陣形 ‐ 天地を喰らう2 諸葛孔明伝

スポンサーリンク

概要

陣形の一覧。陣形を敷くにはパーティー人数が最低5名必要です。「さんかい=散開」は陣形を解くこと。効果の抜けはあると思うので参考程度に。

一覧

かくよくのじん
鶴翼の陣。消費8、習得レベル6。
全員の攻撃が上昇し、防御が低下する。特に3人目の増減が大きい
はくばのじん
白馬の陣。消費8、習得レベル16。
全員の素早さが上昇し、「しょうほうのじん」に対しては連続攻撃も可能になるが、水計の成功率・威力は低下する
しょうほうのじん
衝方の陣。消費12、習得レベル10。
全員の攻撃・防御が上昇する。1・3・5人目は攻撃が、2・4人目は防御が特に恩恵を受ける。しかし、素早さは激減し、「はくばのじん」に対しては連続攻撃を許してしまう
ぎょりんのじん
魚鱗の陣。消費8、習得レベル21。
2・3・4人目の攻撃・防御が上昇する。1・5人目は攻撃が大幅に低下するものの、防御も大きく上昇。また、全員の策略の成功率・回避率も上昇する
ほうしのじん
鋒矢の陣。消費16、習得レベル27。
3人目は攻撃大幅上昇&防御が低下、2・4人目は攻撃やや低下&防御やや上昇、1・5人目は防御大幅上昇&攻撃ほぼゼロになる。また全員の素早さもやや低下する
いちもんじのじん
一文字の陣。消費16、習得レベル37。
全員の攻撃が上昇し、防御が低下する
はいすいのじん
背水の陣。消費16、習得レベル43。
戦闘中かつ水郡のみ布陣可能。一文字の陣の効果をさらに顕著にした陣形
せいじゃくのじん
静寂の陣。消費32、習得レベル45。
戦闘中のみ布陣可能。全員の姿が消え、防御と、特に回避が大きく上昇するが、回復を含め味方への策略は必ず失敗してしまう。また、3ターンで自動的に散開となる
はっけのじん
八卦の陣。消費48、習得レベル48。
戦闘中のみ布陣可能。使用時に決める「せいもん」の武将以外は攻撃を無効、または反射する最強の陣形。ただし「かいじんのけい」は有効。自軍は実質孔明専用だが、実はホウ統も習得する
スポンサーリンク