攻略のコツ ‐ 魔女と百騎兵2

スポンサーリンク

攻撃の連打は厳禁

例えば1撃目の最中に攻撃ボタンを押すと、2撃目の発動も確定してしまい、無闇に連打すると敵の攻撃が来ることがわかっているのに避けられないという事態が頻発します。特に蝕台での攻撃時やゴーランとの交戦時は要注意。槍鎌でも使っていない限り1撃目だけでも余裕でやっていけます。

レジェンダリーであればいい

武具はもちろん高ランク品のほうが初期値も上昇値も高いのですが、触媒錬成での上昇値に比べれば大した差ではありません。なので、よほど最強の装備を目指している場合でもない限り、レジェンダリー品でさえあれば低ランク品でもどんどん強化してしまってOKです。Lv99までの必要経験値を考慮するなら、むしろ低ランク品のほうがいいかもしれません。

スキルポイントは柔軟に

割と見落としがちなのが、スキルはいつでも「忘却」できるという点。その際にはスキルポイントもすべて還元されるため、特にデメリットもありません。例えば特定のボス戦だけに特定のスキルを使用したいという場合など、状況に合わせてスキルポイントを柔軟に振り直していきましょう。

敵の思考パターン

ザコ敵は個々の行動パターンのほか、障害物がある場合に回り道をするかしないか、初期位置に戻ろうとするかしないかなどの思考パターンも細かく設定されています。特にノートリアスの強敵と対峙する際は、これらを把握していることで川や崖越しに攻撃する、初期位置に戻ろうとするところを攻撃するなどの戦い方が可能になります。

パワー・フォートレス + 10系ディアロー

戦術トーチカの1つである「10系ディアロー」は、今作では完全な戦闘用となったことで、斬撃をすべて任せられるレベルの高性能になっています。威力は武器の総攻撃力から算出されるようなので、属性的にもパワー・フォートレスとの相性が抜群です。この組み合わせで大半のザコ敵に対応できます。

赤蝕台 + 状態異常

状態異常は毒を筆頭に侮れない効果を持ち、特に強力なノートリアスと対峙する際に大きな効果を発揮します。触媒で簡単に付与率を上げられるので、間接攻撃として優秀な赤蝕台との組み合わせが相性抜群です。可能であれば4本のレジェンダリーを用意し、それぞれに特化して付与率を上げていくのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^