ファイアーエムブレム トラキア776 ‐ マップ攻略 (2)

スポンサーリンク

第4章 地下牢獄

加入 フェルグス (開始時)
カリン (開始時)
ブライトン (開始時)
マチュア (開始時)
ラーラ (開始時)
ダルシン (リーフ or リフィス)
(第3章でユベルを救出)
宝箱 リーフとリフィスの装備と
はがねの剣レイピア
てやりきずぐすり の4点
場所と中身はランダム
会話 リーフ ⇒ ダルシン (加入)
リフィス ⇒ ダルシン (加入)

この章より、リフィス以外のメンバーが一旦総入れ替えというこれまでにない展開に。リーフたちの解放はもちろん、宝箱の回収に、外伝の条件である「6人の市民の解放+離脱までのフォロー」、さらにはダルシンの説得と、小さいマップながらやることは多いです。

まずフェルグスカリンを含めた牢屋内の4名は、扉が開くまではどうしようもありません。ブライトンマチュアラーラの3名はまず下に進み、リフィスの牢屋を開放しましょう。現状の敵は3人のさんぞくが倒してくれると思いますが、こいつらは敵を捕らえたまま戦ってしまうアホでもあり、過信は禁物です。全滅しても特にデメリットはありません。

そのままリーフたちの扉も開けたら、7ターン目から湧き始めるソルジャーを塞ぐため、ブライトンとマチュアで右端、リーフとリフィスで下側、フェルグスとカリンで左端を封鎖します。その間にラーラで宝箱の回収と全員に武器を行き渡らせ、さらに市民の牢屋も開放してあげましょう。

市民全員の離脱を見届けたら、全員でいよいよ上部の扉へ。
まず、開錠したシーフはそのままでは敵の攻撃を浴びるので、「かつぐ」と「人交換&おろす」で後退させ、次のターンにリーフでダルシンを仲間にし、その右下にはカリンの支援を受けたレイピア装備のフェルグスで塞ぐのがベストです。可能であればプリーストのライブも得ておきたいところ。

そして、このような離脱系のマップは赤い矢印から全員を「りだつ」させなくてはなりません。
リーフが離脱した時点でクリアとなり、そのときマップに残っているユニットは全員捕虜扱いになってしまいます。後半の外伝のひとつの条件がこの捕虜の有無になっているのですが、この時点で捕虜を出すメリットはありません。必ずリーフを最後に離脱させましょう。

第4章外伝 風の勇者

加入 アスベル (⇔ リーフ)
宝箱 てつの大剣 (左上)
ゆうしゃの剣 (右上)
ライブリング (左下)
会話 リーフ ⇔ アスベル (加入)
カリン ⇒ セティ (セティの書)

索敵マップ。全体図は公式サイトをご参照。
とりあえずたいまつを灯してみると、左右に4体のシルジャー、上部にはソードアーマーにマージが4体ずつと結構な布陣が敷かれています。マージをカリンで誘き出すなりして丁寧に攻めたいところですが、10ターン目より階段から増援が湧き始めるのと、何よりアスベルのグラフカリバーの消費を抑えるため、ここは多少無理してでも積極的に攻めるのをおすすめします。

その12体をあらかた片付けたら、まずはシーフで子供たちの解放を。今回は離脱ポイントが近く、10ターン以内であればフォローをする必要はありません。ここでの救出は6章の民家訪問にかかわってきます。次に上側の扉を開け、リーフでアスベルを仲間にし、カリンでセティからセティの書をもらいます。

左上の宝物庫はデビルアクス持ちのアクスアーマーに要注意。カリンの支援を受けたフェルグスなら大丈夫だと思いますが、万全を期するならセティをかついでおろすという手もあります。宝箱はゆうしゃの剣の取得を忘れずに。
なお、このあたりで下側から増援が出ていると思いますが、大抵はセティが無双で撃退してくれると思います。もし剣類が足りないようならソードファイターのてつの剣を奪っておくのもいいと思います。

最後の右上の部屋は、扉を開ける前にリーフの支援を得たアスベルで間接攻撃可能な敵を引き付けて倒しておくのが安全です。ここでも可能であればビショップからリブローを奪取しておきましょう。

第5章 母と娘

加入 エーヴェル (開始時)
ナンナ (開始時)
宝箱 マジックリング (右下)
とうぞくのかぎ (左左)
スキルリング (左下)

エーヴェルナンナが大変厳しい状況で始まります。すぐに右の階段へ急行し、無敵のエーヴェルでナンナを守ってあげましょう。ただし、HPが減っていると捕獲はされてしまいます。ナンナは常にライブで回復を。

リーフたちはその階段の扉を目掛けて敵を蹴散らしながら前進します。アスベルだけは最初のターンに左側の壁越しに待機し、数体のマージを倒しておくとあとでちょっとだけ楽ができますが、スナイパーの射程には入らないように。

剣闘士を1体倒すかリーフたちが細道に差し掛かると、エーヴェルの付近に洗脳されたマリータが出現します。しかしエーヴェルは反撃をしないので、こちらから攻撃をしなければ問題はありません。剣闘士は倒すごとに補充され、キルソード持ちのソードマスターやキラーアクス持ちのバーサーカー、最終的にはガルザスという化け物も出現するのですが、早めに階段の一本道でこのマリータとの膠着状態に入ってしまえば、彼らを拝むことなく安全にリーフたちを待つことができます。

