ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ‐ 裏技・小ネタ

スポンサーリンク

闘技場のBGM

闘技場でしばらく放置していると、シリーズ初代作「暗黒竜と光の剣」の自軍ターンのBGMが流れ始めます。観客の手拍子や拍手が入ったりと、非常に臨場感のある粋な演出です。

最後の一振り

ライブ、リライブ、リブローの杖は、最後の一振りに限り回復量が2倍になります。とはいえ、現実的なのはリブローくらいのものでしょうか。

セリスの指揮

セリスの指揮は本来☆3つですが、第六章の開始時のみバグで☆2つとなっています。セーブ&ロードで直るので、すぐに修正しておきましょう。

いのりのリング

本来は「いのりのうでわ」ですが、アリオーンを撃破したときの入手時に限り「いのりのリング」と表記されます。個人的にはほかの腕輪も含め、「リング」表記で統一してもよかったと思います。

状態異常剣の発動率

状態異常を付与する「バサークの剣」と「スリープの剣」の付与率は、命中のたびに「30-魔法防御」の確率で判定されます。ただし、魔法防御が31を越えるとアンダーフローを起こすのか、ほぼ確実に発動する模様です。イシュタル、アルヴィス、ユリウスあたりが該当するので、勝てない場合の奥の手として覚えておくのも。

第五章でヴェルトマー城を制圧する

制圧

第五章のヴェルトマー城は、レプトール隊が動き出す前は無人のため、やり方次第で制圧することが可能です。

条件は「レッグリング」を装備したシルヴィアと、「レスキューの杖」を所持したクラスチェンジ済みのラケシスがいること。この2人をレプトール隊が動き出すギリギリの位置に、シグルドは隊の右側の崖下に置いておき、シルヴィアに手伝ってもらって最大限に進んだラケシスがシグルドをレスキューすることで、右図のように制圧が可能になります。

これでどうなるのかというと…、一切の演出も発生せず、セーブだけを経て第六章に進むのみでした。もちろんメンバーは子世代に変わっています。あの衝撃のシーンを見たくない!なんて人にはいいかもしれません。

なお、親世代でのレスキューの杖は、第四章までにエーディンとアゼルが恋人になっているか、第五章までにエーディンとクロードが恋人になっている場合しか入手できません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^