ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ‐ 第四章 空に舞う

スポンサーリンク

攻略方針は序章をご覧ください。

トーヴェ城の制圧まで

まもりの剣 (最北東から2番目をシルヴィアで)
他7件はお金のみ
会話 シグルド ⇒ クロード (会話のみ)
エーディン ⇒ ミデェール (ゆうしゃのゆみ)
ティルテュ ⇒ アゼル (HP+5)

道具屋に2つ目のリターンリングが登場しています。シグルドかリターンの杖の所持者のどちらかに。

ミデェールとエーディンが恋人になっていれば、優秀なゆうしゃのゆみを入手することができます。今後ミデェールはこれひとつで十分なので、キラーボウはブリギッドに回してあげましょう。

また、好感度の上昇する期間も残り少なくなってきています。シルヴィアxクロード、ティルテュxアゼル、ブリギッドxデューの3組は、最初の50ターンは隣接を優先するのが無難です。特に成立しやすい組み合わせでないブリギッドxデューは重点的に。
ほか、フュリーxレヴィンは最低でも本章後半の会話で成立しますが、その前にシルヴィアとくっついてしまわないよう厳重注意を。ちなみにシルヴィアとフュリーが独身の場合、隣接させるとレヴィンをめぐる会話が発生します。

攻略は、まずフュリーがきちんと育っているなら、単独で南の2つの村を解放し、山中のウインドマージを倒し、最北東の村の安全を確保しましょう。城の西にいる3名のブリザードの範囲に要注意。

クブリのウインドマージ軍団は、三すくみ的にアゼルのエルファイアーが有効かと思いきや、重さのせいで素早さが最高の22でも再攻撃ができません。レヴィンを中心に攻めるのが無難です。ディートバ隊はディートバがいのりのうでわを持っている点に注意する程度で。

村は最北東から2番目をシルヴィアで訪問した場合のみまもりの剣がもらえます。ただし、ここは高確率でフリーズするため、訪問の前は必ずセーブを忘れずに。

マイオスによって上げられてしまった橋は、デューをその地点の手前に置くと再び架けることができます。マイオスとその周辺に苦戦要素はありません。

シレジア城の奪還まで

会話 シルヴィア ⇒ クロード (好感度上昇)

マーニャ隊とパメラ隊の戦闘が始まり、ほどなく登場するバイゲリッターによってマーニャ隊が全滅し、そのままシレジア城も制圧されてしまいます。大変もどかしい場面ですが、ここはどうすることもできません。

この間、自軍はトーヴェ城の守りに数名を残し、ほかの全員をセイレーン城の東のウインドマージの手前に集めておきましょう。トーヴェ城の守りはリターンの杖の持ち主とその恋人が適任です。

シレジア城が落ちた翌ターンからようやく進軍できるようになります。
6名の市民が逃げてくるので、レベルを上げたいユニットで早めに救出してあげましょう。その際、橋の東と南のウインドマージを倒しておかないと市民がブリザードで攻撃される恐れがあります。フュリーとシルヴィアとミデェールあたりを駆使して出現したターンに倒しておきたいところです。

ドノバンとその周辺はザコなので適当に。

ザクソン城の制圧まで

会話 レヴィン ⇒ シグルド (会話のみ)
フュリー ⇒ レヴィン (恋人成立)
取得 フォルセティ (レヴィンがシレジア城に入る)

まず、レヴィンがシレジア城に入るとラーナ様から神器の1つフォルセティを授かることができます。絶対に忘れずに。

レイミア隊は結構な危険部隊。できるだけレイミアより前にいるボウファイターやサンダーマージから誘き出して倒し、次に一気にレイミアを撃破して支援をなくしましょう。それでも厳しいようなら早速フォルセティの出番です。

ザクソン城の制圧はダッカーのブリザードがうざい程度。
闘技場の再挑戦も制圧も、念のためきっちり50ターンまで好感度を高めてから行うのが無難です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^