ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ‐ 攻略のコツ

スポンサーリンク

基本は1人1武器

アイテムが修理可能なのと、撃破数が必殺率にかかわることもあり、武器は1人1つの良品を集中して使い込むほうが有利です。例えばシグルドは序章で「ぎんの剣」を入手したら、通常の敵はもうこれ1つで十分。使い倒して撃破数を稼ぎましょう。推奨武器は銀系・勇者系・魔法剣に風・雷の中級以上の魔法あたり。鉄・鋼系や特効武器はそれしか装備するものがない限り一切使う必要はありません。神器も修理費の高さから常用は難しいと思います。

隊長から撃破する

敵の一隊と対峙する際は、まずは主力ユニットで指揮官の☆を持つ隊長から撃破するのがセオリーです。もちろん、増援で稼ぐ場合であったり、☆が1つしかない場合はこの限りではありません。

章のクリア直前にも闘技場を

新たに加入した仲間はもちろん、冒頭で行ったユニットでもレベルアップや武器の新調によって新たに勝ち進める場合は多いです。レベルを上げ辛いユニットほど忘れずに行いたいところ。

リターンの杖による稼ぎ

第1章で入手できる「リターンの杖」は、一振り500Gで経験値35と費用対効果が高く、27500Gもあればレベル1からでもクラスチェンジが可能になります。ターン数を気にしないのなら、特に序盤のエスリンやラケシスはこの方法で早めにクラスチェンジさせておくと後の展開が楽になります。

リターンリングを持たせるユニット

もちろん「リターンの杖」の所持者に持たせるのが理にかなっています。2つ手に入るので、もう1つはシグルドとセリスの主人公ユニットに。

闘技場と「いのり」

闘技場の仕様上、スキル「いのり」は一度発動すればその戦闘が終わるまで効果が持続します。勝てそうにない相手でも一撃をギリギリ耐えられるようHPを調整すると、事実上の確勝となります。

ダンサーとリング

ダンサーに「レッグリング」&「ナイトリング」の組み合わせは非常に相性が良く、前線で踊って引き返したり、遅れ気味のユニットを急がせて自分も遅れなかったりと、使い勝手が大きく向上します。

命中率0%

これはやや未確認事項。回避値と地形効果で命中率が0%になる場合は敵は攻撃をしてきませんが、三すくみや支援を加えて初めて0%になる場合は攻撃をしてきます。地雷としてユニットを置くとき、回避値が高すぎる場合はあえて道に待機して支援で0%にするのも有効かもしれません。

乱数調整人

理想のレベルアップのパターンがなかったり、窮地でセーブしてしまった場合の回避手段として、「乱数調整人」を本城に残しておくといざというときに安心です。具体的には「闘技場で必ず負けてくれるユニット」のことで、親世代ではアーダン、子世代ではヨハンかヨハルヴァが適任でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^