基本情報 ‐ ゴッドウォーズ 日本神話大戦

作品概要

公式サイト

http://www.god-wars.com/

2017年に発売された「ゴッドウォーズ~時をこえて~」に、システムの調整や大ボリュームの追加要素を加えて翌年に発売された完全版的な作品。追加部分の詳細は追加要素をご覧ください。

基本事項

  • 物理攻撃は高低差は高いほうが、向きは後方や側面を突くほうが有利。法術攻撃は無関係
  • 物理攻撃の命中率は「攻撃側の命中率と防御側の回避率」で判定される
  • 法術攻撃の命中率は「攻撃側と防御側の法術攻撃力」で判定される
  • 物理攻撃のダメージは予想ダメージから多少変動するが、法術ダメージは変動しない
  • 属性耐性は「100」を基準とし、「200」で無効化、「201以上」で吸収となる
  • 属性耐性は人間系は基本的に一律100、それ以外は種によって異なる
  • 状態異常耐性は「100」を基準とし、「200」で無効化となる
  • 装飾品の装備欄は2つだが、同じ種類のものは同時に装備できない
  • マップごと少ないターン数でクリアすると非出撃者を含む全員に経験値ボーナスが入る

細かい違いはあれど、基本仕様は一般的なタクティクス系シミュレーションRPGそのものです。同ジャンル作品の経験者であれば、ほぼ直感的に取っ付くことができるでしょう。

難易度選択

  • 簡単
  • 普通
  • 難しい

上記の3種があり、冒頭に選択するほか、戦闘中でなければオプションから変更も可能です。主な違いは冒頭ステージを見る限り、敵の能力値が「普通」を基準としてそれぞれ1~2割ほど増減していました。またこのほか、本編のクリア後に「引き継ぎ」を行うことで「超難しい」が出現します。

けがれ

敵からの狙われやすさを表す値。敵の攻撃範囲の中で、この値が最も高いキャラが攻撃されやすくなります。主に攻撃や回復を行うことで上昇し、攻撃を受けたりターンの経過などで減少するほか、戦人の「挑発」などこの値を増減させるスキルも幾つか存在します。最高「999」まで。

バフ・デバフの重複と上書き

基本的に同じ項目であれば効果量・持続ターンともに「上書き」となりますが、「基礎能力」と表記されているものは個別の効果とは別扱いであり、つまりは「重複」します。
なお、基礎能力とは「物理攻撃、物理防御、法術攻撃、法術防御、命中力、回避力」の6項目と思われます。また、このうちのどれかが影響しているのか「必殺率と俊敏力」も上昇します。

敵の凶暴化

主に鳥獣や物の怪の類は、HPが「25%以下」で行動順が回ってくると確率で「凶暴化」し、能力値が上昇すると同時にHPも一定量回復します。自分の確認した個体では、HPとMPは約5割、基礎能力は約3割上昇し、必殺率と俊敏力も微増していました。また、獲得経験値も増加します。

装備品の色

通常品
普通の色で表示される普通の品。主に初期装備や購入での入手がこれに当たります。
魂宿り品
青文字で表示される品。通常品に何らかの特殊効果が付与されたもので、主に敵を倒したときに入手できることがあります。特殊効果はランダムで最大2つまで付与されます。
神宿り品
黄色で表示される品。いわゆるユニークアイテム的なものであり、入手手段が限られるかわり、高い性能と豊富な特殊効果を持っています。ただし、武器は属性付きのものも多く、鳥獣や物の怪を攻撃する際は無効化や吸収されないよう注意する必要があります。いずれも売却不可。

つづら箱

宝箱のこと。通常のマップ、厳密に言えば「依頼の舞台となるマップ」に3つずつ存在します。「通常」と「派手」があり、「派手」のほうは一度しか入手できないかわり、神宿り品など通常よりも良い品が入っています。罠が仕掛けられている場合もありますが、忍のスキル「錠前破り」があれば確実に避けられます。

なお、このつづら箱の全取得はトロフィーにもなっているため、可能であればすべて取得しながら進むのが望ましいでしょう。取り逃す場合、特に何度でも取得できる「通常」のほうはメモしておくのが無難です。

埋もれた宝

つづら箱と同じく「依頼の舞台となるマップ」に3つずつ存在し、該当のマスを「調べる」ことで取得となります。特に目印はありませんが、「卜占の枝」などを使用すれば該当のマスを光らせることができます。

なお、この埋もれた宝も全取得がトロフィーになっていますが、こちらは水地形や障害物に囲まれていたりと、特に序盤ほどストーリーの進行時には取得できないものがあります。こちらもメモしておきましょう。

連戦

一部のマップは前後編の連戦構成となっています。連戦といえどもHP・MPは全回復し、あいだで編成とセーブも可能なのですが、全体マップに戻れないため買物や稼ぎができず、やしろの参拝効果も持ち込めないといった注意点があります。あいだのセーブは念のため別欄に行うのが無難です。

状態異常

本作の状態異常は同じものを重ねて食らうことで「多重化」し、悪化するのが特徴です。下記一覧で、各項目の下に記載されているものが多重化した状態異常となります。石化と遅死に多重化はありません。

病毒・猛毒

病毒行動毎に最大HPの10%のダメージを受ける
猛毒行動毎に最大HPの20%のダメージを受ける

鈍足・足止

鈍足移動力が2、跳躍力が1になる
足止移動不可になる

暗闇・隔世

暗闇命中・回避が半減する
隔世命中・回避が半減し、攻撃も不可になる

放心・忘却

放心スキルの消費MPが2倍になる
忘却スキルが使用不可になる

混乱・錯乱

混乱行動不可になる
錯乱敵味方構わず攻撃を行う

麻痺・衰弱

麻痺行動も攻撃の回避も不可になる
衰弱行動も回避も不可かつ、全基礎能力が低下する

石化

石化行動不可になる。被ダメージも1になるが、クリティカルを食らうと一撃で戦闘不能に

遅死

遅死頭上のカウントが行動毎に減っていき、0になると戦闘不能になる。ドロップ判定なし

その他

ほか、追加要素職業やしろ依頼については各項目をご覧ください。