基本情報 ‐ 貝獣物語

作品概要

貝獣物語シリーズの初代作。
火の貝の勇者として異世界から召喚された少年と、貝獣島からやってきた大気・水・大地それぞれの貝の勇者である3匹の貝獣が、大魔王ファットバジャーを倒すために奮闘します。

パッケージがかなり大きく、カセットのほか主人公たちのフィギュアや全体マップに、後半まで開けてはいけない「涙の密書」という封書が入っており、ゲームと付属品を連動させる試みは当時にして斬新だったと思います。また、2020年にはナムコットコレクションのDLC第2弾として配信されています。

基本事項

  • セーブデータは1つのみ
  • セーブは町の目覚めの部屋やクピクピの特技で可能
  • ホテルはサインするキャラによって料金が変わる
  • 装備品は強制装備。下取り形式でしか売ることができない
  • 道具の所持は1人5個までだが、サンドラットの購入で実質8個に増える
  • 戦闘は味方全員か敵全員のどちらかが先に行動する
  • 戦闘コマンド「まもり」はほぼダメージを受けない
  • 敵は目の前のキャラを優先的に攻撃する
  • 敵は攻撃対象が複数いる場合、同じキャラを連続で攻撃することはない
  • 敵はVPが残り少なくなると瀕死グラフィックになり、攻撃力も若干低下する
  • 特定の敵構成は「サイフ」を落としてパールが多めに手に入る
  • 毒は1歩ごとダメージを食らううえに攻撃力も半減する
  • 溶岩は1歩14ダメージ。入ったときではなく出るときに食らう

初期配置と合流

4人の勇者はそれぞれ大陸のほぼ四隅にあるお城からスタートし、「パス」で操作を切り替えることができます。まずはこの4人を合流させるのが最初の目標。合流は隣接して「はなす」→「あう」とすればOK。合流後でも「はなす」→「わかれる」で再び離れることも可能です。

ばしょ

コマンドの「ばしょ」は現在位置のざっくりとした座標を表示し、付属の全体マップと照らし合わせるものとなっています。座標は4人の開始位置のお城を四隅とし、16x16マスを1ブロックとして、縦1~12、横A~Pの192ブロックで表現されます。左上端が「1:A」。付属のマップがなくても大まかな現在位置を知ることは可能です。なお、海上などこの192ブロックの外側も十分移動可能範囲ですが、座標は「?:?」と表示されます。

悪魔の罠

主に陸地間を繋ぐ通路で発生するミニゲーム。早い話が簡易のシミュレーションRPGであり、仲間を個別で1歩ずつ移動させ、敵と当たるとタイマンバトルが発生し、ボスを倒せばクリアとなります。基本的に難しい要素はありませんが、終盤に1回だけ敵が強いハイレベルなパターンがあります。

なお、本作はこの悪魔の罠の関連で少々重めのバグが存在します。詳細は裏技・小ネタをご覧ください。

スポンサーリンク