後日談 ‐ ファイアーエムブレム 聖魔の光石

概要

後日談の一覧。ペアエンドは確認できた一部のみ。

通常

真銀の聖騎士 ゼト

戦いの後、エフラムたちと共に
ルネスに帰還する。
新たな王と王女の右腕として
部下たちをまとめるその手腕により、
ルネス一の騎士として名をはせた。

誠実なる騎士 フランツ

その誠実なる忠誠は変わる事なく、
後もルネスで騎士を勤めた。
持ち前のやさしい性格で、
民たちからの評判も
とても良かったらしい。

静かなる重壁 ギリアム

フレリアに戻った後も、
騎士として忠実に王家に尽した。
その面持ちと体格から、
騎士団に入団してくる新人の
恐怖の対象になっていたようだ。

心温かき神官 モルダ

戦いの後、フレリアに戻り
以前と同様に王家に仕えた。
やがてヘイデンの跡を継いで
王となったヒーニアスの、
ご意見番的役目を果たしたようだ。

気丈な緑翼 ヴァネッサ

その後も、
フレリア王国天馬騎士団として、
長きにわたり活躍する。
きぜんとした美しきその姿は、
後続の騎士達のあこがれとなった。

受け継がれし豪腕 ロス

故郷のイム村に戻り、
村の再建に努めた。
その数年後、
自分をきたえる為に
単身、村を出たという話である。

甦る豪腕 ガルシア

ルネス王国のイム村に戻って
その再建につとめた後、
再びルネス軍にて部隊長を務めた。
強く勇猛なその姿に、
あこがれる者も多かったという。

気さくな盗賊 コーマ

ルネス軍で密偵として
働かないかと誘いを受けたが
ていねいに断り、故郷に戻る。
その後、義賊として人々を
影から支えるような生活を送った。

泣き撃ち ネイミー

ルネスにある故郷の村に戻り、
平和で穏やかな日々を送る。
数年後、その弓の腕を買われ、
時折、指導者として王都に通うが、
泣き虫相変わらずだったようだ。

純明なる聖者 アスレイ

ルネス復興にあたり、
王都へと移り住んだ。
戦争の被害にあった人々を絶えず
勇気づけ続け、多くの民が、彼の
穏やかさになぐさめられたという。

奇知なる魔道 ルーテ

ルネスに戻り、魔道研究を再開。
しかし外出する機会は
以前よりも増え、やがて人々に
神出鬼没の大魔道士と
噂されるようになる。

風来王 ヨシュア

ジャハナ王国へと戻り、
国王として国を治める。
国政の手腕は高く、国はその後
豊かな繁栄を迎えたが、放浪ぐせと
賭け好きは相変わらずだったとか。

癒しの聖女 ナターシャ

戦いの後、グラド帝国に戻り
国の復興に努めた。
今回の戦いによって亡くなった
兵士の家族たちの為に、
惜しみない奉仕活動をしたという。

奔放の騎士 フォルデ

ルネスに戻った後、
趣味の絵の実力が認められ、
宮廷画家としても働く事となる。
しかし多忙な毎日に、
本人は少しまいっているようだ。

情熱の騎士 カイル

かの戦の後も変わらず、
ルネス王家に忠誠を捧げた。
また、騎士団の部隊長として
新人たちを指導し、
多くの信頼を得たという。

天かける王女 ターナ

戦いの後、
さらなる繁栄を迎えたフレリア王国で
平和に暮らす。
しかし、エイリークに会うため
天馬でよくルネスを訪れたという。

策謀の王子 ヒーニアス

後に、父ヘイデンに代わって
フレリアの国王となる。
智謀に長け、高い指揮力で
優秀な家臣を統率し、
国は前にも増して繁栄した。

秀麗の緑翼 シレーネ

その後も、フレリア王国の
天馬騎士団団長として活躍。
空をかけるその姿は美しく、
彼女をモチーフとした絵や歌が
一時期、国で流行したらしい。

戦場の花 アメリア

戦いの後、グラドへと戻り
国の再建に尽力した。
戦で生きる強さを学んだ彼女は
新たな友人たちに囲まれ、
その後は幸せに暮らしたという。

不滅の黒曜石 デュッセル

戦いの後、グラドに戻り
国の再建の中心人物となる。
しばしば武術指導者として
要望のある国々を訪問しつつ、
グラド復興の為に人生を過した。

闇からの予見 ノール

グラドに戻った彼は、
亡きリオンの理想を求め、
国の再建に尽力した。
やがて平和と繁栄が訪れた頃、
彼は人知れず姿を消していた。

孤高の槍 クーガー

グラドに戻って復興に尽力するが、
しばらくした頃、流浪の旅に出る。
数年後、再び故郷の地に戻るも、
かつてのような騎士としてではなく、
一兵士として生きたと言われる。

