登場人物 ‐ ソウル&ソード

スポンサーリンク

リック

ヴァルカノン島にやってきた冒険者。名前変更可能。
基本的に物静かで、メンバーでは唯一「無個性」とも言える常識人。しかし、ほかのメンバー全員が要らないと言っている不気味な仮面をなんとなく拾ってしまうなどのやや天然な一面もあります。

バルモア

ホルフトの暴れん坊。冒頭イベントで仲間に。
脳筋、強欲、猪突猛進といったキャラクターを地で行くムード&トラブルメイカー。本作の笑える展開の半分はこいつが担っていると言ってもいいくらいの騒がしさで大半のイベントを盛り上げます。

ルンナ

ヴァルカノン島にやってきた冒険者。冒頭イベントで仲間に。
どちらかと言えばリックと同じ常識人側ですが、おだてに弱いなどの典型的な反応でイベントに絡みます。

チャラン & ポラン

マードックに住む双子の幼女。母親に捨てられてそのまま仲間に。
2人でワンセット的な扱いですが、装備も魔法も特殊技能も髪型も口癖も違います。「○○ー!」「○○なの!」という掛け合いは語感もテンポも非常に良く、イベントに可愛らしい花を添えてくれます。

ルキマン

魔女な奥様から逃げてフェルムで暮らしていた老人。奥様の命令で仲間に。
年の功ということで冷静なまとめ役…という感じではなく、むしろリックよりもノリが良い元気な爺様。奥様には敵わないものの優秀な魔法使いであり、ときおりその実力を見ることができます。

サブ仲間

ペテロ
ドラ息子の教育で加わるドラ息子。
初期状態はステータスオール1で態度だけは大きいドラ息子ですが、EDではムキムキになっています。
ダンタール
霊魂吸収仮面で加わるマーフ族の長老。
貴重な「ミストメイル」の装備可能者でもあります。
ラーファ
湖の天使で加わる湖の天使。
薄くて軽くて美しくてスケスケな「はごろも」は彼女専用のややレアアイテム。
アントン
アリ王国で加わるアリ。
一行をアリ地獄退治に連れ込みます。「アリヘルム」と「アリサンダル」は彼専用の微レアアイテム。
マホニー
黄金の伝説で加わる3人組のリーダー格。
下衆野郎その1。
ルックマー
黄金の伝説で加わる3人組の一人。
下衆野郎その2。
ランギー
黄金の伝説で加わる3人組の一人。
下衆野郎その3。
ムーニス
ラクアルド王国で選択次第で加わる王国の王子。
すでに無駄に威張っており、将来が心配です。
マッセイ
ラクアルド王国で選択次第で加わる王国の大臣の息子。
イベント中に限るならムーニスよりもまともな性格に見えます。

その他

ビントリー
収集家の願い事の収集家その人。
ほかの物はともかく、ビスチェなんぞ何に使うのでしょう。
ヤンチャ
チャランポランの母親。
かわいい娘たちを置いて失踪します。
パンプキン
ルキマンの奥様。大魔女。
ルキマンがいればこの人の後ろ盾も得られる、というくらいの安心感があります。
シェリフ
フルスンコルの保安官。
指名手配犯のゴルテス・バジーを追っています。
キルマー
武闘大会の決勝戦相手。
勝利すると「ざいほうのちず」を託して去っていきます。
バファロ
イストラのお金持ち。ペテロの父。
ドラ息子のために自宅に修行用の塔を建てる狂人。
クリント
ジャクインの左側を治める大親分。
マーロン、カーク、バートという用心棒を従えています。
ジュリアーノ
ジャクインの右側を支配しているボス。
ディーン、ジェームズ、ジャックという3人の息子を従えています。
サムソン
チャブラのリーダー。
非情に厳しい選択を迫られる人。
キャサリン
モンゴメリー家の娘。
メインメンバーを差し置いて本作唯一の顔グラが用意されています。
スポンサーリンク