リーフたちが扉を開けるとイベントが発生し、エーヴェルはベルドによって石にされ、マリータ、レイドリック、ベルドの3名は撤退します。ガルザスもこの時点で撤退を始めますが、ソードマスターやバーサーカーがいる場合はこちらで始末しなければなりません。聖戦士の書で必殺の無効化を。

その後、攻めてくるマージたちを撃退したら、あとはもう攻撃範囲に入り次第動いてくるタイプのみで、増援もありません。丁寧におびき出して撃破していきましょう。一応のボスであるバンドルも同様に動いてくるタイプなのと、左上のビショップのメティオ、左側の宝箱の前のロプト兵には要注意を。

第6章 脱出

加入 ヒックス (上段左の民家)
民家 ヒックスが加入 (上段左)
レイピア (上段右)
エリートM (2段目)
ナイトプルフ (3段目)
オードの書 (下段左)
せいすい (下段右)
※ いずれも第4章外伝で
  子供を助けている場合

久々の野外マップ。騎乗クラスの4人は「のる」が可能になっています。また、アウグストが再加入したことで、リーフの指揮も再び★1つにアップします。

  • いずれかの敵の攻撃範囲に入ると次のターンからトルーマン隊が動き出す
  • 13ターン目にトルーマン隊の両横からソシアルナイトx8の増援が出現
  • 15ターン目にトルーマン隊の後方からガルザスが出現

この章の要点は上記3つ。
すぐ左にいるトルーマンの一隊に挑むか否かで戦略が変わってきます。

挑むのであれば、最初のターンでビショップのメティオを食らって誘き出し、メティオの範囲外で戦うとやりやすいと思います。殲滅後は普通に市街地の民家を訪問して、そのまま離脱すればOK。正面の門は目の前に待機するとマギ団が開けてくれます。注意点はガルザスが登場する前に終わらせることくらい。

回避する場合は、冒頭の会話の通り右下の扉を開け、カリンにかついでもらって城壁を越えることになります。最初に一番体格が良いと思われるダルシンを運んで受取人になってもらうとスムーズです。
そして民家の訪問もカリン一人で行うのですが、このとき重要なのは飛行ユニットでしか入れない場所に待機すれば攻撃範囲に入った敵しか動かないという点。つまり民家の入口以外に待機すれば付近のソルジャーとランスアーマーしか攻撃してきません。ヒックスもすぐに右へ移動して馬を降り、かついでしまえば問題ないでしょう。

ここの民家で初のナイトプルフがもらえます。もしかしたらもうレベル20に達しているユニットがいるかもしれませんが、もうしばらくは仲間の加入が続くので、焦って転職させることもないんじゃないかと思います。
反対にエリートMは早めに使用してこそ価値のあるアイテム。当攻略では後に控える「リフィスのマッチョシーフ化計画」のため、8章でリフィスに使用するのをおすすめします。

第7章 トラキアの盾

加入 フィン (2ターン目)
サフィ (2ターン目)
シヴァ (サフィ)
ハルヴァン (クリア後)
オーシン (クリア後)
ロナン (クリア後)
カリオン (クリア後)
民家 どくけし (上上)
ナイトプルフ (上下)
せいすい (下)
会話 リーフ ⇒ フィン (会話のみ)
ナンナ ⇒ フィン (会話のみ)
サフィ ⇒ シヴァ (加入)

初期配置は閑散としていますが、2ターン目に山賊たちの下側にフィンサフィが登場し、敵フェイズにはカリンの5マス上にボスのアイゼナウが現れ、マップ最上部から追手の増援がわらわらと12ターンまで湧き始めます。

一番簡単なのは、そのアイゼナウの出現位置を予め塞いでしまうこと。そうすると増援は最初の1回しか出現せず、落ち着いて進軍することができます。

傭兵隊とともに上がってくるシヴァは、リフィスの体格が8以上あればキルソードを盗んで無力化すればいいのですが、そうでない場合は守備と体格の高い2人に丸腰かつ聖戦士の書を持たせてサフィが到着するまで耐えるしかありません。もしくは、フィンを初期位置から1歩下に移動させるとシヴァを含む数体がそちらに向かうので、フィンで凌ぎつつ対処するという手も。

山の左側の山賊たちは攻撃範囲に入り次第のタイプのため、丁寧に攻めれば問題ないでしょう。バーサーカーのスキル「いかり」に要注意。あととうぞくのかぎは奪っておきたいところです。

そしてこの章には初の闘技場が登場します。
聖戦士の書は現時点で4枚しかありませんが、早めに上げておきたいリーフや、フィン、フェルグス、カリンあたりも下級職のレベル20近くまで鍛えておくとしばらく楽に進められます。ただし、フィンは次章で大事なお役目が控えているため、疲労がHPを越えてしまわないよう厳重注意してください。また、サフィは杖をぶんぶん振って杖レベルをA付近まで上げておくと今後の展開が安心です。

すべて終わったらミーズ城へ離脱。
ミーズ城ではハルヴァンオーシンロナンの3人が再加入し、ハンニバル将軍のはからいでカリオンが加わり、さらに第3章でコープルを送り届けていれば貴重なワープをもらうことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^