味方ユニット ‐ ファイアーエムブレム 新・紋章の謎

クリス

マイユニット。セラ村の出身。
極度の方向音痴で料理は鋼の味。

ライアン(アーチャー)

アリティアの弓兵。ゴードンの弟。
兄が童顔に悩むくらいなので、弟の彼は一桁年齢にも見えます。

ルーク(ソシアルナイト)

アリティアの騎士。
主人公の「最初の悪友」感がよく出ています。

ロディ(ソシアルナイト)

アリティアの騎士。
主人公の「最初の悪友を窘めるクール系」感がよく出ています。

セシル(ソシアルナイト)

アリティアの女騎士。
幽霊が苦手な模様です。

マルス(ロード)

アリティアの王子。英雄王。
今作で最終的なイメージが定まったように思います。

ゴードン(アーチャー)

アリティアの弓兵。ライアンの兄。
童顔に悩んでいます。

ドーガ(アーマーナイト)

アリティアの重騎士。
クリスに「小指一本で十人を持ち上げる特訓」を言い渡します。

アラン(パラディン)

アリティアの聖騎士。
今作ではサムソンと相互支援があり、この2人ではなくあくまで村同士の仲が悪かっただけだと今更ながらに気付かされます。支援会話が欲しかった。

マリーシア(シスター)

グルニアの少女。
一国の王女にあれだけ馴れ馴れしくできるのは才能です。

カチュア(ペガサスナイト)

マケドニアの天馬騎士。三姉妹の次女。
今作では叶わぬ恋に悩む怒りを妹にぶつけます。

ウォレン(ハンター)

マケドニアの猟師。
かなりストイックな人でした。

マジ(戦士)

タリスの義勇兵。
サジと想像通りの会話を展開します。

リンダ(魔道士)

大魔道士ミロアの娘。
割と際どいローブは父ミロアからの貰い物とのこと。

パオラ(ペガサスナイト)

マケドニアの天馬騎士。三姉妹の長女。
思ったよりも悩んでいます。

サジ(戦士)

タリスの義勇兵。
マジと想像通りの会話を展開します。

ジュリアン(盗賊)

カタギの盗賊。
やはりリカードより数段は上手のようです。

マチス(ソシアルナイト)

マケドニアの騎士。レナのバカ兄貴。
今作はレナと相互支援でよかったですね。

リフ(僧侶)

アリティアの僧。
クリスに出家を勧めてきます。

オグマ(傭兵)

タリスの傭兵。
後日談で去る理由が察しやすくなっています。

ユミナ(シスター)

グルニアの王女。
リメイク前よりも年相応の美人さんになっています。

ユベロ(魔道士)

グルニアの王子。
がんばってほしいところです。

シリウス(パラディン)

謎の仮面騎士。
クリスに峰打ちを決めるのはさすがの一言。

カシム(ハンター)

タリスの猟師。サギ師。
クリスにも詐欺を働きます。

シーダ(ペガサスナイト)

タリスの王女。
前作より随分と性格の良さそうなお顔になりました。

バーツ(戦士)

タリスの義勇兵。
豪快です。

リカード(盗賊)

ジュリアンの弟分。
料理上手という一面が見られます。

フレイ(ソシアルナイト)

アリティアの騎士。
やはりというか、前作の序章の囮を引き受けたのが正史になっている模様です。そのときに負った重症が原因で記憶喪失までになり、そこから数年を経てアリティア軍に復帰したという不死鳥のような男。

ノルン(アーチャー)

アリティアの義勇兵。
クリスの村から山一つ越えた隣村の出身であり、少女漫画的なエピソードを持ちます。

サムトー(剣士)

偽ナバール。
思った以上に軟派な性格。

ウェンデル(賢者)

カダインの高司祭。
支援1でクリスが語るガトーの印象が笑えます。

シーザ(傭兵)

ワーレンの傭兵。
重い病気の妹のために傭兵をしており、また異国の文字が読めるなど意外な一面を見せます。

ラディ(剣士)

ワーレンの剣士。
本能型の才能がある模様です。

ナバール(剣士)

紅の剣士。
フィーナによってツインテールにされます。

フィーナ(踊り子)

旅の踊り子。
見た目も性格もだいぶアンナさん寄りになりました。

カイン(ソシアルナイト)

アリティアの騎士。
二十代という年齢が明かされます。まあそんなもんでしょう。

バヌトゥ(マムクート)

