ロマンシング サ・ガ2 ‐ 登場人物

スポンサーリンク

レオン

作中におけるアバロンの初代皇帝。ジェラールとヴィクトールの父。
息子たちの年齢からのそれなりの中年と思われますが、衰えなど微塵も見せず自ら戦地へと赴きます。ソウルスティールの性能と伝承法の性質を知るや、ジェラールのために躊躇いなく捨て石となる偉大な人。

ジェラール

アバロンの第二皇子。
序盤の主人公的存在です。戦闘適性ゼロのパジャマもやしっ子でありながら、初の伝承法の被験者となり、アバロンの礎を築く名君となります。この序盤の流れは物語の掴みとして本当に秀逸だと思います。

ヴィクトール

アバロンの第一皇子。
ジェラールと違ってレオンの武才を受け継いでいる模様です。しかしクジンシーのアバロン襲撃の際、ソウルスティールを食らって早世します。流し斬りに絶大な信を持つ台詞はあまりにも有名。

オアイーブ

オリエンタルな雰囲気を持つ女魔道士。
レオン、及びアバロンに「伝承法」を授ける重要人物。その正体は古代人であり、七英雄に対する負い目からこの世界に留まり続けています。

兵士

ジェラールが継承直後に出陣するときの兵士のこと。
完全なモブキャラでありながら、ヴィクトール、レオンと主要人物が逝去し、ヘクターが帝国を見限る素振りを見せるなか、ジェラールの雰囲気の違いをいち早く察したのか、「ジェラール様の‥‥」で一拍間をおいたあと、「皇帝陛下の御出陣!御出陣!」と声高に宣言し、本作屈指の名場面を創出します。

ヒラガ

ソーモンの天才発明家。
鳥人間コンテスト用の機体から、開閉式の大橋、口の悪いロボットなど幅広いからくりを発明します。公式絵では偉そうなヒゲを生やしたご老体ですが、作中ではマスクとエプロンを付けた掃除中のおばさんにしか見えません。

コッペリア

ヒラガが作成する口の悪いロボット。
唯一の任意加入な固有キャラで、自動行動かつLP99という個性的な性能を持ちます。仲間にした次の世代では皇帝にすることも可能。実は女性性であり、ソーシャルゲームのエンサガではこんな絵こんな絵になったりしています。

ハロルド

カンバーランドの王様。
3人の子供がそれぞれの才能に恵まれたため、後継ぎを決めかねるという一応は嬉しい悩みを抱えています。こちらが助言を与えると、その夜にサイフリートの手にかかって急死。皇帝もびっくりです。

トーマ

ハロルド王の末っ子。
誰からも好かれるという天性のコミュ力を持ち、なんやかんやありがらもカンバーランドの後継ぎとなります。

サイフリート

カンバーランドの大臣。
七英雄と裏で繋がっている典型的な悪大臣で、カンバーランドを掌握せんと暗躍します。ハロルド王を暗殺したのも恐らくコイツ。戦闘ではラーマと一緒に出現すると完全に紛れます。永遠の命を渇望している模様。

海の主

ワイリンガ湖に棲む水棲生物。
娘をスービエから守ろうとするあまり、ヴィクトール運河を急行してレオンブリッジを破壊します。「海風貝」があれば会話が可能。本人も言っている通り、戦闘時の強さは七英雄に引けを取りません。どうでもいいですが、自分は戦闘時のグラフィックから長らくのあいだ尻尾側が前だと思い込んでいました。

ギャロン

武装商船団の一員。
こちらはスービエと繋がりがあり、その資金力?から船団の人気者となって反帝国勢力を形成します。戦闘能力はからっきし。ヌオノから逃亡後は海の主に沈められ、亡霊となって南ロンギットに怨みの嵐を引き起こします。

クィーン

白アリの女王。
サバンナの地下に巣食う恐怖の生物。討伐後も卵の1つを皇帝に引っ付かせ、長い時をかけてアバロンを侵食します。実はかなり息の長い種族のようで、七英雄とも繋がりがある模様。

サグザー

移動湖の遺跡にいる人。浅草。
古代人の一人で、ノエルとは友人の間柄の模様。このことや、忘れられた町にいないことからも、オアイーブたちよりも七英雄に近い立ち位置であったことが窺えます。目の前で殺し合いが起きようと友人が殺されようと、淡々と遺跡の情報を教えてくれる冷静な人。

魔道士

コムルーン島に住む魔道士。
古代魔術書が眠る島を浮上させるため、コムルーン火山を噴火させようと画策しています。怪しげな仮面が胡散臭さ満載ですが、就寝中の「タダイマ ネムッテ オリマス」が妙に可愛らしくもあります。

セキシュウサイ

アト王の側近の老将軍。イーストガードのジュウベイの祖父。
ヤウダ最高の武人であり、亡国の策と知りながら最期までアト王に付き従い、皇帝との一騎打ちに敗れるとアト王の助命をもって事切れる忠義の人。逆に皇帝を退けた場合はアト王を逃がして切腹するという展開も。次作で正式に技として登場する「無刀取り」を使います。

アト王

チョントウ城の王。
強気に追い返した皇帝を恐れるあまり、交戦中のワグナスと手を組んで漁夫の利を狙おうとする身の程をわきまえない愚王。しかし、降伏時の台詞はそれなりに反省の色が見えるような。ちなみにこの名は三国志演義の愚帝である劉禅の幼名「阿斗」からとされています。

クジンシー

七英雄の一人。新宿。
凶悪な必殺技を持ちながら、嫌われ者との評判で、言動からも卑屈さが窺えます。

ボクオーン

七英雄の一人。新大久保。
人形好きのご老体。ヒラガとは意気投合するか強烈に同属嫌悪するかになりそうです。

ロックブーケ

七英雄の紅一点。ノエルの妹。池袋。
男を片っ端からテンプテーションしていく女王様。

ダンターグ

七英雄の一人。五反田。
登場時期によって4つの形態を持つ七英雄の脳筋担当。ぶちかましやグランドスラムといった全体攻撃と、何より限定ドロップの「デストロイヤー」の存在が多くのアイテムコレクターを苦しめます。

スービエ

七英雄の一人。ワグナスの従兄弟。恵比寿。
恵比寿を逆にしてみる ⇒ スービエ ⇒ 冷え ⇒ 水担当となったんじゃないかと勝手に想像しています。

ノエル

七英雄の一人。ロックブーケのお兄様。上野。
礼儀正しい優等生的な常識人に見せかけて、ロックブーケの撃破後の豹変はシスコンの素質を感じさせます。

ワグナス

七英雄のリーダー。品川。
選択肢によっては浮遊城から無傷で返してくれる親切さは有名です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^