ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ‐ 第八章 トラキアの竜騎士

スポンサーリンク

攻略方針は序章をご覧ください。

コノート城の制圧まで

加入 ファバル (パティ)
パワーリング (中央北)
他2件はお金のみ
会話 ユリア ⇒ セリス (運+1)
※ イシュタルが撤退するまで
アーサー ⇒ フィー (HP+3)
フィン ⇒ リーフ (力+3)
パティ ⇒ ファバル (加入)
ファバル ⇒ セリス (会話のみ)

リーフ、フィン、ナンナの3名は前章と同じくレンスター城から始まります。
レンスター城にはオーヴォの一隊、前章の三姉妹、ファバル、そしてイシュタルと次々に刺客がやってくるので、本隊は数名をムハマド隊の対応に残し、早めにレンスター城へ向かいましょう。

北側の盗賊に襲われる村は、最初のターンにフィーをワープでレンスターに飛ばし、オーヴォ隊や三姉妹の範囲に入らぬよう進んで解放するのがベスト。

オーヴォ隊、三姉妹ともにそれほど強くはなく、ファバルはパティで話しかければ仲間になります。しかし、イシュタルはトールハンマーに「れんぞく」と「まちぶせ」も持つさすがに強敵です。前章と同じくシャナンやアレスに、セリスやナンナの支援をフルにつけて撃退を。ファバルのステータス次第ではイチイバルの一撃で倒せる場合もあります。もし倒せなくても、12ターンまで耐えれば撤退します。

ブルームはサンダストームに注意する程度。
制圧前、フィーはできるだけ南東の村に近い位置に置いておきたいところです。ちなみにフィーは本城の南東にある高い山(川の下流の木の南西あたり)に待機すると、唐突に可愛らしい独り言を発します。

ミーズ城の制圧まで

加入 セティ (セリス)
シーフのうでわ (南東)
他2件はお金のみ
会話 セリス ⇒ ティニー (HP+3)
ナンナ ⇒ アレス (力・守備+2)
セリス ⇒ セティ (加入)
セティ ⇒ セリス (運+3)
フィー ⇒ セティ (運+1)

コノート城を制圧すると、翌ターンにマンスター城はセティによって同盟色に変わるため、次は一気にミーズ城の制圧となります。

まずはレベルを上げたいユニットで市民を救出しつつ、セリスでセティに話しかけて仲間に加えましょう。早めに進軍しないと左側のドラゴンナイト隊がレンスター城に向かってしまいますが、それはそれでワープで誰かしらを守備につかせれば問題はありません。

フィーは右側のドラゴンナイト隊が寄ってこないよう気をつけながら、南東の村の解放を。つばめがえし持ちのシーフファイターは範囲外から間接攻撃でのヒット&アウェイが無難ですが、厳しいようなら左下からなら盗賊のみをヒット&アウェイできます。シーフのうでわはアレスに持たせるのがおすすめです。

途中で戦意を喪失するアルテナは、本章では隣接すらできないので放っておくしかありません。なお、リーフをアルテナの5マス左に待機させると独り言を発します。

ミーズ城の周辺のドラゴンナイト隊とロングアーチ隊は、山道の地形効果があればまず問題はないでしょう。マイコフも特に苦戦要素はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^