登場人物 ‐ エストポリス伝記

主人公

マキシムの子孫。
アレキア騎士団に所属し、平和ボケした世の中においても危機感を絶やさない熱血漢。なのですが、改めて言動を追ってみると、どちらかと言えば「堅物」と取れなくもないキャタクターをしています。
パーティ―では主人公らしく攻撃も魔法もいける万能型。特に中盤までのボス戦は攻撃はアグロスに任せ、回復や補助など柔軟に立ち回ったほうがいいでしょう。専用の補助魔法も幾つかあります。

ルフィア

主人公の幼馴染の少女。
9年前に突然アレキアの街に現れ、以降はローマンに育てられます。気が強くてわがままな面もある感情豊かな娘。プリフィアの花が大好きで、ローマン直伝のシナモンティーとシナモンパイを得意とします。
パーティ―では豊富なMPと攻撃を中心に多くの種類を習得する魔法担当。特に序盤の全体攻撃は重宝します。そのかわり耐久力はパーティー最低なので、上手に守ってあげたいところです。

アグロス

ロルベニア軍の隊長。
煮え切らない軍に業を煮やして主人公の旅に加わります。魔法が使えないことから脳筋タイプかと思いきや、さすが元隊長なだけあって冷静な判断力を持ちます。
パーティ―では上述の通り魔法が使えない生粋の攻撃担当。厳しいボス戦では唯一の攻撃手となりやすいため、装備は攻撃力を最優先させたいところです。

ジュリナ

ハーフエルフの少女。
ベルゲンで幼馴染のかわりにいけにえに志願し、モンスターに連れ去られたところを一行に救出され、迷いの森の案内役として一行に加わります。実年齢は不明ですが、見た目はかなり幼い模様。
パーティ―では待望のスイングとテザーの習得者であり、また魔法反射のミラールが特に終盤のボス戦で欠かせないものとなります。専用武器の弓がグループ対象なのも特徴です。

その他

ローマン
アレキアで宿屋を経営するルフィアの育ての親。
エステア姫
アレキアのお姫様。
平和ボケした世でも危機意識を失わず、主人公の意気に賛同して100Gをくれます。
ルー
ライール教授の息子。
ライールにあまりお金を渡してもらえなかったのか、ロルベニアでスリを生業としています。
レイナ
キーロフに住む少女。
原因不明の病に侵されてしまっています。
マーク
メダンに住む少年。
そんなレイナを救うため、メダンの「願いのルビー」を強奪するなど行動力のたくましい奴。
ピロン
オーデルの城も建てたという有名な建築家。
結構な自信家であり、「誰かに見られていないと仕事が捗らない」という変な癖を持ちます。
フレイク
アルスの村の長老。
恐らく本作一番をファインプレーをする御方。
ライール
本名ライール・シャイア。天才発明家でルーの父親。
次作に登場するレクサス・シャイアの子孫で、登場時こそ主人公たちとコントのようなやりとりをするものの、なんだかんだと乗り物面で最高のサポートをしてくれます。奥さんの名前はフレデリアという模様。
クーパー
ライールの右腕。
昔はライール、ブラント、バクウの神父との4人でパーティーを組んで世界中を旅していたとのこと。
クラック
虚空島研究家。
ブラント
アルミナ採掘のプロ。
マースに挙式直前の恋人を持ちます。
ガデス
四狂神の一人。破壊担当。
アモン
四狂神の一人。混沌担当。
セリーヌ
四狂神の一人。殺戮担当。
ディオス
四狂神の一人。恐怖担当。
スポンサーリンク