光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝 ‐ 裏技・小ネタ

スポンサーリンク

開発室

夜のリベルテの町側は通常は渦が発生しているため行くことができませんが、町側でセーブをして夜に「ドラゴンのつばさ」を使えば行くことができ、そこでは町の人々が開発スタッフに変わっています。開発に関する話や、隠しクラウンと属性の耐性についての情報を聞くことができます。
なお、これは序盤のアイレ&ジュスカパート時限定のようです。

魔法の名称を変更する

場所にして全体マップの中央左端のあたり、徒歩ではエルバから西へ進んだ場所に廟のような建物があり、そこにいるネミングウェイと話すと各魔法の名称を変更することが可能です。制限がたったの5文字なのでそれほど自由度はありませんが、ブリザガを「エタフォ」などに変えてみてはいかがでしょう。

「まほうのカギ」で入れる場所

カギの入手以前に登場する箇所のみの記載です。

  • ホルンの風車小屋 ⇒ 「エクスポーション」と「ハイエーテル」の宝箱のほか、情報屋のシド(後述)がいる
  • ホルンの城の牢屋 ⇒ 「ソウルオブサマサ」の宝箱
  • グーラの民家   ⇒ 動物たちから情報が聞ける
  • リベルテの民家  ⇒ 「ソウルオブサマサ」「しびれるハープ」「ばんのうやく」の宝箱
  • ウルペスの道具屋 ⇒ 前半は攻撃アイテム、後半は闇魔法が売っている

情報屋のシド

  • プレイ時間
  • バトル回数
  • 宝箱収集率
  • 最大ダメージ
  • 歩いた歩数
  • 調べた回数

ホルンの風車小屋の中にいて、上記6項目のプレイデータを教えてくれます。
これらはクラウン「記録士」の性能にもかかわってきます。

「うんだめし」の効果

  • 味方全員のHPが全回復する
  • 味方全員のAPが最大になる
  • 味方全員の攻撃がクリティカルになる
  • 敵が全滅する
  • 何も起こらない
  • 味方全員のAPが0になる
  • 味方全員の補助・状態異常が消える
  • 敵全体のHPが全回復する

遊び人の★2で習得できるアビリティ「うんだめし」の効果の一覧です。
一部の効果はボス戦では発生しない模様。

「オニゴロシ」の活用

後半にドラゴンで移動できる段になったら、動物の小道にてまずクモの巣に引っ掛かっているリリィベルを助けてあげ、その後に入り直すと、同じ場所にいつぞやにアイレが瞬殺された「オニゴロシ」が出現するようになります。

攻撃力はラスボスを遥かに凌駕しますが、倒そうと思えば「エナジースクリーン」を装備するなり学者の「じゃくたい」を使用するなりと、それなりに方法は存在します。
ただ、倒したところで特にメリットはなく、また盗賊の「ぬすむ」で優秀なアクセサリーの「リボン」が、商人の「さがす」と「たかのめ」では最高価値の「ダイアモンド」が入手できるため、これらの全滅を前提とした稼ぎ手段として利用するのが最適な共生の道だと思います。

やり方は、一人でもすっぴんがいれば全滅のデメリットがなくなるので、残りの3人で「ぬすむ」やら「さがす」やらをし、全滅と再戦を繰り返すだけ。「ジュエリーマニア」でもすっぴんと同様の効果がありますが、このためだけに取得する必要はないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^