光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝 ‐ 攻略チャート (6)

スポンサーリンク

ホルン

他の6つの町のイベントを終えていれば、同じく過去に戻っています。
お城の牢屋付近の扉から魔法研究所へ。

魔法研究所

B1を上に進み、ホルン王と大臣の話を盗み聞いたら一旦外に出て、北の魔女の館へ。
必ず全員にダークシールド等の闇属性の耐性装備を装着しておきましょう。

魔女の館

以前と同じく2Fのロウソクを灯し、入口正面の扉を進み、3Fでグリプスとの戦闘へ。

グリプス

さすがに苦戦要素はありません。「てんばつ」や「とどめ」数発で。

宝箱
「真実のランプ」

撃破すると、ロランが現れてその場を取り成し、「すべてのカギ」をくれ、「真実のランプ」を取りに行くことになります。1F正面の扉の先にあったカギのかかった扉を開けて地下へ。B1ではロウソクが云々という仕掛けがあるので、面倒という人はやはり「答え」を押してください。

答え右下 ⇒ 右上 ⇒ 左上 ⇒ 左下と灯していくと中央下部の扉が開く

その先の宝箱を調べるとドッペルゲンガーx4との戦闘へ。

ドッペルゲンガーx4

全員2回行動であり、ロランのココロで出現するザコ敵とはまるで別物。こちらのパラメータが影響しているのか、場合によってはかなりの攻撃力を持っていることがあります。攻撃は闇属性なので耐性必須。「ミステリオ」の併用も。

撃破後、宝箱から「真実のランプ」を入手。
再び魔法研究所へ向かいます。

魔法研究所

宝箱
星のイヤリング (B4)
とこやみの杖 (B2)
イビルランス (B2)
ダークガ (B3)
黒の本 (B3)

先ほどホルン王と大臣のいた場所への扉が閉まっています。
開けるには、一旦B5まで下ってからのB1にて、別々の方向を向く4体の羊の石像を然るべき順番で触れる必要があります。忘れてしまった場合は下記「答え」を押してください。

答え正面 ⇒ 右 ⇒ 左 ⇒ 後ろ

ホルン王に「真実のランプ」を使えばサタンとの戦闘へ。

サタン

常時4回行動で、ダークラ・ダークガ・ひおうぎなど闇属性の攻撃ばかり使ってきます。さらに初期状態の「剣神のかまえ」時は魔法が、「魔神のかまえ」時は物理攻撃が通用しません。「てんばつ」は魔法扱いなので、「とどめ」とで使い分けましょう。防御面はやはり「ミステリオ」があると磐石です。
また、レアなダークブリンガーを盗めることがあり、マスタリーアートのコンプを目指すならここで取得しておくのがベストです。もう一戦チャンスがあるにはありますが、やはりセーブの近いこちらのほうが格段に楽でしょう。

撃破後、「暗黒剣士」のクラウンを入手。
お城に戻り、お城の王妃の部屋にいるホルン王と話すと最強黒魔法「ミーティア」を入手し、さらにラストダンジョン「星の奈落」が出現する演出が挟まれます。とりあえずスペルビアのロランのもとへ。

スペルビア

ロランと魔王を倒すことを約束します。多分これはスキップしても大丈夫かも。
「星の奈落」はマップの中央付近、ウルペスの南の海上です。神獣ケトスに乗って向かいましょう。

ラストダンジョンへの準備としては、まず「火・水・光・闇」の4属性を防ぐ盾やマントの用意を。あとはもちろんリボンに、幾つかの回復アイテム、ドラゴンのつばさとたいまつも持って行きたいところです。

また、「すべてのカギ」を手に入れたことで、各地にある4つのランダムダンジョンへの挑戦も可能になっています。
が、下手にレベルが上がってラスボスが倒し辛くなっても厄介なので、とりあえず後回しにしておきましょう。興味のある方はエクストラをご参照。

