ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ‐ 序章 聖騎士誕生

スポンサーリンク

まずは攻略方針をご覧ください。

攻略方針

親世代のカップリングによって後半戦の様相が大きく変わる本作において、当攻略では最も無難と思われる「子供のクラスに合わせる組み合わせ」で進めていきます。

  • エーディン x ミデェール
  • アイラ   x ホリン
  • ラケシス  x ベオウルフ
  • シルヴィア x クロード
  • フュリー  x レヴィン
  • ブリギッド x デュー
  • ティルテュ x アゼル

具体的には上記の通り。
正直、ブリギッドxデューには違和感が拭えませんが、統一感重視ということでご容赦ください。

余る男性陣はノイッシュ、アレク、アーダン、レックス、フィン、ジャムカの6名になります。
子世代にも登場するフィン以外はレベルを上げる必要もないのですが、レックスは育てやすさとゆうしゃのおのの撃破数を稼ぐためにも使用をおすすめします。

まあ~良く言えば模範的、悪く言えばつまらない攻略だと思います。
ターン数の経過もまったく気にしないため、攻略評価も高いものにはならないことをご了承ください。

ユングヴィ城の制圧まで

加入 アゼル (2ターン目)
レックス (2ターン目)
キュアン (3ターン目)
エスリン (3ターン目)
フィン (3ターン目)
ミデェール (城制圧)
スピードリング (南)
他4件はすべてお金のみ
会話 アゼル ⇒ シグルド (会話のみ)
レックス ⇒ シグルド (会話のみ)
キュアン ⇒ シグルド (会話のみ)
エスリン ⇒ シグルド (会話のみ)

まずはシグルドをユングヴィ城の南の村へと急行させ、ノイッシュとアレクは近場の村から解放を。道は数値以上に移動できる快適なマスですが、地形効果は-10%なのでできるだけ待機は避けましょう。

2ターン目に中央北側からアゼルレックスが登場します。そのまま北と北西の村の解放を任せましょう。
3ターン目にはシアルフィ城の付近からキュアンエスリンフィンの3名が登場。こちらはとりあえずシグルドの元へ向かえばいいと思います。

ボスのデマジオはシグルドで適当に。
村の訪問は、まずスピードリングは余程の理由がない限りシグルドに持たせるのが無難でしょう。残りの村は、これも特別な理由がなければすべてエスリンに訪問させておくと、次章でのレベル上げがスムーズです。

制圧でミデェールが仲間に加わります。

エバンス城の制圧まで

会話 アルヴィス ⇔ シグルド (ぎんの剣)

攻めてくるヴェルダン兵は、橋を塞いで戦うなり付近の村の地形効果を活かすなりで対処を。特に苦戦要素はないはずです。

北側に現れるアルヴィス卿は、シグルドに寄ってきてぎんの剣を授けてくれます。当面シグルドの武器はこれ1つで十分です。ガンガン撃破数を稼ぎましょう。

ボスのゲラルドも適当に。
序章は闘技場と道具屋がなく、制圧前に特にすべきことはありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^