新システム ‐ 魔女と百騎兵2

スポンサーリンク

スキル

  • アクティブ、パッシブ、トーチカの三種類がある
  • トーチカスキルは全ファセットで共通
  • レベルアップで得る「スキルポイント」を振り分けて習得・成長となる
  • 習得したスキルを「忘却」することも可能。スキルポイントはすべて戻ってくる

パッシブスキルは前作にもありましたが、今作では「アクティブスキル」と「パッシブスキル」に分かれ、さらに戦術トーチカも「トーチカスキル」として同列に加わり、そしてそれらをレベルアップで得たスキルポイントを振り分けて習得・成長するという王道的な構成になりました。

オペタイム

  • 攻撃の5撃目を当てると「L1ボタン」で追加攻撃が可能になり、その追加攻撃で敵を倒すと発動する
  • 20前後のAPと、敵に応じたギガカロリーが回復する
  • このAP回復に限り、APの上限が最大「200」まで到達する
  • 敵がかたまっていれば複数体に発動することもある
  • 追加攻撃は無属性?のようで、相性の悪い相手への有効な攻撃手段にもなる
  • 追加攻撃の可能状態は一定時間攻撃をヒットさせないと消滅する

前作の「捕食」に近いシステム。発動までに制約があるぶんデメリットはありません。とはいえ、ギガカロリーの確保にそれほど困らない本作ではあまり出番はないかもしれません。

第三の眼

  • 画面左下の「魔力ゲージ」が最大時に「△ボタン」で発動する
  • 発動の際に衝撃波で周囲を攻撃する
  • 発動中は百騎兵の能力や移動速度が上昇する
  • 発動中はAPが回復し続ける
  • 魔力ゲージは通常攻撃のほか、ミスティカルダッジなどでも取得できる

演出的には前作の「カオスリバレーション」ですが、発動時間は思いのほか短いので、ボス戦では発動のタイミングに注意したいところです。その反面、通常時でも割と気軽に使用できます。

ロードエネミー

  • 一部の敵の周囲に円形で発生している特殊フィールド
  • 文字とマークと矢印の数で大よその効果がわかる
  • 上昇は敵側のみ、下降はこちら側のみ

一部のボスやザコ敵が持つ特殊フィールドで、攻撃力の上昇、特定の属性の耐性、移動速度上昇、自動回復など幾つかの効果があります。基本的に敵側にしかメリットがなく、倒す以外の解除方法もないと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^