基本情報 ‐ 桃太郎伝説

作品概要

プレイステーション版の桃太郎伝説。
初代作と同じタイトル名ですが、実際は「1」と「2」を足して割ったような内容であり、ラスボスは「1」のえんま大王なのに、「2」のように金太郎、浦島、夜叉姫が仲間として加わります。この構成は意外に無理がなく、また丁寧なドット絵や桃鉄のような演出などグラフィック面も素晴らしいのですが、ハドソンのRPGに多いエンカウント率が高いという欠点があり、この点とどれだけ折り合いをつけられるかが本作を楽しめるラインとなっています。

基本事項

  • セーブデータは15ヶ所 (1つ1ブロック)
  • セーブは各村の神社で行う
  • 移動中の「△ボタン」は話すや調べるを行う便利ボタン
  • 会話や戦闘メッセージは「Xボタン」でスムーズ化
  • 段が上がるごと全回復。段の最高は全員「60」まで
  • 仙人と話す、ウシの乳を飲む、泉の水を飲むなどでも全回復
  • 戦闘で心の数が倍もらえることがある
  • 武器・防具・履物はそれぞれのお店でしか売ることができない
  • それ以外のお店は道具しか売ることができない
  • お金の所持上限は不明。100万両は越せることを確認
  • 道具の所持数は「メインの仲間の数x8個」まで
  • といち屋に預けられる道具の上限は「64個」まで
  • 桃太郎が力尽きると仲間が残っていても全滅となる
  • 全滅は所持金半減で最後に寄った神社へ
  • 弱い敵は勝手に逃げることがある (お金と心の数は入る)

絶好調

新桃からの継続システム。エンカウントエリアで笛の音と太鼓が響くと、その数歩後に誰かしらが「絶好調」になります。絶好調中は頭上に★マークが付き、数十歩のあいだ能力値や会心率が上昇します。

エンカウント率対策

とにかく「段に余裕を持つ」ことに尽きます。
これにより大半の戦闘が上記「敵が勝手に逃げる」で高速決着し、また本作の「隠れみの」と「おによけの術」の「弱い敵の出現を抑える」効力にも合っています。もちろん、お地蔵様の言う最低段を大きく上回るためボス戦の緊張感はほぼなくなってしまいますが、厳しめの戦闘が、下手をすれば1歩ごと繰り返されるよりはマシではないかと。カード集めでも並行しながらのんびりと行きましょう。

スポンサーリンク