MAP31~36 ‐ ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記

目次

ハルファ砦 ~ サリアの村

カトリとの日々を思い出しつつ、途中でロウ司祭から邪神復活の伝説について話を聞き、サリアの村で同行者としてクラリスを加え、火の神殿から邪神の祭壇を目指すことになります。

また、とびらのカギが1つもない場合、ゼムセリアで最低2つ購入してシエラに持たせておきましょう。幾つか余分に買っておくとMAP38も安心です。

遭遇戦(辺境)

封印の橋にて以前と同じガーゴイルだけの遭遇戦。出撃人数は6名。リグリア砦に店番を差し出していた場合は開始時に復帰します。以降、ホームズ隊は全体マップを挟むことなく進んでいきます。

MAP31 裏切り者…(辺境)

民家 秘密の店

うしなわれた村でジークの一隊と対決。出撃人数は10名。

攻めてくる敵に苦戦要素はなく、魔女のワープに注意する程度でしょう。
左の民家は暗魔法の秘密の店であり、シエラの武器Lvが15に達しているなら優秀なトゥマハーンを幾つか買っておきたいところです。シエラが未加入の場合は、右の民家を訪問してクリアすると加わります。

6~8ターンのあいだネブカの下から6体ずつの増援が出現し、7ターンからジークも動き始めます。ジークの撃破が勝利条件なので、近付いてきたら集中攻撃を。ステータスは離脱時のもの。ネブカはある程度近付くと撤退し、攻撃しても撃破できる一撃はすべてかわされる仕様です。

MAP32 サリアの神殿(辺境)

霧の沼の一戦。出撃人数は10名。足場の悪い中、魔女のワープや、5の倍数のターンにはアースクエイクが飛んでくる嫌らしい構成のマップとなっています。

出撃メンバーは、可能であれば飛行系とシエラと「辺境の戦士」の習得者だけに絞りたいところ。開始から飛行系を飛ばし、5ターンまでにペリシテを倒してしまうのが理想です。

MAP33 聖剣サリア(城内)

火の神殿にて聖剣を入手する一戦。出撃人数は10名。
モンスターのいる正方形は、20までの5の倍数のターンごと同じ種類の増援が出現します。ただ、右上方面に向かう必要はなく、少数精鋭で左側へ進んでしまって問題ありません。ドラゴンゾンビのポイントはシエラで封鎖を。硬いストンゴーレムはモンスター特効の武器が欲しいところです。

ボスのバールは反撃できないトゥマハーンの高性能と★エリクサー持ちの点に注意。複数人で攻め、1ターンで2回撃破できるのが理想です。

撃破後、ホームズが台座に「聖剣」コマンドでクリアとなり、演出ムービーを経て☆聖剣サリアの入手となります。その後、クラリス様に神話の間の壁画を読んでもらい、ホームズ隊の行程は一旦終了。

MAP34 総力戦(平地)

加入 ハガル (ミンツ)
会話 リュナン ⇒ エストファーネ (人質)
ミンツ ⇒ ハガル (加入)

バルカとエルンストの檄で始まる総力戦。出撃人数は12名。

まず何よりここの増援は無限沸きのため、5ヶ所の砦と拠点上部の計6ヶ所をいかに効率良く塞いでいくかがポイントとなります。特に最も厄介な崖上の砦と3機のクインクレインは、飛行系とアーバンレストやメティオールも駆使して1ターン目に対処してしまいたいところです。

右側のウッドシューター軍団は、守備14~15の剣装備者がいるなら、サンダーソードを2本以上持たせて突っ込ませるのがベスト。左側にも数人を向かわせ、左右同時に砦を占拠していきましょう。再移動を持つ騎乗系がいるとやりやすいと思います。

エストファーネはリュナン目掛けて進んでき、普通に攻撃もしてきます。そうなるとまず反撃で倒してしまうので、その前に話しかけて人質に。後にホーリーソードがもらえます。伝統の「けだもの」も炸裂します。

