光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作はFFシリーズの外伝として、2009年に発売されました。
「古き良き時代のRPGを最新技術で創り出す」をコンセプトに開発された作品で、クリスタルやドラゴンなど初期のFFの要素が多く見られるばかりか、昼夜の移り変わりや仲間を引き連れる移動画面、またアイテムやクラウンの名称の幾つかにドラクエシリーズの要素も見られ、ある意味では最も「スクウェア・エニックス」を体言している作品と言えるかもしれません。

基本事項

  • セーブデータはひとつ
  • セーブは各所の冒険家に話しかけて行う。「はい」一回で上書きする点に注意
  • アイテムは個別所持かつ1人15個まで
  • 売値は物によって買値の1/2から1/10までバラバラ
  • 装備中のアイテムは売れない・預けられない
  • 上画面のメンバー一覧のそれぞれの右下には装備武器の属性が表示される
  • 「ためる」は防御も兼ねる
  • 「にげる」はアビリティのひとつなので素では行えない
  • 戦闘中に「Xボタン」でオートモード
  • こちらの誰かのピンチのほか、ボスのピンチでも戦闘BGMが変化する
  • 全滅すると所持している宝石のどれか一種類が半分になる
  • 強力なアビリティや魔法を使用すると敵から狙われやすくなる
  • 毒以外の状態異常は戦闘終了後に治る
  • 属性は「火・水・土・風・光・闇」の6つ。サンダー系は光属性

対象の指定はできない

本作の特徴的な仕様のひとつ。攻撃や回復でさえも対象を指定することはできません。
ただ、攻撃に関しては前列と後列の概念があり、「剣・短剣・斧・本・杖」は前列を、「槍・弓・楽器・針」は後列を優先するようになっています。魔法とアビリティにも同様の概念があり、詳細はそれぞれの魔法・アビリティの右下に「前」「後」と記載されています。

気合

本作のぼんやりとした概念にこの「気合」というものがあります。APのことではありません。
これは他作品で言う「テンション」に近いものであり、あそこまで顕著なものではありますが、一応ステータスにも影響を及ぼす模様です。ボス戦は上がりやすいらしく、よく最初のターンで全員が「気合が入った!!」と黄色い光を放つ光景を見ることがあるかと思います。
また、この「気合が入った!!」状態で複数のキャラが攻撃や同じ魔法を使用すると「同時攻撃」が発動することがあります。上記条件からボス戦の最初のターンほど発動しやすく、序盤のグリプスや後半に4人揃ってからのボス戦は、まずこの4人同時攻撃で大ダメージを与える戦法もありかもしれません。

宝石

本作における宝石は、「金策としての売却」はもとより、「クラウンの強化」「武具の強化」という非常に重要なファクターとなっています。

  • 戦闘終了後に4つまで入手できる
  • 戦闘中に商人の「さがす」を使用する
  • 戦闘中に商人の「たかのめ」を使用する

入手方法は上記の3つ。
敵によって入手できる宝石の種類は決まっており、特に最高価値の「ダイアモンド」はスペルビアのロラン以降のボス戦でしか入手できません。
また、それぞれ99個までしか所持できないので、カンストする前に売るなり使うなりしてしまいましょう。

属性耐性

  • 1つのみ ⇒ 半減する
  • 2つ重複 ⇒ 無効化する
  • 3つ重複 ⇒ 吸収する
  • 4つ重複 ⇒ 魔法のみ跳ね返す

本作における重要事項。
属性の耐性を上げるには「盾を装備する」「マントを装備する」「精霊使いになる」「精霊使いのミステリオを使う」などの方法があり、さらにそれぞれは重複し、その重なり数によって上記の効果に変化します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^