基本事項 ‐ 忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!!

スポンサーリンク

作品概要

アスキーから発売された忍者ものRPG。
発売こそアスキーではありますが、ディレクターにさくまあきらさん、キャラクターデザインに土居孝幸さん、音楽に関口和之さんと、早い話が「桃太郎伝説の忍者版」で大よその説明がつきそうな作品です。桃伝の経験者には見覚えのあるシステム、道具、ノリなどが多く見られることでしょう。ただ、発売が1990年なだけあって、同じファミコンの桃太郎伝説よりは、PCエンジンの桃太郎伝説2に近い内容となっています。

基本事項

  • セーブデータは3つ
  • ターボファイルがあればさらに3つ増える…らしい
  • セーブは各里や村や町の入口にいる復活地蔵にて
  • 仲間の復活もこの復活地蔵にて
  • かぜまるが力尽きると全滅扱い
  • 段=レベル、体=HP、技=MP、心=経験値
  • 段の上昇で体と技が全回復
  • 仲間が増えても獲得心(経験値)は等分されない。お得
  • 戦闘中に逃げてもそれまでに倒した敵の心とお金は手に入る
  • 道具は「?」で大よその効果がわかる
  • 道具の所持上限は初期の「8」から、パーティー人数が増えるに従って「15、22」と増加する
  • 忍び運送(預り所)は39個まで
  • 回復系の道具の大半は「たべる」で回復となる
  • 装備品は「つかう」で装備となる
  • 道具を売れるのは各里にある質屋のみ
  • 道具の売値は買値の75%
  • 術の効きやすさは段の高さも関係する
  • 一部の術にも「会心」の概念がある
  • 毒は8歩ごと5ダメージ
  • ドクロ地形、毒の沼地は1歩ごと5ダメージ
  • 全滅は所持金半分で最後に立ち寄った場所の復活地蔵へ
  • お金は99999両を越えると「いっぱい」表示になるが、正確な数値は「つよさ」で確認可能

術の成長

本作最大の特徴と言えるシステム。
師範代から会得する術の大半は、規定回数を使用することで「ハイパー」「スーパー」「ウルトラ」「ミラクル」の5段階まで成長します。成長に応じて性能の上昇や対象が拡大するのに対し、技の消費量は回復系の術のみ1段階につき1増加、それ以外の術は増加しないので、この術の成長度合いは難易度に大きく直結すると言えます。

乗り物の仕様

本作は道中で幾つかの乗り物を入手しますが、移動術の「とびきり」を使用した場合、一般RPGのようにその飛び先に移動してくれるなんてことはなく、その乗り物の初期位置に戻ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^