終幕 第10章 魔女と終末 ‐ 魔女と百騎兵2

スポンサーリンク

ドゥルガの城

まずは、第9章と同じルートを通ってアドリシュタ洞窟の記録室へ向かいます。
到達すると、次は右部の最深部を目指すことに。

アドリシュタ洞穴

通常マップとしては最後の一区画。ここでようやく初登場するレディリディは、最高経験値の収集品であるラブジュースを落とします。好相性の蝕台と古塔なら1つで約15000の経験値になります。

最深部に到達後、魔方陣に乗ればランダとのラストバトルその1へ。

ランダ

各ファセットの姿の影の百騎兵との5対1のバトル。これまでの総合力が問われる難戦です。ざっくりと以下の仕様があります。

  • 影の百騎兵の撃破がランダへのダメージになる
  • ランダのHPがある限り影の百騎兵は復活する
  • 影の百騎兵たちのレベルは25だが、復活のたびに+5される
  • ランダのHPが少なくなると復活が止まる

このレベルの仕様から、最初は「あれ、弱くね?」と思わせて、気が付けばボッコボコされるパターンが多いです。とにかく手数が多いので立ち止まらず、回避を多用すればそのぶんミスティカルダッジが狙えます。倒す順番は、回復のロードエネミー持ちが厄介なのですが、下手にレベルを上げられてもそれはそれで厄介なので、最初はそれ以外で得意属性が効きやすいファセットを狙っていき、残りHP1/5くらいの百騎兵が復活しない段階になったら倒すのがいいでしょうか。長期戦必至なので、アイテムは必ずフル所持で挑みましょう。

撃破後、影のチェルカとのラストバトルその2へ。

チェルカ

第1章のチェルカと同じ杖、回転、爆炎での攻撃に加え、強烈な黒いビームを放つほか、定期的に一部の円形の床がダメージ床に変化します。注意したいのは連撃性のダメージになる爆炎と黒いビーム。しかし、黒いビームは内側に潜り込めれば攻撃のチャンスにもなります。属性は魔撃が軽減されるのみ。定番の10系ディアローももちろん有効です。

撃破でエンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^