アルム軍 ‐ ファイアーエムブレム外伝

アルム(せんし)

シリーズでは珍しいロードでない主人公。マイセンの孫。
成長率は優秀で、中盤からは「おうけのつるぎ」によって高いレベルで安定し、勇者にクラスチェンジすれば弓まで使えるという優遇ぶり。ロードでなくとも歴代主人公の中ではトップクラスの強さを誇ります。

ルカ(ソルジャー)

マイセンの助力を得るためにラムの村にやってきた解放軍の一員。
割とイケメンなので、ソルジャーがアーマーの下位クラスと知って驚いた人も多いのでは。成長率自体はギリギリ及第点ですが、上昇パターンの噛み合わせが良く、丁寧に育てれば強力なユニットになれます。

グレイ(むらびと)

ラムの村人その3。
村人3人衆の中では一番の即戦力。成長率はロビンを下回りますが、攻撃力と守備力が上がりやすく、個性ははっきりしています。イメージ的に傭兵系が鉄板でしょうか。

ロビン(むらびと)

ラムの村人その2。
グレイほど即戦力でもなく、かといって成長率も高くないという、割と使い方に悩む人。髪型もなんだか微妙です。なんとなく弓兵にされていることが多いような。

クリフ(むらびと)

ラムの村人その1。
村人3人衆の中では初期レベルが最も低いですが、成長率はトップクラスで魔法防御も高く、魔道士にしても多彩な魔法を覚えるという万能さを発揮します。アルム軍随一の有望株。

シルク(シスター)

山賊のほこらにいるおかっぱシスター。
割と早く「ワープ」を習得するため、戦略的にも欠かせない貴重な回復担当となります。

クレア(ペガサスナイト)

解放軍の一員でクレーべの妹。
アルム軍唯一のペガサスナイトなだけあって、活躍所は多岐に渡ります。成長率・魔法防御ともに高い優秀な娘。弓の特効を気にしなくていいのも嬉しい点です。

クレーベ(ナイト)

解放軍の一員で元リーダー。クレアの兄でマチルダの恋人。
初期レベルこそ高いものの、魔法防御は1しかなく、成長率も平均以下。レベルアップ回数の多さを活かしてマチルダやジークに並べるかどうか。

フォルス(ソルジャー)

解放軍の一員。
これまたアーマー系とは思えない雰囲気を持ちますが、同じく成長率は平均以下。

パイソン(アーチャー)

解放軍の一員。
攻撃を外すイメージが強く、成長率はやはり平均以下。

リュート(まどうし)

森の村の魔道士でデューテの兄。
妹をどうにかしてくれと仲間に加わります。成長率は運だけやたらと高めで、ほかの能力は…。ちなみに説明書のイラストはほぼ女性にしか見えません。

マチルダ(パラディン)

解放軍の一員でクレーベの恋人。美人。
初期クラスが中級職のパラディンでありながら、高い魔法防御とバランスの良い成長率でエースの一角となります。イメージ的に「せいなるやり」が似合います。

デューテ(まどうし)

タタラに洗脳されているリュートの妹。
最初からオーラを習得しているうえに魔力の伸びも良く、レベルを上げれば数少ない「ライナロック」の使い手にもなるという破壊力満載の娘。ただし、耐久力は伸びません。

ティータ(せいじょ)

ヌイババに捕まっていたジークの恋人。
最高の魔法防御を持ち、また唯一「リザーブ」を習得することからレギュラー入りはほぼ確実です。率先して育てましょう。顔グラは前作のニーナ様を妖精っぽくした感じ。

ジーク(ゴールドナイト)

リゲル平野を守るティータの恋人。過去の記憶を喪失中。
前作の経験者なら誰もが気付くあの人です。即戦力の強さを持ちながら、何気に成長率もトップクラス。もちろん「グラディウス」は彼の手に。

マイセン(ゴールドナイト)

終盤でついに加わるアルムのじいちゃん。ソフィアの聖騎士様。
お歳の通り成長率は壊滅的ですが、能力値的には即戦力なので問題はありません。