星の奈落

宝箱
フェニックスのお (B1)
リボン (B2)
フレッシュミート (B2)
きくいちもんじ * (B2)
エーテル (B2)
勇者の意地 (B3)
ラッキーエッグ (B3)
ハイエーテル (B3)
エクスポーション (B4)
* デストラップ

入るなり魔王の声が響き、なんとすべてのクラウンが封印されてしまいます。ただし、星の奈落内のみ。外に出れば戻ります。

以降、B1からこれまでの魔王のしもべたちと再戦し、勝利するごとに左上から4つ(初回のみ3つ)ずつのクラウンを順々に取り戻していく流れになります。ただ、これらのボス戦はいずれも避けることもでき、つまり戦う順番は自由に決めることが可能です。特にクラウンなしで戦うことになる初戦は非常に厳しいため、少しでも楽な相手を選びたいところ。

  • B1 … 左にベルフェゴール、右にアスモデウス
  • B2 … 上にリヴァイアサン、下にルシファー
  • B3 … 左にサタン、下にマモン、右にベルゼブブ

こちらがボスの所在一覧。
個人的に初戦はB2下のルシファーがおすすめです。全員ホーリーシールドを装備していれば大半のダメージは「ルクス」のリジェネで相殺でき、2回という行動回数もこの中では易しいレベル。浮かび上がって「さばきのいかずち」とエアロガを連発されると厳しいですが、全滅の危険性は一番少ないと思います。光属性は吸収されるので「光の剣」で挑まないよう注意を。

1体倒すと「白魔法使い」が返ってきてだいぶ安定感が増します。次は単一属性の攻撃手段しか持たないベルフェゴール、サタン、マモンが戦いやすいのではないかと。究極的にはその敵の使用する属性を盾とマントで無効化した2名のキャラで押し切ることも可能です。

3体のボスを倒せば「精霊使い」が返ってきて、これでこれまでとほぼ同じ戦い方ができるようになります。必要なクラウンさえ取り戻したら、残っているボスはそのまま無視してしまうのもいいでしょう。

B4にて最後のセーブポイント。
B5以降は宇宙空間のようなところへ。渦巻きを利用して進んでいき、B8でラスボスカオスとの決戦へ。

推奨クラウンはやはり「勇者・勇者・白魔法使い・精霊使い」で、盾はホーリーシールドかダークシールドのどちらかを。勇者の2人は必ず「とどめ」を付け、ブランドのほうには「光の剣」も。ユニータは「いのる」「ケアル」「エスナ」「アレイズ」「ルクス」、アイレは「ミステリオ」と適当に回復系があればいいかと。

カオス (第一形態)

道化師な第一形態。行動回数は2回。早々にシェルやマジクで自身を強化し、以降はダーク系やバニシュ系の魔法を使ってきますが、特に強烈な攻撃はありません。ただしHPはそこそこ豊富。ユニータは次戦の「ルクス」のためにもAP4以上で終わりたいところです。

カオス (第二形態)

マッチョな第二形態。行動回数は同じく2回で、物理の「はえたたき」や、「ほのお」「つなみ」「いかずち」「じしん」といった多彩な属性の全体攻撃を使ってきます。「ミステリオ」必須。もちろん「ルクス」も。

そしていかにもな展開になり、全員のHP・APは全回復。
いよいよ第三形態との最終決戦へ。

カオス (第三形態)

アレクサンダーな第三形態。まずは左うでと右うでの2本の相手から。それぞれ1回行動で、左うでは状態異常の魔法、右うでは物理攻撃をしてきます。どちらもHPはそれほど高くはありません。
そして本体は2回行動で第一・第二形態の使用した属性攻撃のほか、回復のケアルラ、物理の全体攻撃「ビックバン」、また低確率で誰か一人を数ターン離脱させる「ブラックホール」を使ってきます。防御・回復を中心に凌ぎつつ、隙を見て「とどめ」を重ねていきましょう。「ミステリオ」が途切れないように。

エンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^