登場人物 ‐ エメラルドドラゴン

スポンサーリンク

アトルシャン関俊彦

本作主人公。ドラグリアの龍族。18歳。
ドラグリアで数百年ぶりに生まれたブルードラゴン。縁あってタムリンと共に成長期を過ごし、タムリンがイシュバーンへ帰る際は自身の角笛を授けます。

タムリン笠原弘子

本作ヒロイン。18歳。
ドラグリアに突如現れた難破船の唯一の生存者。そのときのショックで記憶喪失に。そのまま12年間をドラグリアで過ごすも、人間としての幸せと、自身の出自を求めてイシュバーンに戻ります。ちなみに白龍様に名付けられたこの名前は龍族古来の言葉で「清き者」を意味するとのこと。

バルソム

元エルバードの近衛兵。
フラワルド男爵の不審な点を見抜いて問い詰めるものの、逆に冤罪をかけられて追放され、ウルワンの町の酒場で飲んだくれています。汚名返上後は近衛隊隊長として復職。

バギン

老齢の魔道士。
かつては魔軍に在籍していたところ、ファルナの実の父であるフィトマによって改心し、フィトマの死後はファルナの育ての親になることに。後にフィトマとの約束を果たすため、単身でゴーメズの討伐に向かいます。

ハスラム

エルバードの王子。22歳。
甘いマスクを活かした軟派癖を持つ困った王子様。本作では頑なに「王子様」としか呼ばないファルナに対して「名前で呼べ」というオリジナルのやり取りが追加されています。

ファルナ

ハスラムのお守り役の修道女。20歳。
上記の通り、ハスラムに対して頑なに「王子様」という身分を強調した呼び方を繰り返しますが、ハスラムが閉じ込められたとされる黒水晶が割れるや戦意を喪失してしまうほどのツンデレさん。ダードワの森のナナイの村出身で、本来はゴーメズのいけにえになるところ、両親によって逃がされます。

ヤマン

ダードワの村の酋長の息子。
戒律に縛られた村に生まれ育ちながら、その戒律に疑問を持ち、自らの判断で一行に加わる好人物。しかし、本作では何があったか退場の仕方がとんでもない理由に改悪され、軽い語り草となっています。

ホスロウ

レジスタンスのリーダー。
老いて益々壮んな白髪隻眼の武人。「完璧な作戦」を得意とし、自ら陣頭に立って魔軍との戦いに臨みます。妻と娘をオストラコンによって殺された過去を持ちます。

カルシュワル

レジスタンスの戦士。
火の英雄と言われた父を持つ有能な武人。その父を卑劣な毒殺に処したオストラコンを恨んでいます。

サオシュヤント

風の英雄と呼ばれる人物。
放った矢は丘を吹き飛ばすと言われるほどの弓の達人。師フシュルヌムから賜った専用弓をオストラコンに奪われ、それを取り戻すため一行に加わります。

ワラムル

バージルの天才医者。
黒水晶に閉じ込められたハスラムを救うための材料を取りに行く際にちょっとだけ加わるスポット的な仲間キャラ。専用の体防具は最高の防御力を持っていたりします。

その他

ここの全員、PCエンジン版では専用の顔グラがあります。

白龍
ドラグリアの長。アトルシャンの祖父。
タムリンにイシュバーンへの帰還を勧めることで、一時はアトルシャンから恨まれます。本作ではイシュバーンに着いてからも龍の印からちょっとした助言を聞けるように。
ウルワンの長老
ウルワンの町の長老。
タムリンに魔法を教えてくれた人。本作では序盤のイベントで命を落としてしまう一方、とある裏技を用いることで一級品のアイテム群を授けてくれます。
フラワルド
エルバードの男爵。
魔軍と内通しており、そのことをバルソムに嗅ぎつかれるや、冤罪を着せて追放する下衆野郎。
サダ
エルバードの剣士隊長。
国王やハスラムからの信頼も厚い剣士。妻と2人の子持ち。
タップ
キルデールの町の老人。
瀕死の重傷を負ってもワインひとつで平癒してしまうほどのワイン好き。実はレジスタンスの一員。
銀龍
龍族のひとりで「銀のうろこ」の元持ち主。
オヴィングストンの洞窟の地底湖にて、一行にエメラルドグレイスを集めるよう説いてきます。
トマス
レジスタンスの一員。
たまに一団を指揮したりとそれなりの立場ですが、PCエンジン版の顔グラはものすごい「下っ端」顔です。
フワル
ダードワの森の妖精。
アヴェスタやホルスなどの重要な情報を教えてくれる人。本作では固有のサブイベント「ゴーストタウン」に入るためのカギも授けてくれます。
フシュルヌム
ヘルロードの山に住む仙神。
サオシュヤントのお師匠様。情報を教えてくれるたびに微妙な距離を移動する妙な癖を持ちます。エメラルドドラゴンとは友人の間柄。彼自身も2000年は生きているということから、龍族かホルスのどちらかかと思われます。
海の巫女
カシャ島の神殿の巫女さん。
山の巫女とは双子の姉妹で、ともにホルス族。タムリンにとある事実を伝えます。
山の巫女
マルギアナの東の山の神殿の巫女さん。
こちらはサオシュヤントに自らの血で装飾したというハードな鎧を託します。
パラゴ
オストラコンの部下の一人。魔闘鬼。
ザーマの砦にて待ち受けます。ハゲ頭の筋肉バカ。
エルム
オストラコンの部下の一人。魔邪鬼。
怪しい三つ目を持つ魔道士系。意外に耐久力が高め。
バシタ
オストラコンの部下の一人。魔戦鬼。
素早い動きで双剣を操る強敵。
オストラコン
魔軍の将軍。
ホスロウの妻娘を殺害し、カルシュワルの父を毒殺し、サオシュヤントの弓を盗み、取引は普通に反故にし、それ以外にも各地で悪評を残す本作最大の下衆野郎。しかしイケメンだからなのか、どこか憎めない面もあります。
ガルシア
魔王。
ジェシル
ホルス王家に仕える剣士。
ティリダテスから逃れるため、王家の方々を船に乗せた人。エンディング後は消息不明に…。ちなみに本作のドット絵だけではわかり辛いですが、やや年齢不詳の男性です。
ティリダテス
ホルスの宰相。
宰相の立場でありながら王家を亡き者にしようとした典型的な逆臣。タムリンの船を沈めたのもこいつ。
エメラルドドラゴン
本作のタイトルでもある龍族の英雄。
真のラスボスとしか思えない演出で登場します。
スポンサーリンク