ファイアーエムブレム トラキア776 ‐ 体格表

スポンサーリンク

一覧

体格の数値によって何が盗めるようになるのかの一覧です。マッチョシーフを作る際の参考に。

リワープ
キルソード、レスキュー
ぎんの剣、ほのおの剣、いかずちの剣、かぜの剣、リブロー、レスト、Mアップ、スリープ、ワープ
10エリートの剣、プージ、キラーボウ、トロン、リザーブ、サイレス
11キラーランス、ぎんのやり、キラーアクス、トルネード、バサーク
12
13アーマーキラー、てやり、ぎんのおの、ダイムサンダ、ヨツムンガンド
14ナイトキラー
15マスターボウ
16マスターソード
17グレートソード、マスターランス、マスターアクス、グレートボウ
18ポールアクス
19グレートランス、ハンマー
20

補足

主に18章のゼーベイアの説得関連。

体格8
7章の時点でリフィスがこの数値になっているとシヴァのキルソードを盗むことができ、説得が楽になります。とはいえ、特に拘る事項ではありません。
体格11
キラーランスを盗めるようになり、ゼーベイアの説得が結構楽になります。なお、これはパーンの初期値+ボディリングでも届く数値です。
体格17
マスターアクスが盗めるようになり、ゼーベイアの説得がほんの少し楽になります。というかティナのシーフが1回分浮きます。
体格19
ここまで上がればティナのシーフなしでも18章の玉座の間のアイテムをすべて盗むことができ、ゼーベイアの説得が容易になります。リフィスはこの値を目指したいところです。
体格20
新たに盗めるアイテムはなく、かついでもらうこともできなくなります。特に問題ではありませんが、一応は19止めが理想です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^