登場人物 ‐ 貝獣物語

スポンサーリンク

主人公

火の貝の勇者。異世界から召喚された少年。デフォルトネームは「リッキー」。
魔法は合体魔法しか使えないかわり、抜けた前衛能力を持つ攻撃の要。特技もVPを消費して放つ攻撃系であり、レベル8で「ドラゴンハンド」を習得し、以降「ダブルハンド」「メガトンパンチ」と進化します。

クピクピ

大気の貝の勇者。カラフルな貝を被っています。
回復系の魔法を多く覚える僧侶的な立ち位置。また、初めから特技の「セーブ」を習得しているため、これにより本作は実質どこでもセーブが可能になります。

ポヨン

水の貝の勇者。心配されるほどボーッとした顔立ちをしています。
これでも主人公に次ぐ攻撃力を持ち、装備の恵まれ具合から防御も高い前衛キャラ。MPは低いものの少しの魔法も扱えます。特技はどこかしらの町に飛ぶ「ランダムワープ」。飛び先は結構な偏りがありますが、ルーラ的手段のない本作では移動手段として重宝します。習得はレベル11。

バブ

大地の貝の勇者。一番シンプルなデザインをしています。
こちらは魔法使い的な立ち位置ですが、本作の攻撃魔法はあまり利用価値がないのが残念です。特技はVPを消費してほぼ必ず逃走できる「エスケープ」。合流など、特定の場所へ急ぎたいときに重宝します。消費量は単身のときは最大VPの約25%ですが、仲間がいるときは必ずVP1となります。

その他

バナナ姫
ローランのお姫様。
勇気のある人はとっても素敵だそうです。
メロン王女
レハレッタの王女様。
バブが攻撃魔法をたくさん覚えることを教えてくれます。バナナ姫にくらべると落ち着いている感じ。
キウイ
ゼゼペットの孫娘。
パタンタの町で、プカシップに乗ってどこかに行ってしまった祖父を心配しています。
ゼゼペット
プカシップを持つ老人。
プカシップごとモビービックに食べられ、体内に遭難しています。マグロの群れの夢を見るほどお腹を空かせていますが、プカシップを求める一行に早口の挑戦をしてくるあたりまだ余裕がありそうです。
ヨーダダ
とあるほこらのおばば。
浮遊城の跡地に入るのに必要な「ひかりのカギ」を持っています。
人魚
人魚のほこらにいる人魚。
ダゴンに求婚を迫られているところを助けてあげ、「ミミズのナミダ」をあげると力を取り戻し、お礼として「サザエの戦車」を出してくれます。文字だけだと何が起こっているのか意味不明です。
ラバン
ファットバジャーの城にいる鍛冶屋。
然るべきアイテムを持ち込むことで「あいのつるぎ」を作成してくれます。
サーガ
ファットバジャーの城にいる老剣士。
二刀流の極意的なことを教えてくれます。
ファットバジャー
ラスボス。
ブッハハハハハハ!と変な笑い方をします。
スポンサーリンク