光の聖王女 ラーチェル

ロストン聖教国に戻り数年後、
叔父の跡を継いで
国の代表者となる。
その後もあの性格は相変わらずで、
私事でよく他国を訪れたという。

豪傑戦士 ドズラ

国の代表者となった
ラーチェルの傍らには、
前と変わらず彼の姿があった。
ラーチェルの成長してゆく姿が、
彼の人生の楽しみであったという。

豪商盗賊 レナック

帰郷後、すぐにラーチェルにより
呼び出され、強引にロストンに
移住させられる事となった。
やはり彼はわがまま姫から
逃れる事はできなかったようだ。

砂漠の虎 ジスト

その後も自分の思うままに
傭兵稼業を続けた。
しかしその実力が評判となって
次々に仕事の依頼が相次いだころ頃、
休業して気ままな旅へと出かけた。

艶美の舞 テティス

街を移り歩き、各地の舞台で踊る。
彼女の甘美な踊りは
たちまち人々の評判となり、
行く先々で大きな歓迎を受けた。

あどけなき魔道 ユアン

しばらくは師匠のサレフを
目標に修行を続けたが、
自らの魔道の研究と
好奇心にかられ、
世界を回る旅に出かけたらしい。

緋閃 マリカ

傭兵団の切り込み隊長として
その後も活躍する。
剣の手合わせを多数挑まれたが、
長きにわたり無敗を誇った。

黙する知の湧水 サレフ

戦の後、ポカラの里に帰郷。
その後も竜人に仕え里で暮らすが、
戦で知り合った知人たちが
時折、里を訪れたため、
退屈しない毎日を送ったという。

無垢なる竜人 ミルラ

エフラムに静かに別れを告げると、
ミルラは再び闇の樹海へと戻った。
その後ポカラの里の者達に奉られ、
彼女は長い年月の間、生きたという。
その胸に、温かい思い出を抱いて。

碧空の勇王 エフラム

ルネスに戻ったエフラムには、
さらに多忙な毎日が待っていた。
自国を含めた大陸全土の復興。
だが、容易ではないその偉業を
成しとげ、彼はやがて前節となる。

碧風の優女王 エイリーク

戦いの後、ルネスに戻り
エフラムと共に大陸復興に努めた。
やがて国々は平和を取り戻し、
喜びにみちた王女の笑顔は、
民たちの幸せの象徴となった。

ペア

コーマ x ネイミー

幼なじみから恋人へ、そしてついに結ばれた2人。コーマ
はネイミーを想い、危険が伴う仕事からは足をあらう。や
がて2人の間には男子と女子が1人ずつ生まれる。良き
母となったネイミーは、その子供たちに弓を教え、祖父
より授かりしその技を後世に残したという。

アスレイ x ルーテ

故郷に戻り結ばれた2人。共に暮らし始めて、家事はア
スレイが担当、それ以外はしばらく2人とも、前の生活と
ほぼ変わらない毎日を送っていた。だが、子供が生まれる
ろとルーテの興味が一転。日々の生活が魔道の研究とアス
レイの観察から、息子の生態観察へと変化したようだ。

ヨシュア x ナターシャ

自国ジャハナへと戻ったヨシュアは、ナターシャを妻に迎
え、王として国の再建を始める。ナターシャも最良の伴侶
としてそのつとめを果たした。放浪ぐせのあるヨシュアが
一つ所に留まったのも、最愛の妻があったからだと言われ
るが、賭け好きは相変わらずだったらしい。

ヒーニアス x ラーチェル

戦時中より互いを気にかけあっていたヒーニアスとラー
チェル。自国の自慢話をする為に相手を招待、来国をくり
返すうち、フレリア王国とロストン聖教国の深交も深まり、
海路を中心とした交易が栄えた。また2人も互いに少し
ずつ好意を抱いてゆき、ついには恋仲となったという。

エイリーク x ゼト

ルネスに戻ったエイリークとゼトは、エフラムや騎士隊の
面々に祝福され、結婚する。最初は臣下としての分をわき
まえたいと言ったゼトだったが、エフラムの言葉とエイリー
クの強い望みを受け、はれて結ばれる事となった。後にこ
の王女と聖騎士の恋物語はサーガとして語り継がれる。

エフラム x ターナ

戦ののち、ルネス復興の国務が落ち着き始めた頃、エフ
ラムとターナは婚礼の儀を挙げる事となった。自分の妹
がルネスに嫁ぐことに、式の前日まで気に食わない顔の
ヒーニアスであったが、当日は最大限、妹の幸せを祝福
した。ルネスとフレリアの同盟は末永く続いたという。

スポンサーリンク