裏技・小ネタ ‐ ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙

特技の習得場所

けん 復興後のスパルタの中央右上の家
トランティア城の地下
おの ドリスコスのかなり南にある小屋
ベンガジの南東にある小屋
すで クノッソスの左の家
テルマの北東にある小屋
やり スパルタの兵舎
アトラシアの西にある小屋
むち トランティアのかなり北西にある小屋
ゆみ ペルシアのかなり北にある小屋

特技を習得させてくれる場所の一覧。習得は1人3つまでですが、上書きが可能なので、そのときの武器の入手状況に応じて柔軟に習得させるのがいいでしょう。それほど必要に迫られる場面もないかもしれませんが。

竪琴のミニゲーム

等級料金ボタン回数
初級50DA・X10回
中級100DA・X・B15回
上級200DA・X・B・Y20回

アイテム「たてごと」を持ってアテネの劇場の楽屋にいる老人と話すと、有料で竪琴の修行ができます。
基本的には押したボタンの順序を覚えるだけの記憶力ゲーム。こちらの操作時に時間制限はないので、難しいようならメモを取りながら行えばどうにかなります。ボタンの押し間違えに注意を。

上級の称号を得ると、トロイの音楽堂で1000Dを払ってプロとの共演が可能になります。これは「R」も含めた計5ボタンの高難易度。成功しても3000Dがもらえるだけですが、自信のある方はメモなしで挑戦を。

さらに、しん・アテネの図書館予定地では、この5ボタン版でどこまで記録を伸ばせるかにチャレンジできます。このあたりになるといくらメモを取ったとしても、どれだけに正確にボタンを押せるかの勝負になってきます。

ステイアがヘラクレスになる

トロイでのヘラクレスの離脱以降、つまりステイアが3番目にいる状態でテミシオスの壁画を見ると、ステイアのグラフィックがヘラクレスに変わってしまいます。内部的にはステイアと変わりなく、オリンポスの試練や洪水のイベントを終えれば元に戻りますが、貴重な紅一点がガチムチになってしまうのは視覚的に辛いので注意してください。

タクストンで自己強化

魔法「タクストン」は使用者のステータスを仲間1人に与える、正確には「HP・MPは回復し、力・素早さ・知性はプラスする」効果ですが、自身を対象にした場合は「力のみ」が初期値ぶんプラスされるという、強力かつデメリットもない効果となります。特にボス戦で大きな効果を発揮します。
習得者はレイオンのみですが、ロゴシス周辺やポセイドンの屋敷に出没する「ヘルきこうへい」が落とす「うつしみのよろい」の道具使用でも同様の効果が得られます。

スポンサーリンク