ペインエリア ‐ デスエンドリクエスト2

概要

前作と同じくのエクストラ的高難易度ダンジョン。2周目以降かつ、まい、ロット、リリアナの3人が揃っている場合に限り、女子寮の右の電話ボックスから挑むことができます。実質3~7章限定です。

内容もほぼ前作と同じく全5階層に多くの固定戦闘と最高クラスの装備品を含む宝箱が待ち受けますが、今作では各階の途中にセーブポイントが設置されたかわり、途中再開はできなくなっています。脱出もセーブポイントから。戦闘はシンボルアタックと逃走が不可。ほか、少々のギミックとストーリー性も追加されています。

基本的な戦い方は、最初の行動で全員呪いバグを踏んでグリッジ化し、状態を保ちながらノックバグの攻撃を重ねる感じで。無敵バグがあったら全員踏んでおくと安心です。必要ならまいの「アパラブル・マーレ」やリリアナの「フィジライト」も織り交ぜていきましょう。あとは、レベルが100に達するとHP以外がほとんど上がらなくなるので、これまでに以上に装備にも気を払いたいところです。

第一階層

エレボ・ネスというザコ敵が3回行動で全体無敵と全体回復を使用し、かつHPが60万もありとかなり厄介です。ヴァリーオールフレッシュで無敵を剥がし、毒にするなどで対応を。途中の鍵付きバグ扉のパスは「49496」。最後の部屋でスカラβと戦闘へ。

スカラβ

HP90万。日属性。3回行動で「スカラコード」など日属性の攻撃ばかりをしてきます。図体の割にはよく吹き飛ぶのでノックバグが有効です。

第二階層

引き続きエレボ・ネスに要注意。最後の部屋でアラフールβと戦闘へ。

アラフールβ

HP100万。月属性。スカラに比べて行動回数が2回に減ったぶん、攻撃の威力が増しています。メティードで回復も行うため、壁際に追い詰めてのノックバグで一気に撃破してしまいたいところ。

第三階層

まだエレボ・ネスが出てくることがあります。最後の部屋で神獣と戦闘へ。

神獣

HP200万。日属性。3回行動でスタンを伴う「踏み潰し」や、3回連続攻撃の「ジェノサイド」などを使ってきます。必ず最初の行動で全員のグリッジ化とフィジライトなどの対策を。それさえできれば普通に押し切れると思います。

第四階層

3枚並んだ鍵付きバグ扉のパスは「53995」「39396」「46949」の順。PCは先の部屋を映すこともあるので惑わされないように。最後の部屋で虚無の影と戦闘へ。

虚無の影

HP200万。星属性。恐らく「黒い影」や「バーサーカー」と同じ存在で、ついにまともな対決となります。2回行動で「無慈悲ニ引キ裂ク」という強烈な連続攻撃のほか、全属性の物理・魔法攻撃のカウンター状態になる「オールカウンター」を使ってきます。さすがにヴァリーオールフレッシュが欲しいところ。身体は小さいのでよく吹き飛びます。アクセサリのブルーリボンを落とします。

第五階層

12番目の部屋のPCは10番目の部屋を、13番目の部屋のPCは15番目の部屋を映しています。18番目の部屋の2つのPCは19番目と20番目の部屋を映していますが、20番目の部屋には特に何もないような。鍵付きバグ扉のパスは「79993」「97641」「43469」の3つ。最後の部屋で青鬼と戦闘へ。

青鬼

HP630万。月属性。4回行動で即死級威力の「超鬼攻撃」のほか、状態異常を伴う幾つかの攻撃や広範囲の攻撃をしてきます。グリッジ状態は絶対に保ちたいところ。物防よりも魔防のほうが圧倒的に低いですが、アパラブル・マーレをかければ物理+ノックバグのスキルのほうが有効です。そこまで巨体ではないけれど壁際に囲むことも可能。アクセサリの神の髪飾りを落とします。

スポンサーリンク