基本情報 ‐ ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣

作品概要

公式サイト

https://www.nintendo.co.jp/ds/yfej/

シリーズ初代作の暗黒竜と光の剣のほぼ2回目となるリメイク作品。
あくまで「初代作のリメイク」であり、1回目のリメイクである紋章の謎で削られてしまったマップやユニットの復活など、一旦初代作に立ち返ったうえで新たに手が加えられています。ただ、やや無機質なキャラクターのグラフィックや幾つかの新システムが、発売当時は軽く物議を醸した作品でもあります。

基本事項

  • セーブデータは3つ
  • 常時「L+R+スタート+セレクト」でソフトリセット
  • 大半の場面は「スタート」でスキップ可能
  • イベント中「Rボタン」でバックログ
  • マップ中「Yボタン」でカーソル速度アップ
  • マップ中「Xボタン」で敵全体の攻撃範囲表示
  • 攻速差「4」以上で再攻撃。攻速=速さ-(武器の重量-力)
  • 敵ユニットの緑色のアイテムはドロップアイテム

難易度選択

ノーマル
本編の前に「起・承・転・結」の4マップからなる序章が入ります。新キャラのフレイとノルンはこの序章での加入であり、実質ノーマル限定のユニットとなります。
ハード
敵の強さを★5段階から選択できます。★の数に応じてステータスが上昇し、武器が上質なものや錬成品に変わるほか、増援の出現するタイミングがターンの開始時から「敵フェイズの開始時」に変化します。

ポイントセーブ

大半の章に1~2個ずつ、途中セーブが可能な魔方陣が配置されています。利用すると魔法陣自体は消滅しますが、セーブデータは中断と違ってロードしても消えることはありません。セーブ欄は通常のセーブとは別扱いで2つまで。

新キャラクター

復帰勢のほか、本作で初登場となるキャラクターも数名追加されています。
ただし、新規キャラの大半は「外伝」での加入であり、その外伝へ進む条件が「ユニット総数○○人以下」という、要するに犠牲が伴うもののため、これが物議の要因の1つとなっています。詳細は外伝進出条件を。

レベル構造

転職クラスはこれまで通りですが、非転職クラス、つまり「ロード、盗賊、マムクート、シューター、コマンド」の5職はレベル上限が「30」に増加し、マムクート以外はステータス上限も上昇しています。

三すくみ

Lv 有利側 不利側
攻撃+1、命中+10% 攻撃-1、命中-10%
B・C 命中+10% 命中-10%
D・E 命中+5% 命中-5%

基本はこれまで通り「剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強い」で、武器レベルに応じて効力も上昇します。あくまで有利側の武器レベルのみが関係します。

武器レベル補正

Lv 槍・弓・魔法
攻撃+3 命中+15% 攻撃+2、命中+5%
攻撃+2 命中+10% 攻撃+1、命中+5%
攻撃+1 命中+5% 攻撃+1

武器レベルは「C」以上になると種類に応じて上記の補正が入ります。

特効

系統 対象クラス 該当武器
騎馬ナイト系 ソシアルナイト、パラディン、ホースメン レイピア、ウイングスピア、ナイトキラー、ポールアクス
アーマー系 アーマーナイト、ジェネラル レイピア、ウイングスピア、アーマーキラー、ハンマー
飛行系 ペガサスナイト、ドラゴンナイト 弓全種、クインクレイン、エクスカリバー
シューター シューター サンダーボルト
竜 (1) マムクート (地竜以外) ドラゴンソード、ドラゴンランス
竜 (2) マムクート (地竜を含む) ファルシオン、神竜石

特効はこれまでと同じく武器の攻撃力が「3倍」になります。錬成との相性よし。

盗賊

紋章の謎と同じく素で「扉、宝箱、跳ね橋」に対応できます。
敵の盗賊は「村を潰す」か「宝箱を開ける」の行動を取り、目的の達成か対象の消失で「離脱」か「攻撃」のどちらかに変わります。なお、宝箱を開けられてもその盗賊のドロップ品になるだけなので、離脱ポイントから逃げられる前に倒せば回収が可能です。

マムクート

竜石を武器として使用する初代作の方式ですが、竜石に耐久が設けられ、要するに封印の剣などと同じ仕様となっています。火竜石の入手数からある程度気軽に使用できるのが嬉しいところ。星のオーブやハマーンも有効です。

シューター

射程3~10かつ移動も可能という、これまでの良いとこ取りをした性能になっています。ただし、武器の売っている章が限られているのは初代作と変わらず。なお、長射程同士でも反撃はありません。

コマンドの変身

  • レベル、最大HP、能力値、武器レベルは完全コピー
  • HPと現在経験値はチェイニーのまま
  • ファルシオン以外の専用武器も使用可能
  • 盗賊に変身した場合は「扉、宝箱、跳ね橋」にも対応できる
  • 変身1回ごと経験値が10入る。変身中も普通に経験値がもらえる
  • 変身中のレベルアップでの上昇はそのままチェイニーに適用される
  • マムクートには変身不可
  • 5ターンで強制的に解除となる

チェイニー特有の能力。最低限の制約はあるものの、シリーズこれまでで最も融通の利く性能になっていますが、どうもバグの発生率が高いようで、よほどの状況でない限り使用は控えるのが無難です。残念。

増援の仕様

難易度の項でも触れている通り、ノーマルならターンの開始時に、ハードなら敵フェイズの開始時に出現します。出現箇所を塞いだ場合は持ち越しではなく消滅となります。

デビル系の呪い

デビルソードとデビルアクスの呪いの発動率は、運の上限が上がったことで「31-幸運%」となっています。この確率で、敵に与えるはずの攻撃力が自身に降りかかります。

トライアングルアタック

シリーズお馴染みの三姉妹の必殺戦法。パオラ、カチュア、エストの3人で敵を囲んで攻撃すると、必ず必殺の一撃が発動します。兵種を合わせる必要はなく、攻撃主以外は武器なしでもOKです。ただし、本作では初撃のみであり、再攻撃には適用されません。

その他

ほか、兵種変更錬成闘技場志願兵は各項目をご覧ください。

スポンサーリンク