登場人物 ‐ 弁慶外伝

スポンサーリンク

鬼若

本作主人公。読みは「きじゃく」。
普通の子供の倍の速度で成長したらしく、その設定の反映かレベルの上がる速度も速いです。冒頭では元気よくしゃべるのに、それ以降は「…」と「!」くらいしか台詞?がなかったような。能力は攻撃も法術もいける主人公的。

三郎

伊勢三郎。おコトの父。
本作では衣川の戦いを唯一生き残り、かすみの一味の頭目となって魔物に対抗しています。グラフィックは「天地を喰らう」の関羽と紙一重といったところ。法術は使えない物理担当の一人目。

沙夜香

出羽の村で最も霊力が高い女性。
豊富な法術と法力で頼れる反面、耐久力は低めです。並び順は必ず最後尾に。

弁慶

武蔵坊弁慶。タイトルキャラ。
最初は「呪殺界」という場所に魂を封じられており、ちゃんと光の入った「黄金の刀」を用いることで仲間に加わります。法術は使えない物理担当の二人目。タイトルキャラなのに主人公でなかったり、肉弾戦能力に特化していることから若干ヘラクレスの栄光2~4のヘラクレスと立ち位置が被ります。

法眼

林省寺で孤児を育てているお坊様。
終盤で三郎にかわってスポット加入します。この世にただ一人とされる究極呪法「邪極無転」の使い手。

義経

源義経。頼朝の弟。牛若丸。
弁慶と同じく「呪殺界」に封じられており、最終決戦の直前に仲間に加わります。

その他

与市
林省寺の寺坊主。実はかすみの一味の一員。
おコト
林省寺の女児。三郎の娘。
本作はこの娘が魔物にさらわれるところから始まります。
吉次郎
金売吉次。金屋の主人。
本作では情報や「金屋の紋章」で一行をサポートしてくれます。
助五郎
元かすみの一味の頭目。
ちょっとしたホラー展開を演出します。いつからだったのでしょうか。
セイラ
出羽の村で沙夜香の次に霊力が強いとされている女性。
終盤はラファエルと共に林省寺にはせ参じ、回復を担当してくれます。
天輪
林省寺の地下で即身仏となっている御方。「黄金の刀」に光を入れてくれます。
闇ぐも角ベエ
助五郎の兄弟でもある盗っ人。
海尊
常陸坊海尊。
本作ではとあるボスの正体となっています。
ダンテ
エゾに屋敷を構える不死身の魔法使い。「覚醒の炎」を授けてくれます。
ラファエル
自身を義経と思い込んでいる不死身の魔法使い。
終盤はセイラと共に林省寺にはせ参じ、記録と転生を担当してくれます。
頼朝
源頼朝。義経の兄。
いつの間にか「いい国」ではなく「いい箱」を作った人になりました。
スポンサーリンク