ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 ‐ 旅団編成

スポンサーリンク

編成

編成は、まず「結魂書」を選択し、各スロットに人形兵を配置して「カヴン」を結成します。戦闘は基本的にこのカヴン単位で指示を出すことになります。ちなみにこのカヴンが最大5つ集まって「旅団」となります。

アタッカーとサポーター
結魂書によって枠名が異なる場合はあれど、基本的に赤枠を「アタッカー」、青枠を「サポーター」と言い、実際に戦闘に参加するのはアタッカーのみとなります。個別指示での入れ替えも可能です。
カヴンコスト
結魂書ごと「コスト」の概念があり、合計を最大リインフォースの「100」以内に収める必要があります。このコストを引いた値がリインフォースの上限になるので、抑えるに越したことはありません。
EXP倍率
大抵はアタッカーのほうが多く入りますが、これも結魂書によってはまったく逆のものもあったりします。アタッカーとサポーターでだいたい「100:25」が基本の割合と言えます。ちなみに戦闘で獲得した経験値をカヴンの数で割ったあとの数値への適用です。
配置条件
一部のスロットには配置に条件があるものもあります。男性だったり女性か中性だったり、特定のファセットや特定のスタンスであったり、一部の性格や因果数やステータスがかかわってくるものもあります。
配置効果
大抵のスロットは配置することで、アタッカーのステータスをアップさせたり、防御陣の効果を上げたりドナムの消費量を抑えたりといった恩恵が得られます。ただし、デメリットにしかならないものも普通にあります。
結魂書の成長
結魂書にも経験値の概念があり、人形兵とは別計算で加算され、一定に達するごと★マークが増え、それに応じてカヴンコストが減っていきます。最大★10で「初期値の1/10の四捨五入の値」まで下がります。結魂書の経験値は適正ランクの敵ほど多くもらえる?ようですが、紫シンボルなら一律で「15」、大ボスやマナオーバーの大シンボルなら「50」が入ります。
結魂書の処分
結魂書は売却できないので、アイテム欄から「□+X」で捨てるしかありません。

ドナム

多作品で言う「魔法」に当たるドナムは、結成書ごと予め使用できるものが決まっています。結成書をセットしたあとに、△ボタンの「習得ドナムの確認」で効果まで確認することができます。

最大DPとDMP
カヴンの最大DPは「アタッカーのDPの合計」で、ドナムの威力に関係するDMPは「アタッカー全員のDMPの平均」で算出されます。ドナム発動の行動速度も恐らくアタッカーの平均ではないかと。
代償と生贄
一部のドナムは使用に「代償」や「生贄」を必要とします。代償はそのドナムの効果中、毎ターンの最後にカヴン全員が最大HPから所定の割合のダメージを食らいます。生贄は基本的にサポーター枠のキャラ1名が、HP0かつ「頭部破壊」になります。一度生贄になると戻って修理しない限り復帰できません。
ドナムの習得
不可思議ナル結魂書のみ、★の数に応じてドナムを習得します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^