攻略のコツ ‐ ゴッドウォーズ 日本神話大戦

スポンサーリンク

囮役の起用

コツというかもはや基本事項。本作は「敵からの狙われやすさ」が「けがれ」という値で可視化され、その値を上げるスキル「挑発」や、囮役として適任の「クマ」というキャラも序盤から揃っています。よほど余裕でない限り、これに頼らない手はないでしょう。なお、けがれが高いとて必ず狙われるわけではありません。

おすすめパッシブその1「熟練入手強化」

祈祷士が持つ「熟練入手強化」は、そのまんま獲得JPを最大+50%する性能です。早めに最大レベルまで習得してセットすれば、スキルの習得や新職の解放のペースが早まり、結果的に有利になります。可能であれば序盤ほど全員に習得させてもいいくらい。特にカグヤは「戦姫の才」のためにも必ず持たせたいところです。

おすすめパッシブその2「移動力+2」

こちらも名称のまんま移動力を+2する性能で、基本移動力が一律「3」しかない本作にとっては使い勝手が大幅に向上するスキルです。ただ、所持職は上級職のなので、まずは祈祷師をレベル6にし、それで解放される山伏をレベル8にするという手順を要します。ひとまずは弓人の持つ「移動力+1」で繋ぐのもいいでしょう。

全体法術で敵を動かす

敵の思考は大まかに「開始から動いてくる」と「攻撃範囲に入ると動いてくる」の2つのタイプがありますが、もし余裕があって後者を早めに動かしたい場合、天星司の「客星の天術」やサヨリの「制水術」など全体対象の法術を使用すると、全員とはいかないまでも、一部は向こうから動いてくれるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^