チキの守役。
100年物の漬物を作ります。食べたい。

ロジャー(アーマーナイト)

グルニアの重騎士。
唐突にマリーシアを口説いてフラれます。

ジョルジュ(スナイパー)

アカネイアの弓兵。
ミディアとの縁談があったという意外な事実が明らかに。

ミネルバ(ドラゴンナイト)

マケドニアの王女。
エストから天使の指輪のレプリカを貰いますが、上昇値が+2になったりはしません。

エッツェル(ソーサラー)

流浪の魔道士。
エルレーンと相互支援なのが面白いところ。

マリク(魔道士)

アリティアの魔道士。
念願かなってエリスと相互支援になれました。

エルレーン(魔道士)

カダインの魔道士。
かなり想像通りのツンデレに。

ダイス(戦士)

博打好きの傭兵。マリスの父。
娘の稼ぎを博打に全投入するクズ父ですが、クリスとの支援3ではなかなか良さげなことを言います。

マリス(剣士)

安くない傭兵。ダイスの娘。
スキルの概念があったら流星剣の担当になっていそう。

ホルス(ジェネラル)

アカネイアの将軍。
模範的な支援会話をしてくれます。

ジェイク(ウォーリアー)

アンナの恋人。
なんと秘密の店の場所のヒントをくれます。

ダロス(バーサーカー)

元タリスの海賊。
思ったよりも悪いことはしていません。

ロベルト(ホースメン)

元グルニア黒騎士団。
黒騎士3人では唯一上級職ですが、最ものんびりしています。

ベルフ(ソシアルナイト)

元グルニア黒騎士団。
シリウスとの支援会話が結構好きです。

ライデン(ソシアルナイト)

元グルニア黒騎士団。
ロベルトとは対照的な性格という感じ。

ベック(ホースメン)

放浪の旅人。
紋章のシューターが不動である後付けの理由を教えてくれます。

アテナ(剣士)

辺境の剣士。
後日談では海賊王を目指すかのような行動に。

チェイニー(コマンド)

元神竜族の若者。
支援3では恐ろしい悪戯をしてきます。

チキ(マムクート)

神竜族の王女。
バヌトゥとの支援がとても微笑ましいです。

トムス(ジェネラル)

アカネイアの重騎士。
大食漢と、それ以上に「左様」の言葉が似合います。

エスト(ペガサスナイト)

マケドニアの天馬騎士。三姉妹の三女。
支援会話の半分くらいで情緒不安定になっています。

アベル(パラディン)

アリティアの騎士。
エストの天馬には嫌われている模様です。

ミシェラン(ジェネラル)

アカネイアの重騎士。
名前を意識しているかのような行動をとります。

アストリア(勇者)

アカネイアの傭兵。
昔はミディアとはかなりいがみ合っていた模様です。

カタリナ(賢者)

アリティアの軍師。
なんというか幸せになってほしいキャラ。

トーマス(スナイパー)

アカネイアの弓兵。
開始!

シーマ(ジェネラル)

グラの王女。
鎧の中にはお人形さんを忍ばせています。

サムソン(勇者)

グラの傭兵。
実はクリスと最も相性の良い人かもしれません。

フロスト(司祭)

マケドニアの司祭。
家族想いの好々爺。

ロシェ(パラディン)

オレルアン狼騎士団。
孤児院に支援しているのはイメージ通りです。

ビラク(パラディン)

オレルアン狼騎士団。
クリスと訓練し、クリスが息切れするほどの速さを見せます。

ザガロ(ホースメン)

オレルアン狼騎士団。
ウルフのお陰で武器の手入れのプロになっています。

ウルフ(ホースメン)

オレルアン狼騎士団。
ザガロ曰く天才らしく、クリスの態度からも実力の高さが窺えます。

ミディア(パラディン)

アカネイアの聖騎士。
あれだけハーディンを罵りながらある部分ではハーディンに理解を示します。

ユミル(ウォーリアー)

グルニアの戦士。
クリスに獣々しい帽子を勧めてきます。

ミシェイル(ドラゴンナイト)

マケドニアの王子。
ほぼ隠しユニットです。

ナギ(マムクート)

神竜族の化身。
結局どういう存在なのかはっきりしません。

レナ(司祭)

マケドニアの司祭。

マリア(司祭)

マケドニアの王女。

ニーナ(司祭)

アカネイアの王女。

エリス(司祭)

アリティアの王女。