ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 ‐ 攻略のコツ

スポンサーリンク

泥の脱出口を2ヶ所

作中でも言われている基本中の基本。迷宮からの帰還時は、「泥の脱出口」を2ヶ所作っておけばその場所から再開できます。なので通常はリインフォース残り「30」が探索のリミットということに。これを徹底すれば浮いた「魔女の帰還鈴」を幾つか売ることができ、序盤の貴重な資金源となります。

換金アイテムは換金しない

換金アイテムはその多くが弟子のメモの条件アイテムとなります。「換金」というカテゴリーに騙されず、基本は売らずに所持しておきましょう。「財宝樽」以外のアーティファクトも同様です。当面の金策は上記の通り、「魔女の帰還鈴」でどうにかなると思います。

得意武器に囚われない

各ファセットごと得意武器が分けられていますが、ウェポンマスタリーが「D」でない限りはほかの武器も装備可能です。特に打撃しか効かないような堅い敵の場合、例え「C」であっても呪鐘などの打撃武器のほうが十分なダメージを与えられます。魔石系やリンガメタリカを狩るときなど、状況に合わせて柔軟に変えていきましょう。

人形兵の制作は「輝く魂の小瓶」で

この「輝く魂の小瓶」は、ウンブラの稼ぎポイントなど幅広い場所に出現する「マナプリズン」がいくらでも落とすのと、初期アニマクラリティが「4」なので、5回のレベル99での魂移しでちょうど「99」に達するという面から合理的です。もちろん、まだ手に入らない序盤のうちはこの限りではありません。

小瓶があるなら人形兵を作成しておく

カヴンに組み込んでいないメンバーでも、帰還時には探索の20%の経験値が入ります。人形兵は最低でも20名以上はいたほうがいいので、特に上記「輝く魂の小瓶」が余っているなら何かしらを制作しておくと効率的です。ファセットに迷ったらとりあえずマージナルメイズを。

ボスにもダウン系ドナムが有効

ダウン系ドナムは恐らくすべての敵に有効であり、一見勝てそうにないボスでも、眩まし術で命中力を下げたり、蜜病で抵抗を下げて呪毒や錯乱にしたりすると、驚くほど簡単に勝てる場合があります。特にカンパニュラの結魂書にはダウン系ドナムが揃っています。

ピアフォカヴンは右に配置

後半のボスの熾烈な全体攻撃に対し、1カヴンを全員ピアフォートレスにして「守るの心」で味方を庇わせる戦術は有効です。ただし、このスキルは1ターンの発動回数に限りがあるため、左のほうに配置するとピアフォ同士で庇い合って無駄に回数を消費してしまいます。可能な限り右に配置しましょう。

誰かがやられた戦いはキャリーオーバー

経験値はカヴン単位で分配されるため、誰かがやられたまま戦闘を終えるのは経験値的に損な場合がほとんどです。特に仲間が欠けやすいボス戦の経験値は、キャリーオーバーで全員が揃っているときに得ると無駄がありません。

落下のダメージ

落下のダメージはアタッカーしか食らいません。下の宝箱を取るなどで意図的に落ちる場合、手間でなければ編成を調整することで被害を最小限に抑えられます。

「銀ノ匙」はマップ切り替え前に

アイテム「銀ノ匙」の効果は、100歩のあいだ「新たな敵の発生を抑える」なので、階段などのマップ移動の直前に使用すると、次のマップのしばらくはシンボルを完全に消すことができます。効果が切れても、1歩も動かずに再使用すれば継続可能です。

非常時のリインフォース調達

例えば泥の脱出口を使うつもりが誤ってリインフォースが足りなくなってしまった場合、編成でカヴンコストを減らすと、浮いたぶんがリインフォースに戻ってきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^