基本情報 ‐ 里見八犬伝

スポンサーリンク

作品概要

SNKから発売された里見八犬伝のRPG作品。
もちろん同名の原作が元になっていますが、当時のRPGの主流か4人までしか仲間にできないなど、正確には設定を拝借したオーソドックスなRPGといったところです。
もし、8人全員が活躍する八犬伝じゃなきゃいやだ!という場合、東映動画から発売されている「新・里見八犬伝~光と闇の戦い」のほうが願いを叶えてくれるかもしれません。叶えてくれないかもしれません。

基本事項

  • セーブデータは2つ。セーブは各地のお城にて
  • 移動中「セレクト」で取得済みの珠、年月日、日本地図を表示
  • 上記画面で「Bボタン」を押すと表示の速さを設定可能
  • 最高レベルは全員「35」まで
  • 全員すべての武器・防具を装備できるが、キャラによって性能が異なる
  • 道具の所持はキャラごと「8個」まで
  • 道具を売れるのは万屋だけ
  • 毒は2歩で1ダメージ、呪いは戦闘中行動不可 (はなす・にげるは可能)
  • 敵がこちらに気付いていなくても逃げられない場合がある

年月日

本作には年月日の概念があり、1990年の1月1日からスタートし、宿屋に泊まるごと「7日」が経過します。が、これによる影響は特に確認できず。単なるプレイ時間的なものかもしれません。

レベルアップ

レベルアップはHPとMPの上昇はルーレット方式、攻撃力・防御力・素早さは「修行値」というものを振り分ける方式になっています。ルーレットは目押しが可能な速度です。

良心

一行の良心を表す数値。通常の敵を倒すごと微増していき、下記の善玉妖怪を倒すと大きく下がります。マイナスになると「悪人」扱いとなり、村人が情報を教えてくれなくなってしまいます。一応「呪いの武具の呪いが発生しない」というメリットがありますが、イベントを進めることはできなくなります。

善玉妖怪

  • 同種2~6体で出現する
  • ほかの妖怪を伴うことはない
  • 普通に攻撃してくる
  • 倒すと良心が大きく下がる (全滅させなければセーフ)
  • 信乃で「はなす」と情報と道具をくれ、去っていく

敵の中には友好的な「善玉妖怪」が存在し、上記の特徴を持ちます。普通に攻撃してくる性質上、初見での判別は困難です。下記にまとめているほか、攻略チャートにもその都度記載しています。

  • てんじょうかざり (南の洞窟)
  • ちょうちんこぞう (豊前の村周辺)
  • みのじぞう (安芸の村周辺)
  • かなだま (土佐の村周辺)
  • ひょうとく (紀伊の村周辺)
  • りゅうのひまご (信濃の村周辺)
  • きつねのぶすま (岩代の村周辺)
  • せんりょうちょう (近江の古城周辺)
  • あやしいおとこ (陸中の村周辺)
スポンサーリンク