里見八犬伝 ‐ 攻略チャート (1)

スポンサーリンク

ひごのしろ

城主様からお話を聞いたら出発です。
すぐ近くの「ひごのむら」に入りましょう。下の2マスのみ判定があります。

ひごのむら

情報のみ。装備はとりあえずどうまきでも。
次は、南は敵が強いので北東へ進み、関所が見えたら入らずに南下して「ひゅうがのむら」へ。

ひゅうがのむら

酒屋にて話を聞くと、村の中央付近に現八が出現し、話しかけると仲間に加わります。
現八のレベルを幾つか上げたら、次は「みなみのどうくつ」へ。

みなみのどうくつ

宝箱
ざぐりのみ (B2)

ここに出現する「てんじょうさがり」は例の善玉妖怪なので攻撃しないよう注意を。こいつらがくれることがあるさびたかたなは呪いの武器ですが、売ると500両というそこそこの金額になります。

最深部にて、親鸞から「ぶんごのてら」の「心を持った扉」を開けるための「まはりく」という呪文を教えてもらえます。なお、これは入力方式ですので、呪文を知っていれば直で寺に向かうことも可能です。

ぶんごのてら

宝箱
「しんのたま」 (B2)

呪文を入力して奥へ。
B2の宝箱の手前でくびらおうとの戦闘です。

vs くびらおう

最初のボスだけあって、純粋な攻撃一辺倒タイプ。HPはそこそこあるものの、食らったぶんを「ちゆ」で回復していけば問題ないと思います。なお、本作のボスに補助魔法は効きません。

撃破し、宝箱から「しんのたま」を入手。道具ではなくフラグです。
珠の入手状況はセレクトボタンで確認できます。

次は北の関所を50両払って抜け、その先の「ぶぜんのむら」へ。
近辺に出没する「ちょうちんこぞう」は善玉妖怪です。

ぶぜんのむら

情報のみ。適当に装備の新調を。

次は西にある「びぜんのみなと」から「つしまのしろ」へ向かうのですが、最深部ではまたも「心を持った扉」があるため、まずは「つしま」の真ん中の枯れ木の1歩下を調べて「おさら」を入手し、港から南にある「びぜんのどうくつ」にてお菊さんの幽霊に渡してあげ、「てくまく」という呪文を教えてもらいましょう。まあ、これも呪文を知っていれば省略可能になってしまうのですが。

つしまのしろ

宝箱
500 両 (2F)

最深部にて「心を持った扉」を開けると、荘助の加入とともに「ぎのたま」の入手となります。

次は、「ぶぜんのむら」の北にある「ちくぜんのみなと」が利用できるようになっているので本州に渡り、東に進んで「あきのむら」へ。

あきのむら

情報のみ。充実した武具屋で装備の新調を図りましょう。

次は北の関所を抜け、北西に見える「いわみのどうくつ」へ。
近辺に出没する「みのじぞう」は善玉妖怪です。

いわみのどうくつ

宝箱
「ばしょうせん」 (B4)

B4最深部にてあんこくけんしと戦闘。

vs あんこくけんし

攻撃力はそこそこも、最大3回の連続攻撃を繰り出してきます。「ちゆ」では回復が追いつかないと思うので、「ざぐりのみ」を幾つか用意したいところです。

撃破し、奥の宝箱から「ばしょうせん」を入手します。
次は東の「いずものみなと」を越えて「あきのしろ」へ。

ちなみに付近に広がる砂漠には、りんくのくつという謎の道具が落ちています。場所は横に5つ並んだ木の一番右から東へ1歩・南へ6歩の地点。効果は不明ですが、5000両という高額で売れたりします。

あきのしろ

宝箱
まさかり (3F)

3Fの炎を「ばしょうせん」で消化すると、道節が仲間になるとともに、「ちゅうのたま」の入手となります。これでフルメンバーが揃いました。「あきのむら」に戻って道節の装備を整えたら、しばらくレベル上げに勤しむのもいいんじゃないかと思います。

次は、「あきのむら」の東の「びっちゅうのみなと」から対岸へ渡り、ぐるっと西回りで南下して「とさのむら」へ。かなり距離があるうえ、敵も強くなります。「かなだま」は善玉妖怪です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^