10ターン目には、拠点上部の増援ポイントからハガルが出現します。ミンツで話せば仲間に加わります。なお、こいつは増援ポイントを塞いでいてもズレてちゃんと出てきます。

エルンストは本作トップクラスの強敵。そこまで強力な武器を持たないとはいえ、ステータスの高さと連続の技もあって事故率は高いです。不安があるなら見切の技+☆めがみのたて+シーフソードで丸腰にしてしまうという手も。ミンツで戦闘すると特殊セリフあり。撃破で演出が入り、リュナンが拠点の横へ移動します。

また、もしまだ育て足りないユニットがいる場合、ここの無限沸き増援がほぼ最後の育成機会と言えます。特に階段下のボウライダーは囲んでしまえば安全です。有望株のリィナや、実質ホームズ隊での稼ぎができないメリエルとリシュエルを育てたい場合は。

MAP35 ジュリアス…(城砦)

民家 剣闘士 (訓練所)
解呪 (教会) (要3000G)
ぎんのたて (左上) (10000G)
ほか6件はすべて罵倒など
敵落 ☆カナンのやり (ジュリアス)

リーヴェ王宮前でジュリアスと激突。出撃人数は12名で、初期位置が左右2ヶ所に分かれて配置されます。

ジュリアスは高い能力値と強力な☆カナンのやりを持ち、☆めがみのたてに見切の技と防御面も完璧というこれまでで間違いなく最強の敵。3~7ターンに闘技場から登場する下衆い賞金稼ぎ軍団に☆カナンのやりを使い切らせ、たんけんだけになったところで勝負を挑むのが最も無難な対処となるでしょう。ただし、その場合は壊れた☆カナンのやりは落としてくれません。

☆カナンのやりを入手したい場合は、ジュリアスが動き出す3ターン目までに攻撃範囲のギリギリに近付いて誘き出し、☆サンフレイムやメティオールなどの射程3以上の武器で範囲外から削り、マスター系や☆ブレンサンダなどの複数回武器でトドメという流れになるのではないかと。それなりの準備が必要です。

たくさんある民家は大半が罵倒されるなどの胸糞悪い内容で、ぎんのたての購入と必要なら解呪以外に訪問する必要はありません。スキル「剣闘士」も今更不要です。

クリア後、リーヴェの貴族どもがここぞとばかりに押しかけてきて、リュナンにメーヴェ王女の良人としての地位が与えられそうになりますが…。展開はともかく、王族衣装のエンテの違和感は必見です。

父と子と

加入 ヴェーヌ

カナン王宮にて、バルカ王子によるバハヌーク皇帝の殺害と、それを見ていたカルラのバルカ王子の殺害、そこへセネトらの一行が駆けつけるという場面の一部始終。

場面がリュナンに戻ると、三姉妹の長女ヴェーヌが強力な☆サリアのやりを持って仲間に加わります。明言はありませんが、本作でもトライアングルアタック的な効果は健在です。詳細は裏技・小ネタを。

MAP36 愛と悲しみの街(城砦)

ノルゼリアにてセネト王子との「ノルゼリアの和約」に臨みます。出撃人数は12名。

勝利条件は拠点の訪問ですが、そこで和平会談を終えてからが本番。右上に聖竜ラキスが現れ、それにエンテが対抗してミュース化し、上端と右端に複数の祈祷師が出現し、さらに道の切れ端から増援が現れるようになります。訪問前に仲間をばらけさせておきましょう。

ラキスは基本的にミュースしか狙ってきません。ブレスの巻き添えを食らわぬようにだけ注意を。なお、ここのラキスもやり方次第で撃破が可能ですが、労力に見合うメリットはありません。

拠点訪問の5ターン後のラキスの行動後、セネトやグエンカオスが登場してそのままクリアへ。
エンテが正式に離脱となり、リュナンにリングオブリーヴが託されます。そのほか、ケイトがジークと再会して一時離脱し、またMAP34でエストファーネを拉致していた場合はホーリーソードが手に入ります。