒場で詩人の話を聞くと楽器取得のフラグが立ちます。下記の楽器の収集へ。

  • 詩人のホルン   → アバロンの満月亭2階の机
  • 詩人のフルート  → 詩人のどうくつ (後述)
  • 詩人のファゴット → ヌオノの宝箱 (取得済)
  • 詩人のコンガ   → モール族の住処の宝箱
  • 詩人のギター   → ゼミオの書庫の宝箱

詩人のどうくつは後述。サイゴ族の村の子供に話を聞くと出現します。

詩人のどうくつ

普通のダンジョン。最深部のボスが守る宝箱は段差を無視して後ろから取得できます。

宝箱

  • 18万クラウン
  • ランサー
  • トアマリンの斧
  • 詩人のフルート
  • 25万クラウン

楽器が揃ったら、リャンシャンのセキシュウサイに挨拶をし、チョントウ城でアト王に追い返されてスゴスゴ帰り、再度リャンシャンでセキシュウサイの決意を聞き、再度チョントウ城に乗り込みます。

チョントウ城

モンスターが発生しており、宝箱のある部屋の襖もこの時点で開けられるようになります。ボスを倒すとシンボルが消えるので、帰りに回収するほうが楽です。

宝箱

  • 15万クラウン
  • 名刀千鳥

最上階でボスを倒すとセキシュウサイとの一騎打ちへ。直接攻撃をカウンターする「無刀取り」に注意。アト王は許すほかありません。ちなみにこの戦いは負けても進行します。

このあと、リャンシャンのセキシュウサイがいた場所でイーストガードを仲間にできるようになります。一旦全滅して陣形「稲妻」の習得を。これで全陣形15種が揃ったと思います。
また、最終パーティーのメンバーが決まっているのなら、ここが最後の調整機会となります。次の時代に目的のキャラが登場するよう、そのクラスのキャラを加えて全滅するなりしておきましょう。

やることやったらハクロ城へ。

ハクロ城

城壁の小部屋は一番右下だけ宝箱があります。ボスを倒すとワグナスが現れ、城の一部を浮遊城として浮かび上がらせます。その穴を右端から進んだ先の部屋にも宝箱があります。

宝箱

  • 12万クラウン
  • 28万クラウン

次は浮遊城へ乗り込むため、5つの楽器を持ってチカパ山へ向かいます。ワグナス戦の準備としては、合成術の「炎の壁」があればどうにかなると思います。なければ全員にセルフバーニングを。

チカパ山

頂上で「伝説は始まる」を演奏し、感動したイーリスに村へ招待されます。

イーリスの村の奥にはまだ進めません。右側にいるイーリスに運んでもらって浮遊城へ。ちなみにこの時点でイーリスも仲間になっており、浮遊城への選択を「なし」にすることで加えることができます。

浮遊城

本作最長のダンジョン。できるだけ技・術を節約して進みましょう。一応、途中で結界石が拾えます。
開けた通路の先では氷竜が初登場。交戦必須ではありませんが、竜槍ゲイボルグが欲しければ戦ってみるのもいいんじゃないかと。スルーしても終盤になればいつでも交戦可能です。

宝箱 (詳細)

  • 10万クラウン
  • 13万クラウン
  • 結界石
  • ヴォーパルソード
  • 16万クラウン
  • ヴォーパルアクス

最深部でワグナスとの対決へ。「もう帰る」だと本当に帰してもらえます。

ワグナス

ファイアボール、フレイムウィップ、熱風、ファイアストームと火属性の術が中心です。特にファイアストームは即死級の威力なので、炎の壁か全員にセルフバーニングを使わせて対応を。サイコバインドはワンダーバングルで防げます。こちらの攻撃は冷気属性の乱れ雪月花が有効ですが、片手武器とワンダーバングルのほうが安心かもしれません。

撃破でヤウダの制圧となり、3000年代、及びフリーシナリオの終了となります。

スポンサーリンク