攻略チャート (5) ‐ エストポリス伝記

スポンサーリンク

ソシエテ

特にイベントはありません。必要なら宿泊や買物をし、周囲の渦から海底へ。

虚空島の海底洞窟

海底には北・南西・南東の3つの洞窟がありますが、どこに入っても中央部分に出られますし、北と南東は内部でも繋がっています。宝箱全回収を目指すならすべて回っていきましょう。なお、海流はメニューを出すことで強引に無視することが可能です。

ディオスの神殿(海底)

プロローグの地。宝箱はプロローグでの取得状況に関係なくすべて最初から開いています。

また、ここに出現する「ヒドラ」が、主人公とアグロスの実質の最強剣であるたいこのつるぎを落とします。例の如く確率は低いですが、回復ポイントもあるので、レベル上げを兼ねて狙ってみるのもいいんじゃないかと。なお、この神殿はイベント後に移動しますが、ヒドラは今後も別の場所に出現します。

ほどなくデュアルブレードを入手すると、ガデス、アモン、そしてディオスが現れ…。その後、虚空島が再び浮上したりして、自動的にソシエテの宿屋に戻ります。シャイア第3研究所へ。

シャイア第3研究所

浮上した虚空島に対抗するため、ファルシオンを飛行可能にする「パワーオイル」を求めてマースの北にあるエプロへ向かうことになります。

エプロ

下段右上の道具屋を訪ね、そのあと街を出て北にいるヘッジに話を聞くと、オイルの洞窟に入るための「オイルのカギ」をくれます。オイルの洞窟へ行くには、エプロの北にある渦から海底を経由する必要があります。

エプロ北の海底洞窟

虚空島の海底洞窟よりはわかりやすい構造だと思います。抜けたら浮上して北側に上陸し、西に見えるオイルの洞窟へ。

オイルの洞窟

こちら比較的素直な構造ですが、最深部にボスのオイルドラゴンが待ち受けます。

オイルドラゴン

全体攻撃の「ほのおのいき」のほか、全体素早さ減少のオイルブレスやミラールの魔法を使用してきます。基本的にかぜのフルートがあれば問題ないと思いますが、ある程度ダメージを与えると「ほのおのいき」の威力が上がるので、下げられた素早さはすぐにフェイクでカバーしておいたほうが安全です。

撃破後、宝箱からパワーオイルを入手したら、シャイア第3の南にあるフレデリアへ。

フレデリア

第4研究所にいるライール教授にパワーオイルを渡すと、ファルシオンが飛行可能になります。教授の感動的な見送りの言葉を聞いたら、まずはすぐ西のアルバスへ。

アルバス

最後の街だけあって、市販最強の装備とエクスポーションやエクスマジックが売っています。ここより先にお金の使いどころはないので存分に買っておけばいいと思います。

北西のグラスダール塔の上にある虚空島へ向かうのですが、空からでは乱気流に阻まれて近付けないので、洞窟から塔を目指すことになります。左上のほうの男性にタプローズを渡すと聞ける情報の通り、まずは洞窟のカギを求めて塔の北にある別の洞窟へ向かいましょう。

グラスダール塔の北の洞窟

まず、ここに出現する「バリアント」が、ルフィア以外の3人の最強兜たいこのかぶとを落とします。光の塔で1つ入手している場合もあるかと思いますが、多いに越したことはありません。

目的の「グラスダールキー」は、これまでと同じようにレバーでワープの行き先を切り替えた先のB3の宝箱にあります。入手したら、グラスダール塔の南西の洞窟へ。

グラスダール塔の南西の洞窟

B1の2ヶ所の上から入る小部屋はやや見逃しやすいので注意。右のほうには回復ポイントがあります。仕掛けらしいものは特になし。抜けたらグラスダール塔へ。

グラスダール塔

各階、塔の外周である回廊を経由して上がっていく構成です。5階の右の小部屋のワープの先には回復ポイントがあります。活用を。

  • XXX → 2階の宝箱へ
  • ○XX → 4階へ
  • X○X → 最上階へ
  • XX○ → 2階の宝箱へ
  • ○○X → 4階へ
  • ○X○ → 3階へ
  • X○○ → 5階の大量の宝箱へ
  • ○○○ → 6階の奥へ

6階のワープは3つのスイッチの押し状況によって上記の通り行き先が変化します。正ルートは「X○X」。いずれも一方通行なので、宝箱を回収した場合は徒歩で戻ってこなくてはなりません。

また、この塔のクリア後はルフィアが抜ける&デュアルブレードを失うといった大きな変化が起こるため、やり残しやレベル上げ等を行うならここが最後のタイミングと言えます。セーブも別欄に残しておくと安心です。

最上階の中央のスイッチを踏むと、ナザビーと戦闘へ。

ナザビー

各種の全体攻撃魔法が中心。基本的に男性陣が攻撃、女性陣がかぜのフルートで問題ないのですが、残りHPが少なくなると全体即死のデ・バイルを使ってくるので、万全を期すなら全員にミラールを張り続けると安心です。

撃破後、上述の通りルフィアが離脱してデュアルブレードを失い、虚空島がアルスの村の北西に移動します。主人公の武器を調達してすぐに向かいましょう。適当な位置に着陸すると、途中に神殿があります。

ほこら

序盤から来ることができた中継点的なほこらは、実は虚空島にある神殿だったという見事な構成。南北に抜けられるようになっており、老人は回復のほか最後のセーブポイントにもなってくれます。また、中央の4つの扉で開けていないものがある場合、「グラスダールキー」でこちら側からでも開けられます。

ディオスの神殿

プロローグを含めると合計3度目の訪問となるラストダンジョン。宝箱が復活しており、いずれもプロローグと同じ中身となっています。

最深部で壊れたデュアルブレードに近付くと四狂神が現れ、なんやかんやでデュアルブレードの再入手となり、そのままラストバトルへの連戦に突入します。ガデスとアモンとの戦闘後は回復が可能です。

ガデス

通常攻撃のほか、痛恨的な「はかいのいちげき」と、自身の攻撃力を上げる「ししゃのうらみ」を使ってきます。アグロスが攻撃、ジュリナが回復と補助、主人公は状況に合わせてという感じで。

アモン

ウオ・ルド、ラ・ギアン、ドリッドの魔法を使ってきます。ミラールを張り続ければ防御も下げられてお得。主人公は切れ目に食らったダメージの回復を。

ディオス

各攻撃系の最上位とドリッド、エスリトの魔法のほか、全体麻痺の「きょうふのきおく」を使ってきます。ただ、これも魔法扱いなので、アモン以上にミラールを張り続けるのが安全で有効な戦術となります。

撃破後、ルフィアが再加入し、ガルディオスとのラストバトルへ。

ガルディオス

痛恨的な「はかいのいちげき」、各最上位の攻撃魔法、レ・ギ系の最上位で敵専用のエルギオン、全体混乱の「カオスブラック」、全体即死の「ぜつぼうのさけび」などを使ってきます。「はかいのいちげき」以外はすべて反射可能なのでやはりミラールを絶やさないのがベスト。また、「しずかなるこんとん」という何も起こらない?行動もあったりします。

エンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^