基本情報 ‐ 幻想水滸伝

スポンサーリンク

作品概要

幻想水滸伝シリーズの初代作。
タイトルの通り、中国の四大奇書のひとつ「水滸伝」をモチーフにしており、108人という膨大な数の仲間や、梁山泊を模す本拠地の存在など、原作の要素をうまくRPGに落とし込んだ作品となっています。

1997年にはささやかな追加要素を加えてセガサターンに、2006年には次作の「2」とセットになってPSPに移植されています。続編や関連作も多数。

基本事項

  • セーブデータは7つ (1つ2ブロック)
  • セーブは宿屋かダンジョンの水晶で可能
  • アイテム所持は1人9個まで
  • 回数の減ったアイテムは売却不可
  • 所持金の最高は999999ポッチ

獲得経験値

大勢の仲間が加わるだけに、獲得経験値もそれに合わせて調整されており、早い話がレベルの低い仲間でもすぐに追いつけるようになっています。気になるキャラが加わったら気軽に入れ替えてみましょう。

にげる、にがす、おかね

弱い敵に対しては「にげる」が「にがす」に変化し、成功率が100%になります。新しい地域やダンジョンではまずレベル上げを優先し、ほとんどの敵に対して「にがす」になってから進むと快適です。「おかね」は一定額を払うかわりに必ず逃げられるというもの。敵の強さに応じて必要金額が上がります。

鍛冶屋

武器はキャラごとの固定で、鍛冶屋でレベルを上げていく方式です。鍛冶屋によってレベルの上限は異なります。最高レベルは16。

また、鍛冶屋では武器に属性系の紋章片を付与できます。最大3つまで付けることができ、数に応じて効果も上昇していると思われますが、一度付けると外すことはできないようなので、そのあたりを気にする方は注意が必要かもしれません。上書きは可能です。

その他

ほか、本拠地戦争イベント一騎打ちなどは各項目をご覧ください。

スポンサーリンク