ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ‐ 第九章 誰がために

スポンサーリンク

攻略方針は序章をご覧ください。

ルテキア城の制圧まで

加入 アルテナ (⇔ セリス)
※ リーフで話して撤退&再登場後
コープル (城制圧)
会話 ファバル ⇒ パティ (運+1)
リーフ ⇒ アルテナ (撤退)
アルテナ ⇒ セリス (加入)

本章は人質を取られたハンニバルのため、最寄りのカパトギア城より先にルテキア城を制圧することになります。

まずはアルテナの一隊が向かってくるので、フィーだけ西の村の解放へ向かわせたら、残りは本城の前あたりで待ち構えるのが無難です。アルテナはやや奥まった位置に止まりますが、リーンに手伝ってもらるなりしてリーフで話しかけましょう。

アルテナが撤退すると代わりにトラバントの一隊が出撃し、同時にハンニバルのカパトギア軍も動き出します。同様に本城の前で待っていれば接触を1ターンずらすことが可能です。

トラバントは基本性能が高いですが、グングニルも間接攻撃も持たないため、フォルセティであれば簡単に倒すことができます。ただ、背景を意識するならぜひともリーフで止めを刺したいところです。
ハンニバルはスリープで眠らせるのが無難ですが、修理代をケチりたい場合は稼ぎのときと同じ、HPを減らすか指揮下のユニットを4体以下にするかで撤退モードになるので、そこを囲んでしまえば動かなくなります。

ルテキア城に向かうあたりで、再登場したアルテナがセリスに話しかけてくると思います。
ルテキア城を守るディスラーに苦戦要素はありません。制圧でコープルが加入します。

カパトギア城の制圧まで

加入 ハンニバル (コープル)
会話 コープル ⇒ ハンニバル (加入)
パティ ⇒ コープル (HP+3)

コープルでハンニバルに話しかければ仲間に加わり、同時にカパトギア城の制圧となります。すぐ翌ターンに増援が発生するため、戦力はルテキア城に集めておきましょう。

グルティア城の制圧まで

取得 トルネード (ムーサー)
バリアリング (中段左)
他5件はお金のみ
会話 セリス ⇒ ハンニバル (会話のみ)
リーン ⇒ コープル (運+1)

まずはムーサー率いる帝国兵に対応します。全員上級職であり、特にフォレストナイトは兵種スキル「れんぞく」を持っている点に注意。ムーサーの落とすトルネードは風の上位魔法ですが、活かしどころがなかったりします。

6件の村は、所持金を一旦コープルにあげてからパティで回収するのがいいでしょうか。コープルはリブローをぶんぶん振って経験値を稼ぎましょう。

グルティア城は大量のロングアーチにジュダのフェンリルと遠距離攻撃が満載ですが、セリスとアレスで下側から再行動込みで攻めれば、範囲外から1ターンで制圧することが可能です。

トラキア城の制圧まで

取得 いのりのうでわ (アリオーン)
会話 ユリア ⇒ セリス (魔防+3)
フィン ⇒ アルテナ (HP+3)
ハンニバル ⇒ アルテナ (HP+3)
※ フィンとハンニバルは片方のみ

制圧の翌ターン、アリオーンがミーズ・カパトギア・ルテキアの三城それぞれに竜騎士部隊を差し向ける「三頭の竜」作戦を発令します。セティ以外の魔法か魔法剣を使えるユニットをワープで送って対応を。

三頭すべて殲滅したら、いよいよアリオーンとの対決となります。アリオーンはグングニルを持つかなりの強敵なので、隊が動き出すギリギリのところに主力を集めたら、一応別欄にもセーブを残しておくのが無難です。本命の撃破方法は、やはり支援を目いっぱいつけたセティのフォルセティになるかと思います。

制圧前、コープルを活躍させたいのであれば、毎度のリターンの杖を用いてクラスチェンジまで行っておきましょう。
また、ユリアは次章の冒頭でさらわれ、そのまま終章の終盤まで登場しません。装備がオーラならともかく、リザイアの場合は売り払っておいたほうが再登場時の危険度を下げられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^